[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1272 矯正装置と保定装置   裏方   2009年5月9日(土) 19:18   
矯正装置と保定装置の機能の差は何でしょうか?

「保定装置の選択の段階において下顎前歯の一部に動揺が見られ、
 歯周病の傾向が認められたため,最も安全で確実な保定装置として
 固定式矯正装置を継続して用いることとした。」
 という説明を歯科医から受けました。

矯正装置は本来、歯を移動させるためのものです。
保定装置は本来、歯を固定させるものです。
この両者は相反する機能を持ちます。

矯正装置を使用して歯の安全な保持が期待できるのでしょうか?
矯正装置は横断面から見るとワイヤ1本を支点としていることから
ワイヤ支点の上部や下部の歯に舌や食物が当たると歯の安定保持
が難しくなる。
その結果、矯正装置を保定装置として長期に装着した場合、
早く歯が劣化、抜け易くなると考えられますがいかかでしょうか?
ご意見宜しくお願い申し上げます。

No.1273 裏方さまへのおこたえ4   好田先生から   2009年5月11日(月) 20:18    HP
お答えします。

>という説明を歯科医から受けました。

特段、おかしいという内容ではありません。
フンフンとうなずける内容です。

>矯正装置を使用して歯の安全な保持が期待できるのでしょうか?

できると思います。
3年も5年もというのは少々無理があると思いますが、
数か月なら何も問題はないと思います。

>長期に装着した場合、
>早く歯が劣化、抜け易くなると考えられますがいかかでしょうか?

仮に長期であったとしても、必ずしもそのような危険に陥ると確定される理由はないと思います。

>矯正装置は本来、歯を移動させるためのものです。
>保定装置は本来、歯を固定させるものです。
>この両者は相反する機能を持ちます。

そのお考えがあまりにも杓子定規で現実とはことなると思います。
主治医の見解で大きな問題はないようです。






No.1274 矯正装置長期使用   裏方   2009年5月12日(火) 1:00   
矯正装置と保定装置のご説明有難うございました。
私の治療の場合、矯正装置を保定装置として4,5年ではなく
自然の歯を維持するには20年以上(つまり、装置を外せない状態)
になっています。
そのような治療になる説明は事前に全くありませんでした。
(事前説明無し)
この場合、医師の管理義務も含めて、責任の所在は
どのように考えるべきでしょうか?

No.1275 裏方さまへのおこたえ5   好田先生から   2009年5月12日(火) 22:09    HP
そうなんですか?!
驚きました。

今まで数回のあなたのお尋ねを読み返しました。
あなたは裏側で矯正治療を終えたのですね。
それで、”裏方”と名付けた・・・・。
そこにピントがあったのか・・・。

それはともかく、そのままの装置が20年以上も残してある?
それはとても驚いた話です。
どのような理由で、どのような意味があるのか、一般的な方法ではないですね。
一般的は方法なら、多少説明が簡単でもいいとは思いますが、
そんなに特別な方法なら、よほど説明と同意がないとおかしいとおもいます。
それは、適用に言いつくろって放置してあるように感じました。

その間の管理はどのようになっていましたか?
6か月に1回のチエックは必要でしょう。
装置が壊れてしまうことも多いと思います。



No.1276 矯正治療長期の原因   裏方   2009年5月13日(水) 0:09   
先生の”裏方”の推理、なかなか面白いですんね。
実は、これにはもう一つ捻りがあって、裏側矯正にしていたのは
前半の数年間の矯正でした。その後、いつまでも矯正が終わらないので
前側に矯正装置を取り付けたのです。
最初の説明では全くこのような長期装着の説明はなかったのですが
自然歯を維持するには装置を装着せざるを得なくなってしましました。
参考まで写真を送ります。
お伺いしたいのですが、医師のどのような技術水準が低いと
矯正装置を長く付けざるをえなくなってしまうのでしょうか?
こうなった治療上の原因を確認したいです。
少なくとも装置の微調整がうまくない、もしくは、矯正装置
を微調整してもしっかりした強度がないため歯がしばらくすると
コンタクトポイントから外れてしまうということが起こっていた
と思いますが、治療技術の高い先生ならどのように対処するでしょうか?
尚、この医師は診断書等の提出を依頼しても診断書を作成していません。

No.1278 裏方さまへのお答え6   好田先生から   2009年5月14日(木) 19:04    HP
驚きました!

はじめに裏側で治療を初めたが途中で表側に装置を変えた、という話はよくある話です。
それはおかしくはありません。
しかし、現状の写真では下の前歯は凸凹です、治療が終わった状況ではないですね?
むしろ、これから治療始めるですか? という状況ですね。
20年間(?)のうちに、装置が何度か外れて歯がねじれてきたのでしょうか?
また、歯周病という表現が以前のご質問にありました。
歯ぐきが写真に写っていませんので、それはいかがなのでしょか?

>少なくとも装置の微調整がうまくない・・・

そんな微調節レベルではないようです。(どちらかいうと粗調節の段階かと)

>医師のどのような技術水準が低いと・・・・

ほんとうに20年間この状態のままで維持されていたのなら超ビックリで、
あきれてしまいます。
技術水準の問題ではないのではないかと感じます。
あなたはその間、通院していなかったのですか?
コンタクトのずれとか、歯の形とか言った常識的な技術レベルの話ではないように思います。

参考までに、世界でも一般的に使われているリテーナーの写真を載せておきます。
下の前歯には、裏側から細いワイヤーを歯に接着してしまう方法が一般的です。
これは世界的な矯正歯科の教科書でも明らかにされています。
場合によっては、取り外し式のものもつかわれています。

下の前歯の裏側のリテーナーでさえも、1年には2回程度のメインテナンス、
歯周病予防の歯石取りをしないといけません。
それにもかかわらず、治療に使う装置を20年間使い続けるのは一般的ではありません。
と思います。

>先生ならどのように対処するでしょうか?

申し訳ないですが、再治療ですね。
下の前歯のみですが、並べ直します。数か月です。
歯の形がテーパー(三角形)なので、歯の形を少し修正します。
コンタクト形態も修正します。
その後、裏からリテーナーをくっつけて前の装置はすべて撤去します。
一般的なオーソドックスな内容です。
やり直した方が良いと思います。


No.1277 シザーズバイト   娘   2009年5月13日(水) 16:53   
15歳女の保護者です。
先生のご説明はすごく解りやすいので質問させてください。
右上45のみシザーズバイトで他は叢生ですが正常な咬み合わせです。
かかりつけの歯科医院に相談しましたが、床矯正でシザーズバイトを
治してからワイヤーで叢生治すという説明でした。
これはこれで納得したのですが、他にも方法があるのでしょうか?
あればご説明してほしいのですが。
よろしくお願いします。

No.1279 シザーズバイトさまへのおこたえ   好田先生から   2009年5月14日(木) 21:44    HP
お答えします。

シザーズバイトとは、難しい言葉をご存じですね。
推測ですが、右下の小臼歯あたりが内側に倒れているのでしょう?
下顎の内側から床装置で倒れているのを起しすようにするのかもしれません。
また、床装置で咬合全体を挙上させないとシザーズバイトかとれないので、
その目的で使用されるのかもしれません。

いずれにしても、行う可能性のある方法です。
もし、その他の方法ということなら、
矯正用インプラント(ミニスクリュー)の使用も効果があるかもしれません。
主治医とご相談ください。

No.1281 シザーズバイト   娘   2009年5月15日(金) 6:55     Mail
先生さっそくのご説明ありがとうございました。
シザーズバイトという言葉は主治医から説明されました。
主治医は上顎に装着して引っ張ると仰っていました。
インプラント矯正は方法としては説明されていません。
先生の症例で該当するものがあれば回答番号を教えてください。
ありがとうございました。


No.1280 医師の責任の有無   裏方   2009年5月14日(木) 23:26     Mail
早速お返事いただきありがとうございます。
私は年数回2,3カ月おき程度に毎回歯科医院に通院していました。
5月9日付メールにて連絡したとおり、医師は最も安全な保定装置
としてこのような対応を取り続けていたのです。
はっきり言って、矯正装置をつけっぱなしにしたまま、それ以降
治療に工夫が見られないのです。
この結果に対して医師は責任があると思いますが
いかかでしょうか?
参考まで、医師は最終的に治療拒否を伝えてきています。
これは法律違反ではないでしょうか?

No.1282 裏方さまへのお答え7   好田先生から   2009年5月15日(金) 22:05    HP
お答えします。

>私は年数回2,3カ月おき程度に毎回歯科医院に通院していました。

ということは、ある程度の管理下にあったわけで、完全な放置ではなかったわけです。

>矯正装置をつけっぱなしにしたまま、それ以降治療に工夫が見られないのです。

そういうお気持ちは理解できます。
そのように見えます。
20年間ついたままだった、とお書きでしたがその間に何か話し合いが行われなかったのでしょうか。

>医師は責任があると思いますがいかかでしょうか?

法律的な責任はわかりませんが、同義的な責任はあると思います。
現実に、治療が終わった状態とは思えない状態ですからね。

>治療拒否を伝えてきています。

少しまずい対応のように思います。