[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1040 8歳男の子の矯正についての追加です。   ともやまま   2008年5月14日(水) 12:09   
申し訳ございません。抜けて歯茎が青くなった歯と、抜歯した乳歯は上の2番目ではなく3番目の歯です。
あと、奥歯のかみ合わせがずれているとも言われました。
上の奥歯のとがったところと、下の溝があっていないとのことでこちらもあわせての矯正ということでした。
何度も申し訳ございませんが、宜しくお願いいたします。

No.1039 8歳の男の子の矯正について   ともやまま   2008年5月14日(水) 0:11   
8歳の男の子の矯正についてお伺いします。上の左2番目の乳歯が抜けたときに歯茎が青くなっていたのが気になり近くの歯医者で診てもらったところ特に問題ないですといわれましたが、その後右2番の乳歯がなかなか抜けないのでレントゲンをとりましたら根が深く自然にはぬけないとのことなので乳歯を抜歯しました。しかし抜歯から半年以上しても生えてこないのでレントゲンをとりましたら3番目の歯が上の方に写っていたのですが、左は影が2番目と重なっていました。そして上の歯4本はすべて間が開いていて自然に寄って詰まってくるとのことでしたが、上の左右2番が下の永久歯の2番目とぶつかっていて自然には寄ってこないとのことで矯正を薦められました。
ちなみに下の永久歯4本は凸凹だったのですが、両脇の乳歯を削り自然にそろうようにして、現在はほぼきれいに揃っています。
上の歯は3番目が生える前にスペースを作った方が良いとのことで、今月中には
検査に行き、夏休みには矯正をスタートさせるのが良いといわれました。
期間は半年から一年で、金額は30万前後とのことです。
通っている歯医者に矯正医が月1度来て見てくれているのですが、初回の検査は
矯正医の病院まで行って検査をして、その後は何かあった場合は通常の歯医者が診てくれるとのことです。
通いの矯正医なので何かあった場合が不安なのと、早急に矯正をしたほうが良いのか悩んでおります。
回答宜しくお願いいたします。

No.1041 ともやまま さまへのおこたえ   好田先生から    2008年5月15日(木) 15:18    HP
お答えします。

お書きの内容から判断しますと、歯列にはスペースが不足しており
永久歯がデコボコに並びそうに判断されました。
小児治療の考え方は以下の2つがあります。

その1
現在は全く何もしない。
永久歯列が完成するまで待ちます。第二大臼歯が萌出までなので15歳くらいになることもあります。
その状態で判断します。
今の状況からなら、永久歯を4本抜歯する治療になる可能性があります。
しかし、治療期間は2年あまりで期間は短く、治療後の歯列や咬合の状態や審美性にも優れています。装置はすべての永久歯に小さな四角形の装置を貼り付けて、ワイヤーを用いて治療します。
抜歯の可能性を受け入れないといけないのですが、ご本人のご負担の期間はうんと短く、
ご本人が何のために治療するのかという目的意識が芽生えてからの治療になりまあすので、
良い治療結果が出やすいです。

その2
今すぐに始めてゆく。
あなたの場合には、凸凹になりそうなので、
歯列を拡大する治療が行われます。
取り外し式の装置を用いて歯列を横方向に拡大してゆきます。
永久歯は少しつづ生えてくるので治療は12歳くらいまで続きます。
12歳くらいになって、永久歯の犬歯が出てきたときに、
歯列にうまく入り込んで、八重歯状態でなければそれでよいわけです。
永久歯を抜歯しないでなんとか歯を並べることができたわけです。

ところが、この治療には欠点もあります。
拡大には限界があります。いくらでも拡大が耐えれるわけではありません。
うまくいったとして、12歳くらいにはいったんはデコボコなしになりますが、
上下の前歯は突出して並ぶのが普通です。
それを我慢しないとなりません。
また、歯列の拡大は数年後には後戻りしてきますので、
デコボコが再発してくることもあります。
また、拡大量が足らなくてデコボコが残ることもあります。
このようなことがありまして、
小児で歯列の拡大治療を受けても、
引き続き、15歳くらいから永久歯を抜歯する治療を受けないといけない方も出てまいります。
大体三分の二くらいはそのようになると思います。

さて、それではどちらがよいでしょうか?
小児の矯正は”かけ”をするという面がありますね。
成功すれば安上がり、失敗すれば治療期間はうんと延びてしまいますね。
費用も100万円にちかくなると思われます。
最初から、そんな賭けのようなことはしたくない、とおっしゃるなら、
抜歯のことはあきらめてその1のお考えをおとりになればよろしいかと存じます。
抜歯は何がなんでもだめなので、少しの可能性にも掛けたい、とおしゃるなら、
いますぐにチャネンジされればよろしいかと存じます。
これは御母上様のご判断になるでしょう。

それから、小児矯正の30万円程度のものは金額は普通のものと思われます。
その後、永久歯列の治療が必要な場合にはいくらを追加すればよいのかを
先にお尋ねになった方がよいでしょう。
検査を別のところまでいかないといけないのなら、それは条件としては良いとは言えませんので、
最初から、矯正専門医院を選ぶべきではないかと思います。
通いに先生でなくて、いつでも先生がいてくれている医療機関を選ぶべきでしょう。


No.1042 非抜歯   35才主婦   2008年5月28日(水) 18:08   
近くの矯正、インプラント、審美歯科兼のところに相談に行きました。
下の歯が内側に寄って生えているため、前の歯ががたがたになっています。
外側に広げる装置でとりあえず抜歯はせずに様子をみると言われましたが、
そこの歯科に今まだお任せしようかどうか迷っています。
先生が認定医ではなく、インプラントの方が専門のようだからです。
矯正を始めるに前に歯の事を勉強しようかと『抜かずに治す「矯正歯科」』岸本雅吉の本を読みました。好田先生のところではMEAWという装置を使った矯正を行っていますか。後この本で小臼歯の大事さをしつこいぐらい書いてあります。
先生のお考えはどうですか。

No.1043 35才主婦 さまへのおこたえ   好田先生から    2008年5月29日(木) 10:27    HP
お答えします。

>先生のお考えはどうですか。

まず、ご納得のゆくところで治療をお受けください。
でないと後から困ったことにもなります。
この掲示板の890番のご相談を御覧ください。
あなたとよく似た治療内容で、よく似た条件の医療機関で、どのような結果に至ったのか?
私があらためて書かないでも、真実が語っていると思います。
あなたも失敗にならないようにお気を付けください。

>MEAWという装置を使った矯正を行っていますか

いいえ、採用していません。
それほどのものではありません。
他のもので、もっとシンプルなものでも同様のことが可能だからです。
MEAWはワイヤーが複雑なので、患者さんにはきつい面がありますから。

>『抜かずに治す「矯正歯科」』

その意見はまったく不同意です。
歯を抜く、抜かない、だけの議論なら、抜かない方がよいに決まっています。
しかし、日本人はもとから歯が出ていて、歯がデコボコになっている人が多いです。
これは、短頭径といって顔の奥行きが浅くて頬骨が横に張っているのが民族的特徴であるからです。
そのような民族に”非抜歯”治療は無理があります。
無理無理に歯を並べるので治療は簡単ですが(先生にとっては都合がよい)、
前歯は今以上に出てしまいます(患者さんにとって都合が悪い)。
その事実をどのようにお考えになるのでしょうか?
また、”非抜歯”治療は、前歯だけでなく、奥歯も横方向に広がってしまいます。
骨のない方向に歯を動かすことになりますので、矯正治療後に歯周病がひどくなる危険をはらんでいます。
そのような理由で、”非抜歯”目的の治療は賛成をしておりません。

矯正をお考えになるきっかけはなんだったでしょうか?
原点に戻ってくださいね。
美しくおなりになりたい、そのお気持があったのではないでしょうか?
デコボコの多い方は、抜歯をしないと美しくはならないですね。
せっかく高額の費用をお出しになるわけですので、お口元も美しくなる
治療をお受けいただきたいです。
”非抜歯”では、再度の矯正治療を受けないといけなくなるかもしれないですよ。


No.1044    35才主婦   2008年5月29日(木) 17:34   
お返事ありがとうございます。
その歯科はここらへんは有名で今まで2400人も矯正を行ってきたとHPに載っていて、大丈夫かなと思い、相談に行きました。先生は10人以上いるようです。矯正を始める前に歯石を取りに別の一般歯科に行き、そこの評判を聞いてみると「市の歯科医師会」に入っていないし、矯正歯科専門じゃないけど大丈夫かなと言われました。不安になって、先生宛に「今までどれくらいの方の治療を行ってきましたか」とメールを送りました。が、なかなか返事が来ないので、電話無料相談の方に聞くと「いちいち何人かなんて数えたことがない」と言われました。
好田先生はどれくらいの方を治療されたか分かりますか。
毎日始めるか不安で子供をほったらかしにしてパソコンで検索ばかりしていると好田先生のHPに出会いました。
先生に今度相談に行く予定です。そこの歯科をやめて好田先生にお願いしようと思っています。
もう1つ質問です。
抜歯の治療は仕方がないと思っていますが、この読んだ本には
「前歯が、がたがたになってしまうのは、奥歯が斜め下に押し出される。斜め前に押し出されるから、おしくらまんじゅうのような状態で前歯が押し出される。だから、その奥歯をまっすぐ立てれば歯の前方にスペースが出来、あるべき位置に並べられる。」と書いてありました。素人の私は単純に納得し、奥歯を起こしてもらえばいいんだ、じゃ抜かなくてもいいんじゃないのかなぁ。と思いましたが、やはり違いますか。



No.1045 35才主婦 さまへのおこたえ2   好田先生から    2008年5月29日(木) 19:48    HP
お答えします。

>好田先生はどれくらいの方を治療されたか分かりますか。

それをきっちりと数えたことはないですね。
今思えば、少しでもかかわった人のリストを残しておけばよかったと
残念に思うこともあります。
はじめから終りまで受け持った総数で1500-2200人くらいではないかと思います。
(その場面場面のみを受け持った数を入れるともっと多くなるでしょう。)
私の経験年数は23年です。
私は卒業後から専門医として教育を受けてきましたが、年間100人を超えることはなかったです。

>やはり違いますか。

奥歯が前に向いて傾斜している例があることは事実でございます。
しかし、その歯をまっすぐにする。
つまり奥に向かって傾斜させる(まっすぐに立てる)ことで得られるスペースはごくわずかです。
そのわずかなスペースを言い立てて、すべてをそれで解決できるというのはあまりにも乱暴と思います。
もともと、凸凹の量が僅かな人には可能な方法と思います。
しかし、物事には限界というものがあります。
限界を超えた場合は、抜歯をしないと仕方がないのではないですか?

>そこの歯科をやめて好田先生にお願いしようと思っています。

これはありがとうございます。
しかし、それを書かれてしまいますと、こちらもこれ以上真実を述べられなくなります。
この掲示板は公開されていますので、”他の先生の悪口を言って自分の利益誘導に使っている”と見ている方に思われるのは心外ですからねえ。
そういうことで、あとは相談にお越しになってからお話しましょう。