[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.879    うらら   2007年9月30日(日) 10:32   

本当にご丁寧な回答ありがとうございました。わかりやすい写真まで添付して頂き先生のお人柄と矯正に対する熱意を感じました。隙間は作らない方法があったのですね。。要は主治医の手抜きなんだと痛感しました。先生の所へ行けばよかった!!と今更ながら思います。。。

No.880 うららさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年9月30日(日) 22:02    HP
お答えします。

こちらの求心力がたらなかったようですね。
重ね重ね申し訳ないことでした。

No.877    うらら   2007年9月28日(金) 18:30   
矯正を終えた者ですが、抜歯後の隙間が上の歯の左右とも埋まらないままです。抜歯した奥の歯は左右共銀のかぶせを歯に巻いてその上からワイヤーをつけました。それ分の隙間があくものでしょうか??一番太い隙間を掃除す
る歯ブラシ(円状の)もスポスポするほど隙間があります。40歳ですが、主治医には年齢が高いので成人矯正の場合どうしても隙間ができるのはしょうがないとの回答でした。しかし、ここまで隙間があくとは思ってなかったので矯正してよかったのか・・?という感じです。先生ならこの年代の方の矯正でも隙間はないんじゃないかとHPを見て感じました。やはりこういう隙間は先生方の「腕」に関わるのでしょうか。それともどうしても隙間が埋まらないケースもあるのでしょうか?またこの隙間はもう閉じないのですか?教えて頂きたいです。

No.878 うららさまへのおこたえ   好田先生から   2007年9月28日(金) 21:55    HP
おこたえします。

せっかくの矯正が残念なことになりました。
抜歯部分の隙間は、閉じたものが保定中に開いてしまうアクシデントがおこることもあります。
これは年齢とはあまり関係ないようにおもいます。
しっかりと、治療を行えば年齢に関係なくそのような隙間は生じないことが普通です。

奥歯の隙間の装置(バンドといいます)の撤去後の隙間ですが、
注意を払ってそれなりの手順を踏めば隙間は、完全に閉じることができます。

写真中央を見てください。
第一大臼歯にバンドがついています。
このまま治療を終えれば、第一大臼歯の前後に確実にバンドスペースが生じます。 まずいやりかたです。
しかも第二大臼歯に装置がついていません。

写真右を見てください。
歯列のむかって右側は第一大臼歯のみにバンド、第二大臼歯に直接接着で装置がついています。 
これだと、バンドを2週間先に撤去して第二大臼歯を使って第一大臼歯のバンドスペースを閉じることができます。
このように当然の注意を払えば、ご指摘の問題を避けることができます。
歯列のむかって左側は、第一第二大臼歯にバンドがついています。
まず、第一大臼歯のバンドを2週間先に撤去して、第二大臼歯を使って第一大臼歯のバンドスペースを閉じます。
2週後に、第二大臼歯のバンドを撤去してスレッドというゴム紐で第二大臼歯のバンドスペースを閉じます。
さらに、2週後にすべての装置を撤去します。
これで、バンドスペースの残らない歯列が完成します。

こんなことは、腕の良しあしや知識の問題ではなくて、仕事への熱意のみの問題です。
少しあなたの立場でものを考えてくれる主治医だったら、問題は避けれたでしょう。
すべて年齢のせいにするのは不適切で、40歳の患者さんは高齢の方ではありません。
もう一度矯正をすれば隙間は閉じますが、なかなか再度治療は難しいでしょう。

お気の毒でした。。
まことに同業者の不甲斐無い話で、矯正にご希望をお持ちでしたのに申し訳なく思います。
重々お詫び申し上げます。

No.875 最悪の歯医者   私の怒りを聞いて下さい。   2007年9月25日(火) 0:30   
東京都足立区の足立と中央本町に荻原歯科という歯医者があります。
親子です。この歯科は最悪です。

中央本町にある荻原歯科は、患者の虫歯がひどい状態になっているにも関らず、
少しだけ削っては、治療を長引かせます。

しかも、最終的には虫歯に侵されている部分が全て削り切れてない
にも関らず、治療を終了されました。

当然、歯痛は収まらず、他の歯医者で診てもらう破目になりました。
私の大切な時間とお金を返して欲しいです。

足立区足立の方で息子が経営している荻原歯科も最悪です。
まだ痛くなかったのですが、早期治療が大切ということで小さく黒っぽく
なっている虫歯を治しに行ったんです。

一日で終了すると思っていました。しかし治療は何週間にも及びました。
そして最終的には、歯茎より上の部分の歯という歯を全て削り取られ、
金の被せ物をされました。

人様の大切な時間とお金を頂戴しておきながら、親は虫歯を治さない、
子は虫歯は治るが病んでいない部分も削り取ります。

私がまだ子供の頃の経験で、すでに20数年が経過しておりますが、
思い返す度にはらわたが煮えくり返ります。

No.876    好田先生から   2007年9月25日(火) 22:12    HP
ご質問ではないので回答はいたしませんが、
これは矯正歯科に関する掲示板なので、一般歯科治療に関する問題は
その種の掲示板または関連の歯科医師会等でお話しになるべきでしょう。

いたずらではなく、真剣なお気持で書かれていることはよくわかりますので、
むげに削除はしないつもりです。
もう少し残しておきますが、これ以上のお書きこみはこの掲示板の趣旨ではありませんので御遠慮願います。

No.873    まみ   2007年9月17日(月) 23:04   
好田先生ご回答有難うございます。矯正はすぐにでもしたいのですが費用の面ですぐには出来ない状況です。そうなると入れ歯が先のほうが良いのですかね。入れ歯と聞くと少し抵抗があるのですが無い部分の歯を作って手前に引っ掛けるような感じでしょうか?

No.874    好田先生から   2007年9月19日(水) 22:43    HP
お待たせしました。
只今、学会よりもどってまいりました。

入れ歯は保険治療できるものですから、方法は歯科にてご相談いただくことになります。
お若い方に入れ歯とは、さぞや残念に思われていることでしょうが、
ここはひとつ将来への投資と思って、がんばっていただきたいです。
矯正の技術は進歩して数年後には違ったお答えができるものと確信してやみません。

いましばらくご辛抱ください。

No.869 悩んでいます。   スマイル   2007年9月16日(日) 22:49   

私は矯正を考えており、床矯正の専門院に相談にいきました。一般矯正だとスペースを作るために歯を抜くんですよね。でもそうすると歯列が一回り小さくなるので舌のおさまりが悪くなって将来無呼吸症候群になったり嚥下障害がでてきたりするということと、顎の骨全体を見ずに、歯並びだけ見てきれいにするので、将来的に顎の関節に障害がでることが多いということを聞きました。
しかし、このHPでは、非抜歯の失敗談も見受けられますし、非抜歯をあまりいいようにされていないので、どっちがよいのか混乱しています。
また私はそこまでガタガタではないので、抜歯すると隙間が埋まらなくなる可能性もあるといわれました。歯を抜くか抜かないかはすごく重要なことだと思うので、慎重に矯正方法を考えたいのですが、、、アドバイスおねがいします。

No.872 スマイル様へのお答え   好田先生から   2007年9月17日(月) 23:00    HP
おこたえします。

すごく重大なご質問をいただきました。
お尋ねには混乱があるように思われますので、そこからお話します。

まず、抜歯なのか非抜歯なのか? 
これは診断レベルの問題です。
歯列に凸凹があれば抜歯することが多くなります。
すこしの凸凹なら非抜歯で並べることは可能です。
抜歯すると歯列は小さくなりますし、非抜歯なら歯列は大きくなります。
(これはご指摘のとおりです。)

さて、あなたにはどちらが適切なのか?
あなたのご希望は非抜歯をご希望のようなので、その線で治療をすすめてもいいわけです。
しかし、歯列が拡がりますので前歯が前突してきます。
お口元は今より盛り上がり、唇が閉じにくくなります。
これをあなたがどの程度許容することができるかという問題になります。
審美性に少しくらいは目をつむって、非抜歯を選択することは患者さんの自由なのです。

歯列がきれいになることも重要ですが、審美性を優先する考え方もあります。
その場合には、たとえ歯列に凸凹がなくても抜歯をすることもあります。
これも患者さんの自由な選択になります。

私の場合は、”矯正が終了したときの口元の美しさ”を重要に考えていますので、抜歯の症例が多いように思います。
これは最初の診断の段階で話し合って決めることなので、私が自由に決めていることではありません。

この道に入って22年になります。
抜歯もたくさんしてまいりました。
しかし、”無呼吸症候群になったり嚥下障害”や”将来的に顎の関節に障害”というものにお目にかかったことはただの一度もございません。
それは全くのウソでございます。


これで診断ができました。
治療の方針が決まれば方法を考えます。
ご指摘の”床矯正”ですが、もう、数十年以前(太平洋戦争以前)の物のなかった時代の装置です。
現在行われている治療方法と比較すること自体がナンセンスです。
そのようなものでは良質な治療は行われません。
非抜歯がご希望なら、それはそれでよいので、今のブレースを使う方法で行うべきです。
そのほうがうまく治ります。

>抜歯すると隙間が埋まらなくなる可能性もあるといわれました

それは、その術者の技術的な問題です。
それ以外にはありません。
私の症例ではそのような不十分な治療はありえません。

繰り返しになりますが、抜歯か非抜歯かという問題は診断レベルの問題です。
非抜歯をご希望なら、あなたの希望がかなえられるでしょう。
治療の方法は、通常のブレースの矯正をお薦めします。
床矯正では十分な良い治療結果は得られないですね。


No.870    まみ   2007年9月17日(月) 0:59   
好田先生ご回答有難うございます。入れ歯は奥歯に入れる事でこれ以上の突出はなくなるんですね。では矯正してから入れ歯で維持するのが良いのでしょうか?

No.871 まみ さまへおこたえ7   好田先生より   2007年9月17日(月) 22:25    HP
お答えです。

すぐに矯正というわけでないなら、
まず入れ歯をいれて状態を安定させてから
矯正のこともゆっくりとお考えになるべきだと思います。
矯正の途中は入れ歯は使えなくなる可能性があります。

No.867    まみ   2007年9月16日(日) 2:36   
好田先生ご回答有難うございます。奥歯が残ってる側で噛むようにすると口元、歯茎突出の進行を遅らせる事は可能でしょうか?自分で出来る予防策あれば教えて頂きたいです。矯正は程度によっては全く効果が得られない事があると聞いたのですが有り得るのでしょうか?またTADは今までの装置より何か進化されたものなのでしょうか?

No.868 まみ さまへおこたえ6   好田先生から   2007年9月16日(日) 21:55    HP
おこたえします。

>口元、歯茎突出の進行を遅らせる事は可能でしょうか?
>自分で出来る予防策あれば教えて頂きたいです

きっと、おいやでしょうが、
きちっと入れ歯を入れることです。
奥歯で支えるべき咬合力を、その他の部分たとえば前歯で支えているわけです。
支えきれないのはあたりまえです。
もし、少しでも歯周病があれば上下前歯が突出してくるのは当然の結果です。
お若くていらっしゃるのでなんとか積極的な手を打つべきでしょう。

先のご質問で、前歯を動かすために奥歯に力の支えが必要になることを
お答えしました。
奥歯に歯がなければ力の支えがないわけです。
TADは”ねじ”でできています。
奥歯の歯のない部分にねじ込みます。
そして前歯をうごかす力の支えとして用いるわけです。





No.864    小林   2007年9月13日(木) 17:47   
度々すいません。
ゴムを付けたまま口を大きくあけて喋ったりしてもいいのですか?

No.866 小林さまへのおこたえ   好田先生から   2007年9月15日(土) 22:49    HP
お答えします。

ゴムの使用はその目的を達成するまで使用しないといけません。
それは目的に応じて期間も変わるでしょう。
途中でお口を大きく開けても何の問題もありません。

No.862    まみ   2007年9月12日(水) 16:01   
好田先生ご回答有難うございます。年令は34才、歯は左上下奥がありません。右上二本もないです。義歯は上五本、下は二本。他は冠せものは六本になります。

No.865 まみ さまへおこたえ5   好田先生から   2007年9月15日(土) 22:46    HP
お答えします。

奥歯の欠損が多いのですね。
今までの矯正では、前歯を動かすために力を奥歯で支える必要がありました。
その常識では、現状はとても困難な様子に思えます。

ところが、TADと呼ばれる矯正用のインプラントが開発されて普及してきています。
これはネジでできていて奥歯のなくなったところにねじ込むことで、
奥歯があるのと同様の効果を得ることができる可能性があります。

ちょうどあなたと同じような方の治療を始めているところです。
今までの常識では不可能ですが、その常識が変わりつつあるところですので、
希望をもっていただきたいです。


No.863 ゴム   小林   2007年9月13日(木) 17:39   
下の歯と上の歯にゴムをひっかけています
どのくらいでとれますか

No.860 歯茎   まみ   2007年9月10日(月) 23:57   
好田先生ご回答有難うございます。さらに突出する事もあるのですね。私の場合特に前歯二本(義歯)が出たように感じます。それとHP見させて頂いたのですが、私は歯槽膿漏も長年ありますが治してからの治療になるのでしょうか?それと治療費は保険などはきくのでしょうか?

No.861 まみ さまへおこたえ4   好田先生から   2007年9月11日(火) 21:47    HP
お答えします。

>さらに突出する事もあるのですね。

残念ながら、各個人のご事情によってはそのような不都合なことにもなりますね。
まず、歯周病の程度のチェックは必要かと存じます。
その程度に応じて、矯正と並行して良いかどうか、
先に歯周病を進めるかを決めないといけませんね。
歯周病の治療は当然保険治療となります。
これは他院への紹介の形となります。

失礼ながら、今おいくつで歯の残存状況はどの程度なのでしょうか?
差し障りなければお教えください。

No.858 歯茎   まみ   2007年9月10日(月) 1:34   
好田先生ご回答有難うございます。症例写真見させて頂きました。特に手術必要ないのであれば安心しました。私の場合笑うと歯茎が出てしまい唇が歯茎に乗る?感じです。数年前に比べると更に突出している気がするのですが年令と共に更に悪くなってしまう事もあるのでしょうか?また上は殆どが義歯で左上奥歯はありませんがそんな状態でも治療は可能でしょうか?また費用はどれくらい掛かるものなんでしょうか?

No.859 まみ さまへおこたえ3   好田先生から   2007年9月10日(月) 17:53    HP
お答えします。

歯列は年齢に応じて微々たる動きはありますが、
数年で口元全体が前に出てくることは普通はありません。
しかし、奥歯を何本か失っておられるようなので、
奥歯の咬合の高さが低くなって上下前歯が前突を加速していることも予想されます。

もしそうなら厄介です。
どんどんと出てくることもあります。
治療は奥歯にTADとよばれる矯正用のインプラントをもちいればチャンスはありそうです。
(TADは再度HPで御調べください。)
費用は通常の方と同じです。
検査料5.5万円
矯正料60万円
再診料3500円
でございます。
こちらも再度HPでご確認ください。



No.857    mayu   2007年9月8日(土) 21:32   
ご回答頂き有難うございます。
5番ですと仕上がりが難しくなるんですね…躊躇してしまいます。そうすると
虫歯を治療して4番抜歯という形の方が仕上がりの面では良いのですね。
よく、検討したいと思います。本当に有難うございます!

No.854    mayu   2007年9月7日(金) 19:29   
先日抜歯についてお伺いしました者です。すみませんまたお伺いしたいことがあります…。
先日左下7番、左下4番を抜歯しました。今回は右下4番を抜歯する予定だったのですが、5番に虫歯が見つかり、治療をして様子を見てもし状態が良くなければ
5番を抜歯することになりました。虫歯の歯を抜歯するのは抵抗ないのですが
左右対称ではない5番を抜歯しても特にバランスなど問題はないのでしょうか?噛み合わせや治療期間は変わったりするのでしょうか?

No.856 mayu さまへのおこたえ3   好田先生から   2007年9月7日(金) 23:55    HP
お久しぶりです、お元気でしたでしょうか?

お尋ねの内容は、何ら問題のあることではございません。
5番のカリエスが大きければ、それを抜歯する歯に選ぶのは当然の選択です。
左右が対称であることよりも、そのことのほうが大事と思います。

私の考えでは、5番抜歯は最終の仕上がりが難しくなると考えています。
治療期間も4抜歯よりも少し期間が必要と思います。
できれば5番抜歯はしないようにしています。


No.853    まみ   2007年9月5日(水) 23:01   
好田先生お忙しい中のご回答有難うございます。私の説明不足で申し訳ないのですが、歯茎というより鼻下が盛り上がっていて口元を囲むように法令線が出来てしまい悩んでおります。もっと解りやすい方だと先日マラソン大会で話題になった土佐礼子さん?でしょうか。もしくは猿かチンパンジーみたいな感じです。手術が必要なんでしょうか?

No.855 まみ さまへおこたえ2   好田先生から   2007年9月7日(金) 23:41    HP
お答えします。
土佐礼子さんですか?
探してまいりました。


矯正中の写真はなかなか見つかりませんでした。
この方は、面長さんですね。
大笑いすると、唇が上にあがって歯ぐきがみえることもあるかもしれません。

特に手術を要するわけではございません。
矯正のみで対応しているのがほとんであると思います。
上顎の前歯を後退させます。
このとき、現状の歯の傾斜が正常なことが多いので、
歯を傾斜させないで、平行移動させて後退させます。

これには技術が必要ですが可能です。
抜歯を必要とすることが多いです。
土佐さんの治療は抜歯されたのかどうかわかりませんが、
聞くところによると、もとは凸凹だったようです。

”お猿さん”だそうですが、そのタイプの不正咬合は、
上下顎前突症といいます。
当HPの中で、最近更新した上下顎前突(その7)にアニメーションも入れて
解説しています。
ご参考にしてください。


No.850    まみ   2007年9月5日(水) 22:20   
はじめまして。
笑うと歯茎が見えてしまい口元も横から見ると出ていて、
芸能人だとタカアンドトシの右側の人みたいな感じです。
これはどうしたら治りますか?

No.852 まみ さまへおこたえ   好田先生から   2007年9月5日(水) 22:39    HP
お答えします。
向って右側の”欧米か”って言ってるひとですか?

笑っている写真も探してみましたが、歯茎が見えるのが
なかったので推測でお話をします。

笑った時に歯茎がよく見える人がおいでになります。
前歯のかみ合わせが深くて、上顎の歯茎がよく見えることがあります。
この場合には、上顎の前歯を骨にめり込ませるようにします。
すると、歯と歯茎のラインが上にあがってきます。
すると上顎の歯茎が上唇に入り、見えにくくなります。

次に、上顎骨格全体が前に出ていることがあります。
上顎の前歯を後退させることによって、上顎の骨格がへこみます。
それによって、笑った時に見える歯茎の量が少なくなります。

このようにして歯茎の見え方を少なくするようにできます。





No.848 お疲れ様です…   Y,R   2007年9月4日(火) 0:43   
ふと覗いたら沢山追加されててビックリしました。
先生のところでお世話になってる者で、つい先日TADを入れてもらいました。
自分もこれからこうなるのかなぁ〜とか想像したり、励みになります。

ところで…私今までに何度も財布を落としたことあるんですよね…。
『ああ君ならそうだろうね』って先生に思われそうだけど、よくあるパターンでは、カバンの中の何かを出そうとしてポロっと落として気づかずそのままだったり、あとは公衆電話の上、電車の座席、色んなところに忘れたり落としたりしてきました…。
ないと気づいたときの血の気が引く感じは、本当に独特です…。
先生に拾われた人、凄くラッキーでしたね。
でも私も今まで全部出てきてるんですよね、財布の落し物。これがまた油断をさせるんでしょうか…。

と、凄くくだらない内容なのでこの辺で…。
これからも更新楽しみにしてます。
今日も一日お疲れ様でした。今月もまたよろしくお願いします。

No.851 YR さまへのおこたえ   好田先生から   2007年9月5日(水) 22:27    HP
日頃は当院の治療にご理解とご協力いただきありがとうございます。
そうですか、更新したページをご覧いただいたのですね。
最近、TADの効果がよく出ている症例が仕上がってきています。
あなたも期待してお待ちくださいね。
最後にはHPの症例のようになります。

財布ですか?
通院時になくさないようにしてくださいよ!