[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1033 受け口について   やすろう   2008年4月29日(火) 22:44   
はじめまして。21歳の男です。
受け口で、矯正を考えています。
中学生ぐらいから下顎が伸びはじめ、現在(写真)のようになっています。
下顎はかなり前に突出しています。また、下唇もかなり分厚いです。
最近は、発音がすごくやり辛く感じてきました。
自分の顔にかなりコンプレックスをもって外出するのも嫌になってきました。

・私の歯列、顎はどのような状態でしょうか?
・どのような治療が考えられ、治療期間はどれぐらいになるでしょうか?(自分でも、骨格性が強い受け口だと思うので手術が必要かと思っています。)
・治療しない場合、この先も受け口が悪化する可能性はありますか?

分かりにくいかもしれませんが、よろしくお願いします。

No.1036 やすろう さまへのおこたえ   好田先生から    2008年4月30日(水) 23:00    HP
お待たせしました。お答えします。
写真の準備に手間取りました。

あなたによく似たケースではないでしょうか?
受け口の骨格で、下あごと下唇が前に出ています。
お口のなかもよく似ていませんか?
上下前歯のかみ合わせが深いですね。
このケースは、手術をしないで矯正のみで治しています。
横顔の変化がおわかりになりますでしょうか?
下の変な図は、この方の治療計画をシュミレーションして図式化したしたものです。
上下前歯のかみ合わせの深いことを考慮して、下あごを後下方へ回転移動させるように治しました。
この治し方では、手術は必要がありませんが、お顔の下の部分が少し長くなる治り方です。
顔全体のバランスとみて、おおきな支障がなければこのタイプの治療をおすすめします。

あなたの場合は、見た目はかなりの受け口に見えますが、
必ずしも手術を併用しないといけないことはなく、むしろ手術しない方が
うまくゆくこともあります。

もちろん、手術をご希望になるならその方法も良いです。
仮にいまのままで放置されても成人で成長がとまっていますので、その点では問題はありません。
しかし、なにぶんといちばん気にしておられる部分でしょうから、
何らかの治療をお考えにならないといけないと思います。

さらに、もう一度写真を撮影していらだきたいことがあります。
上下の前歯が最初に接触する部分、つまり歯の先と先があたると思いますがいかがでしょうか?
その時は奥歯は全くかまないで1cmくらいあいているはずです。
そのときの、前歯の写真と、お顔の写真を撮影してお送りください。
もう少し精度の高いお答えができます。




No.1031 美しさと健康の相関関係   チッポ   2008年4月26日(土) 23:31   
矯正治療を考えていて色々と調べているうちに疑問が沸き起こってきました。
歯列矯正関係の本を読むとその多くは、顔を横からみた際に
鼻先と顎先を結んだEラインに唇が納まっているのが美しいとされているようですが、
たとえば元々、鼻が低めだったり顎や頤が後退もしくは小さかったりして
相対的に口元や唇が突出しているようにみえる人でも、
歯列矯正をする際には、唇をEラインに治めるために抜歯や外科的な処置をして
口元を後退させるもの、させなければならないもの、なのでしょうか?
(極端な話、黒人の多くは顎も大きく口元も突出している方が殆どという印象ですが
白人のような口元を得るには、やはり抜歯や外科矯正でもしなければ
口元は下がりませんよね)
このような場合、仮に以前よりも外見的に美しくみえるようになったとしても
健康面から問題は起こらないものなのでしょうか?
例えば、噛み合わせや顎関節の不具合、歯列弓が狭くなって舌の置き場がなくなり
息苦しくなる等といった、健康と噛み合わせの因果関係については
歯列矯正の先生方にとって全く念頭にないものなのでしょうか?
無理な非抜歯矯正により、審美面で問題が起こるかたもいるようですが
実際に、抜歯矯正をして体調を崩された方の報告も
ネット上にはいくつかあるので心配です。
先生の豊富な治療経験や知識からくる雑感でも構わないので
忌憚のない率直なご意見をお聞かせ願えたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

No.1032 チッポ様へのおこたえ   好田先生から    2008年4月27日(日) 22:08    HP
お答えします。
抜歯の問題をいろいろとお調べのようですね。

>口元を後退させるもの、させなければならないもの、なのでしょうか?

いいえ、そんなことはありませんよ。
治療方針の最終決定権はあなたにあります。
抜歯、非抜歯の両方の治し方の利点欠点を聞いた上で、ご判断されればよろしいことです。
抜歯をすると決めても、抜歯部位を変えることで前歯の入り方は異なってまいります。
あなたが決めるのです。

>健康面から問題は起こらないものなのでしょうか?

何でもやりすぎはいけません。
抜歯で内側に入れすぎるのもいけませんし、非抜歯で歯列を広げすぎるのにも
問題はありますよ。
どちらの判断もやりすぎてはいけないです。
それから、上手な先生がすれば問題は生じなくても、下手な先生がすれば問題が生じることもあります。
抜歯をした時の問題点を御心配のようですが、うまい先生ならそんなことはほとんどないと思います。

>抜歯矯正をして体調を崩された方の報告も・・・・
>健康と噛み合わせの因果関係については
>全く念頭にないものなのでしょうか?

まさか、そんなことはないと思いますよ。
私のところでは、その種の苦情はこの24年間一度もありません。
おそらく、そのあたりの心配りができていたものと推測されます。
単に抜歯、非抜歯という外見的なことよりも、主治医の診断力や技術力のほうが原因になるからと思います。
同じ抜歯の治療を受けたとしても、私の治療と他の医師の治療には差があるということです。
非抜歯でも同じだと思います。

ちょと、思い上がりすぎですか? うぬぼれすぎですか?
ずばり、ウデと経験と頭の問題です。
だから、矯正歯科選びがたいへんなのですね。
患者さんは真贋の見極めが大変だとおもいます。

忌憚のない率直な意見を、とのことでしたので思うままを書かせていただきました。










No.1028 歯列矯正の抜歯に関して   miko   2008年4月16日(水) 21:43   
初めまして。歯列矯正をしようと決めたときから、このサイトの掲示板を
読んで参考にさせて頂いていました。
どうしても相談させて頂きたい事があるので、どうぞよろしくお願い致します。

昨日、私が歯列矯正をする歯医者さんから今後の治療計画の説明を
聞かせて頂いたのですが、その内容が、上の犬歯(八重歯)2本を抜き、
下の歯は犬歯の隣の小臼歯左右2本を抜いて動かしていくと言う内容でした。上下合わせて合計4本の抜歯です。

抜歯をする事に抵抗はないのですが、犬歯を抜く事がどうしても気になります。
犬歯はとても丈夫で根が深い歯で、これを安易に抜いてしまうと顔が変わって
しまうと聞いたことがあります。

矯正治療で犬歯を抜く事はほとんど無いと聞きましたが、どうなのでしょうか?また、私の歯並びでは、犬歯を抜くほか方法はないのでしょうか?

私としては犬歯ではなく小臼歯を上下4本抜いて、そのスペースに八重歯を入れる治療法が出来ればなぁと思っています。

お忙しいところ、申し訳ありませんがご回答お願い致します。

No.1030 mikoさまへのおこたえ   好田先生から    2008年4月17日(木) 20:22    HP
お答えします。
写真をお送りいただいたのでとてもよくわかります。

上顎の左右の犬歯は大きなカリエス等の問題は全くないように思いますが、
いかがでしょうか?
この犬歯に何か特別のマイナスの要素があったのでしょうか?
もし、そのような特別な説明がないのであれば、犬歯を抜歯する判断はどうかと思います。

>矯正治療で犬歯を抜く事はほとんど無いと聞きましたが・・・・・

はいそのとおりです。
犬歯は重要な機能を果たしますので、それにかわる歯はありません。
これで犬歯を抜く理由は何もありません。
私があなたの主治医なら第一小臼歯を抜歯させていただきます。
これが常識です。

犬歯を抜歯すると治療はとても簡単になります。
あなたが治療期間を短くしてほしい、と特にお願いしておられるならその方法も考えられない手ではありません。

>小臼歯を上下4本抜いて、そのスペースに八重歯を入れる治療法

それがオーソドックスな当り前の治療です。
ちょっと、首をかしげる内容です。
別のところでセカンドオピニオンのご相談になるべきではないでしょうか?
それをおすすめします。



No.1027    さく   2008年4月15日(火) 23:17   
ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。

やはり矯正専門の先生方は同じ意見なのですね。
最初にかかった先生は、先生のご推察通り矯正専門医ではありません。
口腔外科を専攻されていた先生のようで、「自分は矯正専門ではないので完璧な矯正治療を求めるなら専門の先生にかかるべき」ともおっしゃってました。

好田先生から
>治療期間を長くしないためにも、今は何もしないでお待ちになるのもよい選択と考えます。
とアドバイスいただきましたし、本人も今のところ矯正に対してそう積極的ではありませんので、高校生になるまで様子を見てみることにします。

No.1029 さく さまへのおこたえ2   好田先生から   2008年4月17日(木) 20:12    HP
お答えします。

良いご判断をされたと思います。
ゆっくりとお心の準備をされることができます。
よかったと思います。


No.1024 質問なのですが   なつみ   2008年4月15日(火) 19:09   
はじめまして
私は今ワイヤー矯正を始めています
しかし期間が2〜3年はかかるといわれて
コルチコトミーという矯正法を採用したいと考えています
しかし私が通っている歯科では外科手術はやっていません
他の病院で矯正器具は取らずに手術だけやっていただきたいのですが
それは無理なのでしょうか
お答え頂けると嬉しいです
お願いします

No.1026 なつみ さまへのおこたえ   好田先生から    2008年4月15日(火) 22:39    HP
お答えします。

コルチコトミーですか・・・・。
あまりお薦めしたくないですね。
外科処置ですからねえ。

当院ではもちいていませんので、他院でご相談をいただかないといけません。
他院でコルチコトミーのみを引き受けてくれるところを見つけるのが難しいのではないでしょうか?
次に、運よく見つかったとして今の主治医は歓迎するでしょうか?
主治医のプライドを汚すことになりますよ。
そのことはあなたのプラスになりますか?

私だったら、やめてほしいと、というと思います。
別の理由があります。
歯ぐきの退縮等の弊害が生じたときに、どちらの先生の責任になりますでしょうか?
せっかく手術をしても早くならなかったら、どちらの先生の責任になるでしょうか?
あまり、よいやり方とは思えなないですね。
最初から、コルチコトミー併用を謳っているところで始めるべきでした。
どうしても、ということなら今の治療を打ち切って、転医されればよいと思います。
それがいちばんすっきりとしたやり方です。

旧掲示板にコルチコトミーの解説をしています。
0403です。御覧ください。



No.1023 どちらの方針がよいのでしょうか?   さく   2008年4月15日(火) 0:39   
はじめまして。12歳の娘の矯正のことで相談させてください。

娘の上の前歯が2本やや前に出た感じで若干斜めになっているのと、最近左に八重歯が生えてきたのが気になり、かかりつけの歯科で相談しました。
そちらの先生はレントゲンと歯型を取り、以下のような矯正方法を診断をされました。

・奥歯の噛み合わせが前後わずかにずれている。
・永久歯はほぼ生えそろっているためブラケットで矯正となる。すべての歯が永久歯に生え変わって噛み合うまで続ける。
・仕上げ矯正として必要ならばアクアシステムを使用。
・リテイナーは固定式の方がよいだろう。(OpenBiteなので歯並びが乱れやすいため)

その後、矯正専門にしている歯科の先生にも相談してみました。

・奥歯の噛み合わせが前後わずかにずれている。
・乳歯が残っているためブラケット矯正は行わない。まず、奥歯を矯正装置を使用して位置をずらす治療をする。
・永久歯が生えそろってからブラケットで矯正を行う。
・矯正装置に何を使うかなどは精密検査後に決定するが、ヘッドギアか口の中につける装置になる。

とのことでした。
どちらの先生も今のところ抜歯の必要はなさそうだと仰ってました。
後者の先生は、永久歯が生えてからもう一度レントゲンで見てからの判断になりますとのことでしたが。
やはり、矯正の認定医の先生がおっしゃるように、ブラケット矯正は永久歯が生えそろってからの方がよいのでしょうか?
もう1件ぐらい相談してみたいのですが、家から娘一人でも通いやすい範囲にある矯正専門医が他にないのです。
よろしくお願いします。

No.1025 さく さまへのおこたえ   好田先生から    2008年4月15日(火) 22:19    HP
お答えします。

それでは、サードオピニオンを申し上げます。
私の意見はセカンドの矯正専門医とほぼ同じ意見です。
もう少し詳しく言いますと(ここがここ回答中いちばん肝心な部分です)、

 ◎永久歯列の完全な完成をまつこと! 

すなわち、第二大臼歯の”完全な萌出”を待つことです。
この歯は12歳臼歯といって、12歳ごろにでてくることになっています。
しかし、個人差が大きくて、15−16歳にそろう人もいます。
”完全な萌出”というのは、歯が見え始めてから2年位しないとだめです。
出たばかりの歯は、やわらかカくてカリエスになりやすいのでしばらくまちます。
そうすると、だいたい15−16歳くらいになってしまいます。
それから抜歯を含めた本格矯正(ブラケットの矯正)を開始するのが一番です。
現時点では第二大臼歯はほとんど見えないのではないでしょうか?
第二大臼歯を使わない治療は手抜きでよくない治療です。
絶対にしてはならない選択です。
それに、小臼歯あたりは歯が出たばかりでしょう?
歯根の形成ができていません。
そのような時の歯には、矯正の力をかけては歯根の形成が止まってしまうことがあります。
これはしてはならないことで、矯正の基本常識です。
どうやら、1番目の意見は、専門医ではないようですね。
基本的知識に欠けています。 危険です! きわめて危険です!
open biteなんでしょう?
難治症例にもかかわらず、素人歯科医師が手を出す内容ではありません。
それもアクアシステム・・・。
そんなもので治るはずはありません。

それまでの4年間は何をするのか?
何もしなくてもよいし、セカンドの先生のように何かしてもかまいません。
しかし、”八重歯”とはっきりとお書きになっていますので、
抜歯を必要とする治療であるに違いありませんので、今何かしてもそう変わらないと思います。
治療期間を長くしないためにも、今は何もしないでお待ちになるのもよい選択と考えます。

ともかく、慎重にお考えください。
お嬢様がお1人で通うとなれば、もう少しお待ちになってから、
高校生くらいにおなりになれば、もっと広い範囲からお探しになれると思います。
”今始めないと治らない”そのようなことはありません。
成人になってからでも十分に治療はできます。
その方が期間も短く費用も安くなりますよ。
もうしばらくお待ちになるのが良いと思います。
くれぐれも、騙されてはならないです。