[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.1180 リテーナーの矯正力とバンドの隙間について   キッチュ   2008年12月12日(金) 2:47   
某矯正歯科にて歯列矯正の動的期間が終わりリテーナーに移行したのですが
若干、後戻りしているせいか、いくつか気になる箇所がでてきました。
もうブラケットをつけなおしてやり直すなんてことはしてくれないと思うのですが
リテーナーだけでも、少しの微調整はできるものなのでしょうか?
できるとすれば、どのような事であれば可能なのでしょうか?
私の場合、出っ歯を治したので、また唇側に前歯が傾いてきたり捻じれてきた場合に
リテーナーだけで修正できればなぁなどと考えているのですが…。
ちなみに今使っているのはソフトリテーナーというものです。

また、大臼歯にバンドをつけていたとこが多少隙間が空いているのですが
これは自然に閉鎖されるものなのでしょうか?

お忙しいところ色々質問してすみません。よろしくお願いいたします。

No.1181 キッチュ さまへのおこたえ   好田先生から   2008年12月13日(土) 23:23    HP
お答えします。

せっかくの治療が残念な部分がでてきて申し訳ないことです。
リテーナーはいろいろな形のものがあります。
”ソフトリテーナー”というのは柔らかい素材をさしてのことなので、
なんとなく想像がつきますが、私は使用していません。
私の使用しているホーレイ型リテーナーは、前歯の修正が少しは可能です。
また、ソフトなタイプのものでも、模型を作りなおして、
模型上で歯を任意の位置まで動かして、その模型に合わせたソフトリテーナーによって、多少は歯を移動させることはできると思います。
インビザラインやアクアシステムと呼ばれるのはそういった治し方をしています。

バンドのスペースですか?
耳が痛いですね。
好田矯正歯科では、装置の撤去の数週間前にあらかじめバンドのみ撤去してバンドスペースをなくしてから、すべての装置を撤去することにしています。
そうすれば、バンドスペースは生じないことになっています。
ところが、そのように注意深く行っても運悪くスペースがでてくることがあります。
ほんとうに残念ですが、上下の歯の咬合等の理由によって、歯がより安定な位置に自然に向かうので予想がつかない部分です。
そのスペースは、自然になくなったり、再び開いたりといろいろに変化します。
まるで、海の中を漂うような感じすらすることがあり、予想が難しいです。




No.1212 歯が割れた   イチゴ   2008年12月15日(月) 17:40   
先日、ある矯正歯科での動的処置が終わりブラケットを外したのですが、
よくよく歯をチェックしてみると、どうもブラを外した時の衝撃で
歯に縦のヒビが入っているのが分かりました。
それも一つだけではなく何箇所も…。
特別痛いと言う事はないのですが、このような歯のヒビ割れは
放っておくしかないのでしょうか?
一般歯科でなんらかの処置をしてもらえるのでしょうか?
また、このようなことは良くある事なのでしょうか?
もし、ブラを外した時の衝撃が原因だとしたら
矯正医側に責任を問えるのでしょうか?

色々聞いてすみません、よろしくお願いいたします。

No.1215 イチゴさまへのおこたえ   好田先生から   2008年12月15日(月) 18:32    HP
お答えします。

>歯に縦のヒビが入っているのが分かりました。

それは正常構造物です。
そのようなヒビは誰もに見られるもので、経年的に増加してゆきます。
治療すべきものではなく、そのまま放置で何の問題もございません。
従って、矯正歯科医の責任は問えません。
ただし、矯正歯科医師には説明責任があるとは思います。

当院では、治療開始時にその種誤解が生じないように、説明の文書を交付しています。

No.1213 差し歯の替え時   イチゴ   2008年12月15日(月) 17:58   
都内の矯正歯科で治療が終わりリテーナーになったのですが、
差し歯を交換するにあたって、どのようなタイミングで
交換するのが望ましいのでしょうか?

しばらく、歯列が安定してから交換した方がいいのか、
それともすぐに交換した方がいいのか、
また、差し歯を交換すれば、リテーナーも微妙に合わなくなってしまうので、
すぐに新しいリテーナーを作ってもらわなければ
後戻りしてしまう可能性もありますよね?
その辺のタイミングもどうすればいいのか分かりません。
リテーナーをつけずに、どのくらい空けていても問題ないものでしょうか?

それと、差し歯は交換した方がいいとは言われていたのですが
特に今使っている差し歯に違和感が無い場合、
別に交換しなくてもいいという選択もありなのでしょうか?
自分の歯なんだから、どうぞご勝手にと言われれば、その通りなのですが
参考までによきアドバイスをお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

No.1216 イチゴさまへのおこたえ2   好田先生から   2008年12月15日(月) 18:39    HP
引き続きお答えします。
私のところは、半年くらい期間をあけてからしていただきます。
リテーナーの調整もあることですから、差し歯への交換は主治医の先生とよく相談してからしてください。

>別に交換しなくてもいいという選択もありなのでしょうか?

費用もかかることなので、今のままでよいとお思いになるならそれでもいいと思います。
ただし、下の歯との関係はどうなのでしょうか?
見た目で我慢できても機能の問題がありますので、どうぞご勝手にとは言いにくいですね。



No.1217    mami   2008年12月21日(日) 6:42   
現在歯列矯正中の者です。
歯の動きに伴いでこぼこが徐々に改善されていくと
少しずつ一番奥の歯のあるワイヤーが頬や歯肉に
突き刺さってきますよね。 
そのせいで口内が炎症を起こしてしまったみたいで
左の頬がエラが張っている人の様に腫れてしまっています。

来週、クリニックの予約日なので担当の先生に
話して改善してもらおうと思ってるのですが、これは
よくある事なのでしょうか?
今までにも同じような経験があるのですが、
頬まで腫れたのは初めてなので、少し不安になっています。

また、うがいをすると口内炎が治ると聞いたので
先ほどイソジンでうがいをしたのですが、一般に市販
されているうがい薬を矯正中の人がしても問題はないでしょうか?
(例えばうがい薬によって矯正装置が溶けてしまう等)

お忙しいところ申し訳ありませんが回答頂けると助かります。

No.1218 mami様へのおこたえ   好田先生から   2008年12月21日(日) 16:41    HP
お答えします。

奥歯のほうにワイヤーが伸びてくるのはご指摘のとおりです。
これはよくあることです。
歯の移動が速ければはやいほど、そのようになります。
だから、いいことが起こっている、とお考えください。

>よくある事なのでしょうか?

あまりありません。
粘膜に傷がついて感染が起こっているようです。
お薬を飲む程ではないとおもいます。
原因の取り除けば自然に治癒するでしょう。

当面、家ですることとして、イソジンのうがいは良いと思います。
装置に影響はありませんが、装置の周囲や歯ブラシのしにくい場所が茶色く
着色することがあります。
もし、届くのなら、指先に原液をつけて患部に直接塗りつけるようにしてもいいです。

痛くて御困りとは存じますが、ご予約までもう少しですのでご辛抱いただきますように、お願い申しあげます。

No.1219 歯を削ることについて   まっちゃん   2008年12月31日(水) 22:25   
矯正を考えています。
非抜歯で歯を削って隙間を作る方法だと、
歯が縦長になって変になる、と言われたのですが、
@見た目が変になることが多いのでしょうか?
A横方向もちょっと削って揃えることはできるものでしょうか?
B虫歯になりやすくなったり、凍みたりしないのでしょうか?

お忙しいところ突然質問しましてすみません。
可能であればご回答よろしくお願いいたします。

No.1220 まっちやん へのおこたえ   好   2009年1月2日(金) 10:16    HP
お答えします。

矯正の治療の中には、歯を削らないとしかたのないことがあります。
しかし、

>歯が縦長になって変になる、と言われたのですが、

確かにそういうことがあります。
もともと細長い歯の場合には、歯を削る治療計画を入れるのを躊躇することもあります。
これは、現在の状況がどうかということと、どの程度削るのかが問題となります。
削って細長くなるので、全体を短く削ってバランスをとろうと考えたことはないですね。
あまり行われないように思います。
虫歯になあるかどうかの御心配ですが、やりすぎるとそうなると思います。
エナメル質の範囲で削って研磨してフッソを塗布すればカリエスにはならないですが、
削りすぎて象牙質が露出すると水にしみるしカリエスになりやすくなると思います。

よほど削らないといけないという条件なら、抜歯をした方が理があると思います。
おそらく、あなたの主治医はそういう意味でおっしゃっておりものと思われます。