[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.971 保険証について   nana   2008年1月7日(月) 7:42   
こんにちは。お忙しいところ、申し訳ありませんm(__)m
私は家庭の事情から、保険証を持っていません。
子供の頃から、歯並びが悪く社会人になってからいつか
歯列矯正しようと考えていて、今やっとそのお金が貯まり、
近々大学病院で歯列矯正をする予定なのですが、
保険証が無いと、歯列矯正の治療費は保険証がある場合より高くなりますか?

歯列矯正は保険が利かないと聞いていたので、保険証が
無くても問題ないと思うのですが、一応気になったので
質問させて頂きました。

また、私の場合八重歯があり、その八重歯が入るスペースが無いため、
抜歯をして治療を受けると予想しているのですが、「抜歯に関しては保険診療」とか、「月々の調整は自費」など保険と自費を併用しながら
治療するのですか?

それとも矯正に必要な抜歯の料金も、全て保険は利かず自費ですか?

本当にお忙しいところ申し訳ありませんが、
ご回答よろしくお願いします。

No.972 nanaさまへのおこたえ   好田先生から    2008年1月7日(月) 15:00    HP
お答えします。

お金の細かなことのお尋ねですので、治療をお受けになるところにお聞気になってください。
大学病院にはそれなりに基本的な考え方があると思いますよ。
どのような立場をとっているのか、こちらにはそのことはわかりかねます。


No.966 ご相談   かん   2008年1月4日(金) 16:04   
はじめまして。
現在37歳になりますが、矯正を考えております。

開口が気になって、19歳の時に市内の矯正歯科に意を決して訪れましたが
「現状でも日常生活できてるなら、高額な費用を使ってまで矯正する必要はない。」と言われ、どうしてもというなら、保険適応の外科手術を勧められました。アゴの骨を切ると言われ、怖くてそれきり矯正を諦めてきました。

しかし、前歯で噛み切れないのはもちろん、笑うことにも抵抗があり
写真も取れず、精神的にとても苦痛なので、今一度、考えております。

現在、左奥の上下虫歯を抜いた後、そのままになっており義歯(ブリッジ?)を入れる必要があります。
相談は、すべての歯科治療が終わってから伺う方が良いのでしょうか?
また、左奥の上下数本を抜歯していても矯正は可能ですか?
宜しくお願い致します。


No.970 かんさまへのおこたえ。   好田先生から   2008年1月5日(土) 21:25    HP
お待たせしました。
お答えします。

開咬は後戻りの程度が高いことから、難治性のケースとされています。
相談時の矯正歯科でも、その認識からあなたを扱うのをいやがったものと思われます。

開咬合の治し方は以下の二つです。
@上下の前歯があいているので、上下前歯を延ばして上下の歯を咬ませる。
この治し方は、歯を抜く方向への異動なので、移動量に限界があります。

A上下の奥歯をめり込ませる。すると前歯が噛んできます。
ちょうどハサミでものを切る操作を思い浮かべてみてください。

@Aいずれも手術を併用することもあるし、矯正のみで行うこともあります。
これは開咬の状態に応じて治し方がかわってきます。

最近の新しい方法で、TADといって矯正歯科用の小型インプラントがあります。
この出現で奥歯をめり込ます治療が比較的簡単にできるようになってきています。
以前は手術で行ってきたことが、矯正のみでできるようになる範囲が増えてきています。

奥歯の歯がないことは一定の考慮をしないといけません。
まず先に矯正歯科にて相談をお受けになったのち、そのアドバイスで歯科を
受診すべきです。
先に歯科へゆくと同時に治療が開始になって、矯正を始める場合の障害になることもあります。


No.968    ヨナ   2008年1月5日(土) 1:20   
早々の、希望あるお返事ありがとうございます。
もう少しネットで調べたり病院探しなどしてみたいと思います。
そちらの病院に見て頂くことがあるかもしれません。よろしくお願いします。

No.969    好田先生から    2008年1月5日(土) 21:13    HP
そのときはよろしく。

No.965 40代の矯正   ヨナ   2008年1月4日(金) 13:04   
はじめまして。
私は上の前歯の片方がいがんで生えていたのを治すため、上の歯2本を抜いて矯正をはじめたのは28才の時でした。
それで4年くらいかかって最初はキレイに並んでいたのですが、年月がたつうちに前歯に隙間が出てきたり、下唇をいつも噛んでいる状態で歯型がついています。唇もうまく閉じられません。そして最近、40代半ばですが、かみあわせも、違和感を感じることがあります。
私の通っていた歯医者は、もう矯正歯科の方はやめたらしいです。場所も他県にあり、遠くなりました。
他の歯医者を探して、40代でも治療は可能でしょうか。どんな治療があるでしょうか。
お忙しいところ恐れ入りますが、よろしくお願い致します。

No.967 ヨナさまへのおこたえ   好田先生から    2008年1月4日(金) 23:07    HP
お答えします。

せっかくの治療が残念な結果になってしまいました。
この次の治療では失敗をしないために、なぜ今の結果になったのかを
考えないといけません。
同じ結果になっては意味がないので、以前の治療とは異なったアプローチが必要と思います。
本来は下の2本も抜歯をしないといけなかったかもしれませんね。
現在の状況をよくみてから慎重な判断が必要と思われます。

40歳代での矯正治療は十分可能です。
なんら問題はなく、20代のかたと同じ結果を出すことも可能です。
次回の治療は、是非とも治療レベルの高い矯正歯科専門医院にいっていただきたいです。