[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1234 バンドを外した後に・・・   みち   2009年2月10日(火) 23:28   
約3年の矯正治療が終わりまして装置を外しました。

奥歯にバンドをつけておりましたが、
バンドを外してみると、虫歯?と思われる黒っぽいものが見えました。
上の歯ではよく見えませんが、下の歯は隙間からばっちり確認できます

先生に虫歯かと問うと多分違うと思う。と曖昧な返事・・・。
気になるようなら一般歯科でみてもらってと投げられてしまいました。
矯正専門医の医院でした。

バンドをつける前に掃除などをするはずですし、
隙間ができたのか、と聞くと、
目に見えるような状態ならわかるけど、
なりかけのような、あまりよくない状態だったとことに、
バンドをつけると何もできない、
歯磨きなどもできなく密閉されるので、
進行してしまうし、分らないから仕方がない。といったようなことを
言われてしまいました。

私としては、そんなことがあるのかと、少し納得のいかない回答でした。
歯が並んでもボロボロでは意味がありません。
気を遣って虫歯を作らず口腔ケアもしていたのに、
なぜこのようになってしまったのかと残念でなりません。

一般歯科にみてもらうと、
間にできているものなので、
治療するとなるとたくさん削ることになるから、
虫歯一歩手前のようなものだから、
歯磨きを怠らず保っていけば、
治療よりもそのままのほうがいいと思う。との見解でした。
よって治療はしていませんが、
治療が必要である状態です。

このように、バンドの下で虫歯ができたりすることは、
おこりえることなのでしょうか。

ご回答よろしくお願いいたします。



No.1235 みちさまへのおこたえ   好田先生から   2009年2月11日(水) 23:11    HP
お答えします。
おめでとうございます。
長らくの治療、お疲れ様でした。
でも、納得のゆかないことができて残念なことになりました。

>バンドを外してみると、虫歯?と思われる黒っぽいものが見えました。

黒いからカリエスとは限らないです。
着色しているだけのものもあります。
また、仮にカリエスであっても慢性化して進行が止まったものは黒く見えることがあります。
歯科の先生がご指摘のように、すぐに治療が必要とは限りません。
最近は、初期のカリエスや慢性化して進行が止まっているカリエスは治療しない考え方が増えてきています。
それは、唾液や食品からのフッ化物やミネラルの沈着で歯が再石灰化しているところだからです。
ブラッシングでしっかりとプラークコントロールせれていれば、歯を削らない方がいいことも多いです。
おそらくそのような判断を主治医がしたのではないかと推測いたします。
しかし、それならそうと、もう少し説明してくれてもよかったかもしれないです。
こちらは心配している訳ですからねえ。

>バンドの下で虫歯ができたりすることは、おこりえることなのでしょうか。

最近のバンド合着用のセメントは、グラスアイオノマーセメントは使用されることが多いと思います。
このセメントの特徴は、フッ素を放出するのでカリエスの抑制に働くことです。
したがって、昔よりはカリエスの発生はうんと少なくなっています。
その理由で、おそらく新規に発生したものではないと思います。
しかし、基から小さな初期のカリエスがあって、
上記の理由で削らずに様子見でいてて、バンドのセメントのフッ素の放出に期待して矯正を開始したところ、
その判断が裏目にでて、カリエスが進行してしまうこともあります。

あなたの年齢がおいくつなのかわかりませんが、
年齢での判断も重要です。
もし、10代の方なら、歯が熟成されていなくて歯が柔らかいので、
再石灰化は難しいとおもいます。進行の方が早いからです。
もし、30代以上の方なら、歯がかなり硬くなってきているので、
すぐに治療しないで、再石灰化を期待しても良いのではないかと思います。

以上お答えします。


No.1236 ソフトリテーナー   布袋   2009年2月17日(火) 15:01   
ソフトリテーナーをしているのですが、
歯全体を覆ってしまうことで唾液による自浄作用や
再石灰化などが阻害されて不衛生になりやすく、
虫歯や歯周病のリスクが高まるというようなことはないのでしょうか?
また、着色しやすいので色のついた飲み物を少し飲むだけでも、
いちいち外さなければならないというのも、
今後、長期に渡って使用することを考えると
少々使い勝手が悪いかなぁという気がするのですが…。

また、他にベッグタイプというリテーナーもあるそうですが
これは審美性には劣るかもしれませんが耐久性もありそうなので
気になっています。
こちらのベッグタイプは食事の時も外さなくてもいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

No.1237 布袋さまへのおこたえ   好田先生から   2009年2月18日(水) 22:11    HP
お答えします。

>ソフトリテーナーをしているのですが、
>歯全体を覆ってしまうことで唾液による自浄作用や・・・・

確かに自浄作用は劣るように思います。
しかし、矯正装置が付いていた頃よりは、よほどマシニなっています。
しっかりと歯ブラシができるわけですから、心配はないと思います。

ベッグタイプでもホーレータイプでもラップアラウンドタイプでも、
ソフトリテーナーでも、
取り外し式できるものは、お食事時には必ずはずしてから食べてください。
そうしないと、装置がとても汚れてにおいを発することもあります。


No.1238    みち   2009年2月22日(日) 18:06   
早々のご回答ありがとうございました。

体調を崩してしまい、ご挨拶遅くなり申し訳ございませんでした。

好田先生のように丁寧に説明してくださる人に診てもらいたかったです。

今はゴマのように黒です。
バンド装着前は目に見えるような黒いものは
私の目で確認できるようなものはありませんでした・・・。


治療中も、助手の人が装置を触ったり、
先生も笑いながら不安になるようなことを言ったり、
毎月の不信感が募っておりました。
全体の顔のバランスに納得出来ずおわったためか、
最後まで不安で、
セメントの装着が悪く、隙間が出来てたのではないのか。
見えないけれど上の歯や、下の歯も裏側まっくろ??
と、担当医師の不手際があったのではなどと、
考え込んでしまう毎日でした。
そうともいえない状況のようで安心しました。

虫歯?の部分の点も、
好田先生の見解と一般歯科医の見解が同じようですし、
分りやすい説明で、こちらも安心できました。

ありがとうございました。

私の紹介もせず申し訳ございませんでした。
もうすぐ30歳女でした。
今、出来てしまったモノは仕方のないことですものね・・・
歯を大切にしていきたいと思います。