[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1091    てるぞー   2008年8月1日(金) 15:25   
早速のご回答ありがとうございました。

@についてですが、写真ですと1〜2o程度の隙間に見えますが、実際には抜歯した分の隙間がそのまま開いているような感じです。ちなみにその後ろの5、6、7の歯を前方に動かすための処置をしていただいた感はありません。素人考えですが本来、何かで引っ張ったりするものだと思うのですがいかがでしょうか?

Aですが、奥歯が完全に噛んだ状態にすると、未だ下の歯がすっぽりと隠れてしまう状態です。これも素人考えですが、今以上に圧下が必要ではないかと思います。ただし、既に圧下を数ヶ月行い1〜2oくらいはさがったじょうたいです。また、下顎の整列方法ですが、下の歯を抜歯すると噛み合わせが浅くなるのと、抜歯をするとゴチャゴチャになってしまうと言われ、それ以上聞けませんでした。

Bですが、写真ではわかりにくいと思うのですが、下の顎が奥に引っ込んでいます。普通に噛んだ状態では、下の歯が上の歯に当たるようなことはありません。意図的に下顎を前に出すように噛むと、奥歯は全くかみ合うことはありません。当然麺類などを食べると、よく噛み切れません。

矯正は、個々の症状や歯並びの悪さの度合いによって、正しい噛み合わせや、審美的な要素を手に入れることができないのでしょうか?また、矯正医によってレベルはそれぞれかと思いますが、プロである以上最低限ココまでといったボーダーラインはあるのでしょうか?私は素人なので、今通っているところの先生に例えば「この程度までしかできません」といわれれば納得せざるを得ませんが、せっかく治すのであれば、せめて差し歯にはしたくありませんし、過蓋咬合も治していただきたいと思っています。
場合によっては、他の矯正歯科で見てもらうといった方法も取ったほうが良いのでしょうか?
また、私の歯を直接見たわけではないので判断しずらいと思いますが、歯並びによってはこの程度?のこともありうるのでしょうか?

お忙しいとは存じますが、再度ご回答よろしくお願いします。

No.1094 てるぞーさまへのお答え9   好田先生から    2008年8月2日(土) 22:11    HP
昨日の続きです。

全体的に見せていただきますと、治療は”まだまだこれから”という印象です。
下の歯列はまだ凸凹しています。
隙間は右だけですか? 左は抜歯しなかったですか?
前歯のかみ合わせはまだまだ深い状態です。
あと数ミリは上の前歯を上にあげないと上の歯列の隙間は閉じることができません。
まさか、これで終了ではないと思いますけど・・・・?

ともかく、前歯のかみ合わせはもっと浅くしないと埒があきません。

>普通に噛んだ状態では、下の歯が上の歯に当たるようなことはありません。

そのこと自体は理想とは言えないことですが、治療の途中なので仕方がないことです。
しかし、上下の前歯に空間(クリアランスと言います)があれば、上の前歯を後退させることができます。
同時に上の歯列の空隙を閉鎖できます。
あなたにとっては都合のよいわけけですね。
また、上顎の前歯を上にあげればあげるほど、さきほどのクリアランスは増えます。
したがって、上顎の抜歯スペースを閉じるためには、クリアランスを得るために上の前歯を骨にめり込ませることは必須の条件なのです。

>個々の症状や歯並びの悪さの度合いによって、正しい噛み合わせや、審美的な>要素を手に入れることができないのでしょうか?

そのようなことは難しい症例ではあると思われます。
あなたの場合はそのような難しい症例ではないので、なんとかできると思います。
また、そうならないといけないと思います。

>プロである以上最低限ココまでといったボーダーラインはあるのでしょうか?

あると思います。
これを日本矯正歯科学会の専門医審査に出せば必ず不合格になります。
認定医審査でさえも不合格になるでしょう。
地方学会の症例展示でもこのレベルでは恥ずかしくて出せないでしょうね。
ただし、これは治療が終了しているという前提での話です。
まさか、これで終了ではないでしょうから・・・。
主治医はこれから何か考えておられるのかもしれないですね。

もし、ご不満ということなら他の矯正歯科への転医も仕方がないですか?
しかし、あなたにはサードオピニオンになりますね・・・。
1回目の歯科といい2回目といい、”医者当り”が悪いですね。



No.1093 質問です。   カメ   2008年8月2日(土) 21:41   
矯正をして4年たちます。重なっていた歯並びも綺麗になりましたが、家族から、笑った時見える歯の数が多く、全体的に出ているように見えると言われ、気になり始めました。床矯正は良いと思っていましたが、亀戸矯正歯科のHPを見るうちに床矯正で良かったのかと不安になってきました。
「抜歯矯正をすれば、顎は萎縮します。残念ながら萎縮した顎は元に戻れません。」と床矯正のあるHPにあったのですが、これは本当でしょうか?
 
今は透明は入歯のようなものを寝る時だけつけているのですが(保定?)1日つけないとすぐ後戻りしてきつくなってしまいます。噛む機能が改善してないから後戻りすると聞いたのですが、いつになったら保定しなくてもすむようになるのかと不安です。

No.1095 カメさんへのおこたえ   好田先生から    2008年8月2日(土) 22:26    HP
お答えです。
床矯正ですか・・・・。亀戸矯正さんのHPを見せていただきました。
批判の内容が激烈なので驚きますが、でも真実を述べておられます。
表現が過激すぎて少し敬遠されるかもしれませんが、真実が書かれています。
それは確かです。
おそらく、よほどたくさんの再治療で困っている患者さんが行っておられるのでしょう。
亀戸矯正さんはお怒りになっているのでしょう。
2チャンネルでは、”亀”といわれて悪口が書かれていますが、
悪口を書いているのは、批判を受けた歯科医師または矯正歯科医師と思います。

床矯正は、歯列を拡大させる治療です。
同時に上顎前歯が前突してきます。
あなたもそのようになっていませんか?
残念ながら今の装置を外すとデコボコが再発してきます。
歯列拡大の治療は必ずそうなってしまいます。
抜歯の治療をすべきだったと思います。
前歯が傾斜がなくなり、咬合機能がよくなります。
口もとの審美性もよくなります。
ただし、歯列は小さくなります。


"抜歯矯正をすれば、顎は萎縮します。"

委縮? 誤った表現です。
素人の方を欺くよくない表現です。
委縮などしません。
上記で書いたように、歯列が小さくなるのです。
そのことを”委縮”と、さも悪い影響があるかのような印象を与える言葉を使っていますが、
骨粗鬆症のような骨の質的な変化とはなんら関係がありません。
全く科学的根拠のない”ウソ”ですね。



No.1096    カメ   2008年8月2日(土) 23:14   
お忙しい中お返事ありがとうございました。
このまま保定を続けたら骨?が固まってきれいな歯並びを維持できるかと思ったのですが・・・。お金をかけたのにやっぱり抜歯できちんと治療しないと本当に治ったとはいえないんですね。
抜歯治療の場合は矯正終了後、保定?しなくても綺麗な歯並びを維持できるものなのでしょうか?

床矯正してしまった後なのですが、今さら抜歯治療にうつることはできるのでしょうか?
今21歳なのですが、年齢的に今から始めると何年ぐらい矯正に時間がかかるのでしょうか?亀戸矯正歯科には確か2年ぐらいで終わるということだったのですが。
装置(透明な入歯のような)をはずすと3ヶ月ぐらいで元に戻ると聞いたのですが、再治療となると、戻った状態でまた再治療ということになるんですよね?
質問ばかりですいませんが回答お願いします。

No.1097 カメさんへのおこたえ2   好田先生から    2008年8月3日(日) 11:14    HP
お答えします。

>やっぱり抜歯できちんと治療しないと本当に治ったとはいえないんですね。

あなたの場合はそういうケースのように思われます。
しかし、

>抜歯治療の場合は矯正終了後、保定?しなくても綺麗な歯並びを
>維持できるものなのでしょうか?

それは違いますよ。
保定は必ず必要です。
ただし、抜歯をして機能を向上させて、しっかりと咬合させれば、
歯列は安定しやすいです。
歯列を拡大させる治療よりはよほど結果は安定します。
しかし、保定が必要ないとは言えないです。

>今さら抜歯治療にうつることはできるのでしょうか?
>今21歳なのですが、

なんら問題なく再治療可能です。
年齢も何も問題ありません。
最近では50歳、60歳の方でも矯正を開始される方がでてまいりました。
抜歯の治療は2−3年と長い目にお考えいただいた方がよいでしょう。

再治療となると、現状がどのような状態でもなんら問題はありません。
今の装置を入れてあっても、入れてなくてもたいしたことではありません。

>お金をかけたのに・・・・

これは誠に申し訳ないことでしたが、
床装置のコストを教えてあげましょう。あの装置は一つ1−1.5万円で外注できます。
従って、私の考えでは”床矯正”の費用は、せいぜい5万円程度で高くても
10万円までが良心的価格と考えています。
治療の内容、術者の労働力、得られる結果、そしてその他の装置で得られる効果の比較等を考慮した場合の話です。
驚きましたか?






No.1098    カメ   2008年8月3日(日) 19:27   
度々の質問、すいません。
「抜歯をする矯正治療は小さな顎に合わせる目的で歯周長と一致させようとします。成人の場合は顎の成長が完了していますが、成長が途中の子どもの場合は歯を抜くことで顎の発育が抑制されます。歯が並ばないという理由で上下4本の歯を抜くことは親不知(おやしらず)を除いて本来28本の歯が並ぶ口のスペースを24本のスペースにすることです。舌は狭くなった口のスペースで従来どおりの機能をすることになります。舌はのどにある舌骨(ぜっこつ)を通して下顎の骨、胸の骨、頭の骨に関連していますから、舌の運動機能の阻害は様々なからだの機能に影響を与えます。」  
この記事に書かれてあることは本当のことなのでしょうか?
要は、舌の機能の範囲の問題だということなのでしょうか?

抜歯矯正をして、ワイヤーで歯を移動すれば移動した歯に伴って歯槽骨は縮小すると聞きましたが、縮小したらやはり歯のためによくないんでしょうか?

No.1099 カメさんへのおこたえ3   好田先生から    2008年8月5日(火) 23:21    HP
お答えします。

>成長が途中の子どもの場合は歯を抜くことで顎の発育が抑制されます

そのとおりです。
したがって、10代前半までで乳歯や永久歯を抜歯することは行うべきではありません。
せいぜい、高校生くらいで抜歯するのが抜歯をせざるを得ない場合には良いと思います。

>本来28本の歯が並ぶ口のスペースを24本のスペースにすることです。

それは間違いと思います。
本来28本ではなく、本来24分のスペースがない所にあわせて24本に4本減らすということです。

>舌は狭くなった口のスペースで従来どおりの機能をすることになります。
>舌の運動機能の阻害は・・・・

それでは、”歯列が狭くなれば舌の運動機能が低下した”、そういう学術的な研究報告を出していただきたいです。
そのような報告はここ100年で行われていません。

>様々なからだの機能に影響を与えます。

だから、どんな機能なんでしょうか?
歩くことですか? 視力ですか? 握力が下がりますか?
”様々な・・・”という限り、どのような機能にどのような影響を与えているのか証明しないといけないですね!
その証拠を科学的に明らかにして、初めてEBMと言えますね。
(EBMはエビデンス(証拠)に基づいた医療、という意味です。)
あなたのお調べの内容は、全くEBMからかけ離れた医療なのです。
すなわち、なんら医学的証拠に基づかない医療で、どちらかいうと”宗教”にちかくなります。

それでは、私からの質問です。
歯列を広げる治療をしたとします。舌は広くなった口のスペースでどのように機能することになるのでしょうか?
舌の運動機能に何らかの影響があることは間違いありません。
彼らは、このときは”運動機能の阻害”とは言わないのでしょうか?
”歯列の拡大で舌の機能が影響されて、様々なからだの機能に影響を与えます。”
あなたはこの文言をどのようにお考えになりますか?

先に”自分たちが歯列を広げたい”という思惑があって、
その方向で自分たちに都合がよいように 説明をつけているだけだと思いませんか?
歯列が狭くなっていけないのなら、広くなってもいけないことがあると考えるのが公平な考えと思いませんか?
そういうことを言っていると、どのような矯正治療も成り立たないことになります。
実際は舌の影響はそのようなことはありません。
たいしたことないのです。

歯列が広がっても狭くなっても、舌は筋肉でできていますので
少々のことはどのようにでも順応できるのです。
そのようなことは経験で知られています。
したがって、歯列を狭くした場合にのみ、あしざまに言うのは
全く公平な考え方ではありません。
(もちろん、歯列拡大派は、まず拡大ありき、ですので公平な意見とは言えないです。)
EBMからもかけはなれていますね。

>縮小したらやはり歯のためによくないんでしょうか?

縮小した方が良い時も多いですね。
むしろその方がほとんどではないでしょうか?
前歯の機能的にもすぐれたデーターが得られることも多くなります。
(歯列拡大では前歯の機能が悪くなります)
審美的にも良いと思います。
(歯列拡大では審美性が悪くなります。)

ただし、これは一般論です。
あなたが矯正治療を始めるにあたって、あなたが歯列拡大治療をお受けになりたければ、
別に私は反対をしません。
あなたの選択の自由があるからです。
お好きな説、考え方(または宗教)をお取りになればよろしいのです。
すべて自己責任で。



 



No.1100    てるぞー   2008年8月12日(火) 7:18   
好田先生いつもありがとうございます。
今は治療の折り返し地点くらいなので、転院すべきか通うべきか判断が難しいところです。そこで、また質問がありますのでご回答願います。

@上顎は右側4番目のみ抜歯して治療してますが、左側も抜歯したほうが良いのでしょうか?今の先生は、左側も抜歯してしまうと歯列がメチャメチャになるといわれました。むしろ右側も抜歯しないほうが良かった(抜歯したのは1件目の歯科医)といっていました。

A上顎右4番目の隙間が、差し歯対応になるといわれたのですが、通常、567番を前に動かすものなんですよね?また、動かないことのどあるのでしょうか?以前聞いたときは「あなたの場合は動かないので、差し歯になります。」とはっきり言われました。そのようなことはあるのでしょうか?

B下顎は抜歯したほうが良いのでしょうか?下顎を抜歯すると咬み合わせが浅くなるので、過蓋咬合の症状には適さないということでしょうか?

C矯正医のレベルの問題で、治せるものも治せないといった場合は、当然転移しなければなりません。このような場合、治療費などは返還されるものなのでしょうか?

お忙しいところ度々すみません。よろしくお願いします。




No.1102 てるぞーさまへのお答え10   好田先生から   2008年8月14日(木) 20:55    HP
お待たせしました。
お答えします。

話がややこしくなってきました。
十分にお話の全貌をつかんでいるとは思っていないので、意見を言うのに躊躇してしまいます。

@右上の抜歯は前の主治医の抜歯でしたか・・・・。
今の主治医は自分が抜歯したのではないので、”何とかしないといけない”という責任感というかモチュベーションが低いようです。
問題はそこにありそうに思えます。

A抜歯空隙が2−3mmのように感じましたので、このままで差し歯にすると歯が小さいので審美的ではないように感じます。
どうして、それ以外の方法でなんとかしようと努力がなされないのか、疑問に感じます。
奥歯を前に来るように努力するのもその方法の一つです。
今の主治医に転医されたときに、そのあたりの話し合いはどうなったのでしょうか?
つまり、治療の見通しですね、診断または治療方針ということになるでしょうか・・・。
その説明と同意はどのようになっていたのか?

B下の抜歯をあれこれいうのは、ネット上の相談だけでは判断できないです。
下顎に叢生(でこぼこ)があるようなので、抜歯しないで歯を配列すると歯列は少し拡大されて、下の前歯が前にでてきます。
すると、上顎の前歯も今より前に出ないといけません。
そうすると、上の隙間は今以上に閉じるのが難しくなります。
解決方法は、上の前歯をさらに上にあげて、かみ合わせを浅くしないといけません。
今の主治医はそのことは承知しておいでになるようです。
そのための手は打ってあるように写真で拝察されます。
しかし、結果は十分でないようです。
もう少し努力をすべきではないかと感じるわけです。

C治療費返還は判断しにくい問題です。
最初から、”これは十分にできます”ということだったのか、それとも
”難しい状況なので、十分に結果が出せないかもしれませんがどうしますか?”
という一歩引いた話だったのか、話は全然ちがうでしょう?
後者であれば返金を請求するのは難しいのではないですか?






No.1101 初めまして。   あー仔   2008年8月14日(木) 16:04   
好田先生、初めましてあー仔といいます。
わたしは、13才の中学1年生なのですが
前歯のことで相談に来ました。
わたしは、小さい頃に鉄棒で顔面から下に落ち、大怪我を負いました。

顔に、傷跡はないのですが・・・前歯が欠けました。
図で説明すると、このようなカンジなのです。

□□ ←が前歯だとします。すると、右側の →□の部分が
欠けているんです。□の左下が欠けています。
なので、両方の前歯の形が違っているんです。
これって、削って形をそろえることはできますかね?

意味不明な長文すいません。

No.1103 あー仔 さまへのおこたえ   好田先生から   2008年8月15日(金) 21:21    HP
お答えします。
今の若いお方らしい表現方法のように感じました。

歯の欠けた部分が大きければ、その部分に補充する素材を足さないといけないかもしれません。
歯の欠けた部分が少なければ、歯の残った部分を少し削って長さを平均化して目立たなくすることはできるでしょう。
もう少し丁寧にするなら、問題の歯を矯正で少し延ばして長くしてから、
歯の長い部分を削ればより目立たなくなる可能性があります。


No.1104    てるぞー   2008年8月17日(日) 7:18   
好田先生、色々ありがとうございました。
いずれにしても、今は折り返し地点なので、主治医とよく相談して判断したいと思います。本当にお世話になりました。多分、この先も相談にのっていただくことがあると思いますので、そのときはよろしくお願いします。

No.1106 ミニスクリュー   あこ   2008年8月17日(日) 15:08   
ミニスクリューについて色々と相談させていただきたいのですが
以前、上顎と下顎でつけるときの出血の量や痛みが異なると聞いたのですが本当なのですか?
またつけるときに一度歯茎を切って骨が見える状態にしてから
入れると言うのを聞いたのですが、先生のホームページでは
そのまま麻酔をして入れるだけだとあるので少し戸惑っています。
どちらのやり方もあるのでしょうか?それとも私が聞いた話は間違っているのでしょうか;
あと、つけたときのしゃべり難さや違和感がどの位するのか詳しく教えていただきたいです。

No.1108 あこ さまへのおこたえ   好田先生から   2008年8月19日(火) 22:12    HP
お答えします。
矯正用のインプラント、ミニスクリューまたはTADの関するご質問ですね。

>上顎と下顎でつけるときの出血の量や痛みが異なると聞いたのですが本当なのですか?

出血ですか、そのなものごくごく微量で鼻血ほどでもないですよ。
あまりに少ないので部位には関係がないです。
また、痛みもほとんどないので部位に関係なんかないですね。

>一度歯茎を切って骨が見える状態にしてから入れると言うのを聞いたのですが

そうやりかたもあります。
私はそのような切開の必要な方法はつかっていません。
やり方は色々ですので、細かな点では少しづつ変わると思います。
あなたがお聞きになったやりかたも誤りとは限らないです。

>つけたときのしゃべり難さや違和感がどの位するのか
>詳しく教えていただきたいです

問題は皆無と思われます。
矯正装置に比較すると、圧倒的に小さいので問題にならないようです。
ともかく、ご心配がすぎるように思います。
これはたいしたものではありません。


No.1109 抜歯について   ちひろ   2008年8月27日(水) 0:03   
矯正を考え、矯正歯科2件に行って話を聞いてきましたが、抜歯と治療方法についてどうすればよいか分からず悩んでいます。この掲示板を見つけ、先生の親身なご回答に惹かれご相談しました。

歯並びで気になる所は、上下前歯の4本ずつです。
上の前歯2本が左側に傾いており、左上の前歯の後ろ側に2番目の歯が生えています。(完全に裏側に入ってしまっています。これを一番直したいのです)
下側は、内側と外側に少しでこぼこがあります。

奥歯の噛み合わせは良いので、前歯だけ矯正できないかと思い聞いてみたのですが、2件とも、顎の大きさに対して歯が大きいので、抜歯をして全体を矯正するしかないと言われました。

また、下記のように言われました。

1件目:左側上下4番目の歯2本を抜く。右側は抜歯せず、左側に傾いている前歯の向きを真っ直ぐにする。前歯の中心線は少しだけ左側になるが、歯の向きを真っ直ぐにすることで見た目は良くなる。中心線にこだわるのであれば、右側も抜歯するが、抜歯しなくても十分可能な範囲。

2件目:4番目の歯4本を抜く。開いたスペースで歯を並べ、さらに開いている分は前側の歯を後ろに下げて調整する。右側を抜かず左に傾いている前歯をまっすぐにすること、右側の歯を並べることは、スペースがないので出来ない。

2件目で、話を聞いていた時に、前歯は骨があるから反対側には動かない(つまり、右側の歯が左側に移動することはない)という話が出てきたのですが、本当でしょうか?
左側だけ抜歯することで、開いた空間に向かって右の歯が全体的に左側に動いてしまうということはないのでしょうか。
もし、右側の歯が左側に行かないということであれば、私としては1件目の方法で、左側2本だけの抜歯にしたいと思っているのですが、右側も抜いた方がよいのでしょうか?



No.1110 ちひろさまへのおこたえ   好田先生から    2008年8月27日(水) 21:31    HP
お答えします。
まず、写真からご覧ください。
例をあげて説明します。

このケースは、上の前歯が体の中心線をこえて左側(向かって右側)に偏位しています。
このような場合には、前歯2本を右側(向かって左側)に移動させないといけません。
したがって、上顎右側(向かって左側)に空隙を確保するために抜歯をしないと仕方がありません。
お尋ねの中に、偏位している側すなわちこのケースにあてはめれば、
左側(向かって右側)抜歯することを提案があるそうですが、全く荒唐無稽の内容ですね。
左右とも抜歯するかどうかは別として、あえて一本抜歯をするとすると、
この場合には右側(向かって左側)すなわち偏位と逆の側の抜歯を選択することになります。
ごく常識的で専門家でなくてもわかる内容と思います。

>左側だけ抜歯することで、開いた空間に向かって右の歯が全体的に左側に動
>いてしまうということはないのでしょうか。

あなたの御心配のとおりです。
全くそのとおりです。
あなたは常識的な判断のできる方のようです。
矯正の治療はそのように常識的で論理的な判断に基づいています。
2件目の提案が常識的と思います。
しかし・・・・・

>前歯は骨があるから反対側には動かない(つまり、右側の歯が左側に移動することはない)
>という話が出てきたのですが、本当でしょうか?

嘘ですね!!

写真をご覧ください。
前歯2本は反対側に動いてしまっているではないですか!
何もしないでも勝手にこのように不正咬合が出来上がるということは、治療で元に戻すこともできるということです。

まあ、ともかくよくお考えくださいね。
写真を添付していただくと、もう少しはっきりと判断できます。




No.1112 歯周病と矯正   ななななな   2008年8月29日(金) 19:12   
こんにちは。
31歳女子です。
叢生で、歯列矯正をはじめて4か月がたちます。
上の歯が並んできたとのことで下の歯の装置を開始したいそうなのですが、一番奥歯の歯周ポケットが8mmと、ここだけ異常に深くて(他はぎりぎりOK)装置をつけられないとのこと。
治療と並行してしばらく様子見とのことなのです。

一生懸命歯磨きはしているのですが、たとえばこのままポケットが深いままの場合、どうなってしまうのでしょうか・・・・。
通っている先生からは4mmにならないとつけてはいけないといわれました。

No.1114 ななななな さまへのおこたえ   好田先生から   2008年8月29日(金) 22:45    HP
お待たせしました。

歯周病をお持ちなのですね。
8mmのポケットですか・・・・
それはかなり深いですね。
急には浅くはならないでしょうね。
よほど注意してかからないといけないですね。

歯周病がひどい場合には、歯を失うことも覚悟しておかないといけないです。
急に良くなる性格のものではありませんので、先生の注意をよく聞いて
無理のない治療計画ですすめないといけないですね。


No.1116 抜歯について   ぞの   2008年8月30日(土) 2:47   
矯正を始めて一年が過ぎたところです。
はじめは非抜歯で7ミリ分ほど削るという方向で治療をしてもらってたのですが、どうも最近口元の突出感が気になってきまして…やっぱり抜歯したほうがいいのかなと思うようになってきました。今からでも抜歯して口元を下げるというのは可能なのでしょうか?その場合、装置をつけている期間ははじめに言われてたよりも長く時間がかかったりするのでしょうか?
主治医に聞けばいいことなのですが、次の通院日までまだ少しあるのでこちらで質問させていただこうと思いました。よろしくお願いします。

No.1118 ぞのさまへのおこたえ   好田先生から   2008年8月31日(日) 22:11    HP
お待たせしました、お答えします。

非抜歯治療ですか・・・・。
その治療方法には限界があることを最初に説明されていたのでしょうか?
いくら削るといっても、歯には限界があります。
7mmは大きい数字ですね、水にしみたりすることはありませんか?

非抜歯治療は、歯列が拡大されるので横方向だけでなく、
前方向にも歯が傾斜してしまい審美的に問題が生じることが多いです。
その場合には、上下4本の抜歯を追加しないと仕方がないと思います。

治療期間ですが、すでにここまで時間がかかっていると思いますが、
今から抜歯をしてスペースを閉鎖するわけですから、
1年は必要になると思います。
どうしても今の状態に不満が残るなら、はやく方向転換したほうがいいです。
でないと、ズルズル迷っていても仕方がないです。
決断すればはやく行動した方がいいですね。

No.1113 Eラインについて悩んでます      高校生   2008年8月29日(金) 22:38   
はじめまして。
私は歯科矯正を始めて1年近く経とうとしています。

最初に抜歯を上下4本して、乱ぐいはきれいになってきました。
しかし、主治医にまだ横から見ると出っ歯ぎみで、きれいなEラインにするにはあと上の2本を抜歯する必要があると言われました。
親知らずが上手く生えてきたので、左右5番目を抜歯して前歯をひっこめ、その親知らずを矯正に参加させる案がでました。
出っ歯(Eライン)が気にならないなら、このままでも噛み合わせは上手くいくから抜歯をしなくても良いと言われたのですが、合計歯を6本も抜いてしまうことになるので、今抜歯をするべきか悩んでいます。

このくらいの出っ歯だったら、抜くか抜かないか先生はどうしますか?
教えてください。

No.1115 高校生 さまへのおこたえ   好田先生から    2008年8月29日(金) 22:53    HP
お答えします。

今までの治療で一定の改善がみられるようです。
唇の開き方が自然で美しい形になっているように感じます。

しかし、お口を閉じたときの横からの様子は、まだ歯がでていることを
示す証拠です。
もう少しなんとかできるならなんとかしたいものです。

あと2本の抜歯の追加をしても親知らずを使用できるなら、それは評価のできる内容です。
追加の2本は小臼歯なのですか?
大臼歯の抜歯の方が良いように思います。

No.1117    カメ   2008年8月31日(日) 20:10   
お久しぶりです。いつもお返事ありがとうございます。
床矯正に疑問を感じていたので、今日矯正専門医の歯科に行き診ていただきました。やはり前歯が出ていて無理があると言われました。
今後の治療として、上の4番目の歯を2つを抜くか、上下4番目を抜く治療になると言われ、上だけなら場合によっては5番目を抜くかもしれないと言われました。
上の歯だけ2つ抜いたら上下の噛み合わせに影響が出ないのか?と思うのですが、特に影響はないと言われました。
上の歯だけ2つ抜くことはあるのでしょうか?
噛み合わせには問題ないのでしょうか?
また、今の広げた歯列のままで歯を抜いて治療を始めても大丈夫と言われたのですが、床矯正する前の歯並びに戻るまで待ってから治療を始めなくても大丈夫なのでしょうか?
主治医の話を素直に受け止めなければいけないと思うのですが、1度目の床矯正で失敗?しているので、今回も不安になってしまいます。

お返事お願いします。

No.1119 カメさんへのおこたえ4   好田先生から   2008年8月31日(日) 22:20    HP
お答えします。

そうでしたか、遠方まで相談にゆかれたのですね。
今度こそご満足のゆく治療結果になりますように。

さて、上の前歯をへっ込めるには下の前歯がへっ込んでないと、上はへこみません。
それがために上下4本抜歯の提案となります。
今、上のみ2本抜歯の話が出ているそうですが、
それも解決方法のひとつです。
うまく選べばそれもセオリーどおりの治り方の一つになります。
御心配は無用でございます。

ただし、先にも述べましたように、
上をよりへ込めるには、下の前歯の位置が問題になりますので、
より一層審美的な改善をご希望の場合には、
上下4本抜歯をお選びになった方がいいです。
上のみ2本抜歯は、審美的改善に劣ることがあります。
ご注意ください。

なお、治療開始の時期ですが、
今すぐで何も問題はございません。
元にもどることを確認する必要は何もございません。

ともかく、抜歯の本数と治療結果の関係、特に審美性の改善の大きさの差を
よく説明してもらってからご判断くださいね。

No.1120 お返事ありがとうございました。   あー仔   2008年8月31日(日) 22:56   
好田先生、お答えありがとうございます。

わたしも、まだ中学生でしてお金が掛けられないのですが
歯を伸ばす矯正とは、おいくら掛かるのでしょうか?

歯が欠けた部分は、後日 画像を貼らせていただきますね。

それでは、明日は学校なので。。

No.1122 あー仔 さまへのおこたえ2   好田先生から    2008年9月1日(月) 20:24    HP
おこたえします。

MTMの費用は以下のとおりです。
検査料5.5万円
MTM料32万円(はたは37万円)
再診料3,500円

中学生の方には大きな金額ですね。
ご両親とよくご相談ください。