[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1301 小児矯正と大人の矯正の違い   和田   2009年8月28日(金) 18:36   
こんにちは。小学6年生の(12歳0ヶ月)の娘の矯正について質問です。
2日ほど前に他の矯正歯科に相談に行きました。診察していただいたところ、上下奥歯のみ乳歯で後は永久歯なので、一般矯正になるとのことでした。
先生のところでも一般矯正になりますか?
そこでの治療予定の説明は
1)八重歯の横の歯を抜歯。
2)下の歯についても生えるスペースがなく歯茎に隠れている歯を抜歯。
3)下の奥歯が内側になっているので広げる
すみません、教えてください。

No.1302 和田さまへのおこたえ   好田先生から   2009年8月28日(金) 22:02   
お待たせしました、お答えします。

12歳という年齢はともかくとして、どのような治療が必要になるのかで適用される費用がかわってまいります。
相談された医師の判断では、上下の小臼歯抜歯が必要な内容であるようですね。
そういうことになるなら、永久歯列の治療が行われなければなりません。
すなわち、成人と同じ内容の治療なので70万円前後の治療費用が必要になりそうです。
ただし、開始の時期が問題です。
相談の内容には、第二大臼歯のコントロールをどうするのか、言及されていません。
推測では、現在のところ第二大臼歯は生えてないでしょう?
いったい、まだ生えていない歯をどうするのか、尋ねてみてください。
おそらく、十分に生えないうちに治療を終えてしまうものと推測されます。
それは、あまりに良い治療とは言えません。

それではどうするのか?
もうしばらく治療の開始を先にのばしてください。
まず、乳歯が脱落するの待ちましょう。
次に、上下の第二大臼歯が完全に出てくるのを待ちましょう。
おそらく、中学3年から高校1年位になるものと思われます。
それからスタートするのがよいと考えられます。
良い治療を受けることができる条件がそろってきます。
第二大臼歯が出ていない状態で、永久歯列の治療を開始するのはマイナス面がでてまいりますのでご注意ください。

現在のお歳と必要とされる治療内容を考えてみれば、12歳で始めないといけない理由は何もありません。
むしろ、生えてから間もない永久歯は成熟過程の途中なのでカリエスになりやすくなります。
また、上記で述べたように、第二大臼歯を治さないで治療が終えられてしまうことが多く、高い費用を払いながら患者側には不利な内容となりますのでご注意ください。
良心的な矯正歯科なら、第二大臼歯の完全萌出を待たせると思います。
私ならそうします。

No.1303 ありがとうございます。   和田   2009年8月29日(土) 15:01   
早速、アドバイスいただきありがとうございます。

好田先生のおっしゃる通り、まだ第二大臼歯は生えておりません。
先日相談の際には、矯正を行う本先生ではなかったからでしょうか、第二大臼歯についての説明等はありませんでした。成長が止まってしまう前に始めた方がいいとのお話があったので、おそらく直ぐに矯正を開始するのだと思います。

今回、矯正を受診したきっかけは学校の歯科検診で<要相談>だったからです。
普段通院している一般歯科の先生にも『矯正については高校生くらいで始めてもいいと思います』と言われていたのですが、以前から娘の歯並びがきになっていたこともあり、このタイミングとなりました。
今矯正しなくても遅いと言うことはないんですね。

来週、本先生の診察及び検査がありますので、第二大臼歯について聞いてみます。
好田先生のアドバイス、心強いです。ありがとうございます。

No.1306 和田さまへのおこたえ2   好田先生から   2009年9月2日(水) 20:57    HP
まあ、そんなにあせらなくてよいと思います。