[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.770 ありがとうございます   かな   2007年6月29日(金) 15:07   
本当に早い回答ありがとうございます。
先生にあって相談できないのが残念です。
リテーナーは歯が動かないように固定するだけのものと息子も思っていたようです。昨晩先生の回答を見て転院を真剣に考えている様子でした。
息子も昨晩掲示板に投稿すれば良いのにと伝えたのですが、どうもわたしの後の相談が恥ずかしいようです。
再度お聞かせ願いたいのですが、リテーナーになっても歯が動くとはどれくらいかかるのでしょうか?または安定するのでしょうか?個人差があると思うのですが、当の本人は歯を削ったという事を考えますと少し違う噛み合わせでいたようですので変なところで動きが止まっているのではと考えてしまいます。
また、他の患者さんでもリテーナー期間中に頭痛などの愁訴を訴える方もいらっしゃるのですか。
改めてよろしくお願いします。

No.771 かなえ様へのおこたえ4   好田先生から   2007年6月29日(金) 21:22    HP
お答えします。

リテーナーになってから歯が安定するのは6−12ヶ月のように思います。
歯を削る調整を矯正の移動終了直後にするのは推奨できないですね。
せめて、一定期間様子をみていて歯が安定してから何らかの処置を
お考えになるのがよいと思います。
しかし、今回はいろいろと不定愁訴がでてきていますので、
すぐにでも何かしたい気持ちにはなりますね。
私の患者さんの中では、それほどのひどいことになった経験は皆無です。


No.768 また質問をお願いします。   かな   2007年6月28日(木) 13:36   
先日、息子の件No747で相談させていただいたものです。
あの後予約を取って歯医者に行ったのですが「問題ない」といわれ帰ってきました。どうしようもないと思った息子は友達の通っている歯医者に見てもらうことが出来るとのことでちょっと離れたところに見てもらうことが出来ました。
結論は矯正治療は中心咬合位とか顎とかはうまく矯正治療が出来ていたようです。ただ、矯正したあとの噛み合わせがうまく出来ていなかったらしく、リテーナーになってから噛み合わせが変わったのでは?といわれたそうです。そこの歯医者で少し削ったりして軽くバランスを取ったら体調の方はある程度改善したようです。そこの歯医者さんでは「もう少し高さを調整すればもっと楽になると思うよ」といわれたそうですが、矯正の治療経過が分からないから今回はここまでと帰ってきました。
もう一回経過を見るために来週紹介をされた治療院に行くようです。

何とか学校にも行けるようにはなったのですがもう少し質問お願いします。
1.別の歯医者で噛み合わせを見てもらったらその日だけで少し改善をして帰ってきました。リテーナーになってから治療院を変えることは可能でしょうか?変えることが可能ならなにかもともと通っていた治療院から何かカルテか何かを貰った方がいいでしょうか?
2.紹介された医院は距離が遠いので通うのは困難かと思うのですが他の治療院を探す方法はありますか?
3.体調は良さそうなのですが落ち着かない様子です。リテーナーになってから噛み合せが変わったのでは?というような事でしたが針金を抜いた後でも歯はまだ動いているんですか?その過程でイライラしたり頭痛がでる可能性はありますか?

息子もいろいろやっていると思うのですが集中力も無いようで就職活動にも影響が出るだろうから何とかしてあげたいのでよろしくお願いします。


No.769 かなえ様へのおこたえ3   好田先生より   2007年6月28日(木) 22:21    HP
お答えします。
いろいろとご心配が続きますね。
改善も見られるようなのでよかったですね。

@について、
転医は合理的判断があればなんとでなることと思います。
カルテ等の資料は次の先生が、ご所望になればコピーをいただければよいかと存じます。

Aについて、
今回は特別な内容だったので、インターネット等での検索は馴染まないように思います。
ご紹介先をもらっているならそちらへゆくのも良いのではないかと思います。

Bについて、
矯正装置を撤去してしばらくは歯は動きます。
安定するにはしがらくかかります。
その間は何らかの違和感が続くのではないでしょうか?
しかし、歯が自然にうごいて全体が良い方向に進むこともありますね。
それを期待されてもよいでしょう。
また、全くその逆に進むことも可能性としてはあるわけです。



No.764 どうもありがとうございました!   プリン   2007年6月27日(水) 10:37   
好田先生、どうもありがとうございました。

妊娠してからかなり神経質になってしまい、歯のことも今まで以上に気になるようになってしまいました。
先生のお陰で疑問点がクリアになり気持ちもすっきりしました。
今後も気持ちよく治療をうけられそうです。
本当にありがとうございました。

No.767 プリン様へのおこたえ3   好田先生から   2007年6月27日(水) 20:51    HP
よかったですね。
あまり気にしすぎると、正しいものも正しく見えなくなってしまいますね。

No.763 子供の歯科矯正抜歯のタイミング   ロスマリン   2007年6月27日(水) 10:10   
はじめまして、9月で12歳になる息子の矯正治療でご相談させていただきたいと思います。

今回抜歯が3本(大人の歯が出てくる時に邪魔になるということでもう一本は抜歯済み)必要なのですが、抜歯をするのはブレイスを装着してからと言われました。私も矯正治療経験者ですが、抜歯後に装着するものだと思ってましたので、少し不安になりました。
ブレイスに耐えられるかどうかをまず判断してから、とのことですが、
この抜歯のタイミングは一般的なのでしょうか?

どんなことでも結構ですので、教えてくださるとありがたいです。

No.766 ロスマリンさまへのおこたえ   好田先生から   2007年6月27日(水) 20:49    HP
お答えします。

抜歯をしてから装置をつけるのか、装置をつけてから抜歯をするのか?
そのようなことは枝葉末節なことでどちらでもかまいません。
治療の手順上、どちらの場合も考えられます。

>ブレイスに耐えられるかどうかをまず判断してから

それはとてもよいアプローチのしかたです。
なかなか丁寧で良いやりかたと思います。
年齢のことを主治医がお考えになってのことと拝察申しあげました。

そのことはともかく、永久歯の抜歯ですか?
12才になるかならないかで、もう抜歯なのですか?
そのことのほうが気になりました。


No.760 矯正方法について   すみれ   2007年6月24日(日) 14:23   
はじめまして。
私は前歯の横の歯が、両方とも前歯より下がっているんです。
そこで、前歯を下げる矯正があると聞いたのですが、その場合装置をつけるのは上だけですむのでしょうか?
よろしければ、教えて下さい。

No.765 すみれさまへのおこたえ   好田先生より   2007年6月27日(水) 20:43    HP
お待たせしました、お答えします。

前歯に限局した一部矯正(マイナーツースムーブメント、MTM)は可能です。
しかし、その適応症例は必ずしも多いわけではありません。
下の歯列に問題があれば、それを無視して上の前歯のみに装置をつけることには慎重でなくてはなりません。
今回は下あごのことは何もお書きではないので解説できませんが、
一般論としてはそのようになります。
あとは矯正歯科専門医院でご相談をお受けになるのが一番と思います。

No.761 好田先生、ありがとうございます!   プリン   2007年6月25日(月) 16:15   
好田先生、丁寧かつ早いご回答どうもありがとうございます!

たいしたことないと聞いてほっとしております。
現在35歳ですのでクラックなどがあるのはめずらしい事ではないのですね。
研磨したときにできてしまったのかと勘違いしてしまっていたので教えていただけてよかったです。

ドライヤーで歯を乾燥させたところ光沢の全くない部分が多数みうけられましたのでまだ接着剤が残っているようです。
妊娠中のカルシウム不足で歯がもろくなっているのかもしれないから研磨を依頼したら歯にひびが入るのではないかなど不安でしたが
先生のアドバイスのお陰で心配する必要がないと知り、ほっとしてております。

現在の担当医や研修医はとてもいい人なのですが、前回の研磨具合をみるとに乱暴に研磨されそうで再依頼するのがこわいです。

@矯正歯科医院でなく普通の歯科医院でも依頼すれば研磨してもらえるものでしょうか?
 あるいはやはり矯正歯科医にお願いするのがベストなのでしょうか?

A研磨の依頼を半年ほど先延ばしした場合、歯に悪影響はありますでしょうか?


B先週矯正装置をはずし、上下前歯に固定式のリテーナー(細いワイヤーを歯の裏側に接着剤でつけてもらっています)と
 取り外し可能なベッグタイプ リテーナーを使用しています。担当の先生はベッグタイプ リテーナーは就寝時のみの使用でも歯が動くことはないと
 言うのですが本当でしょうか? 信頼していた医師なのですが、研磨の状態から多少不信感をもつようになってしまいました。。。(−−;)
 少しでも動いたら嫌なので現在は食事&歯磨き以外はベッグタイプ リテーナーを着用しております。ただかなり話しにくいので
 歯が動く心配がなければ職場では外したいなぁと思っておりおります。

Cベッグタイプ リテーナーよりは透明のクリアリテーナーの方が話しやすいですか?
 歯が動くのは嫌なので日中帯もリテーナー着用の方が望ましい場合、見た目もワイヤー無しでいいですし、
 クリアリテーナーの作成を依頼しようか悩んでおります。
 
D犬歯に白く変色(脱灰?)した部分があります。医師に確認した所。石灰化しているといわれたのですがこのまま放っておいてもいいのでしょうか?
 写真を添付したかったのですが、うまくとれませんでした。。。インターネットで検索した所、フッ素塗布がいいとの事だったのですが、妊娠中のフッ素
 は胎児によくないと聞きました。このままあと4ヶ月ほどほおっておいても平気でしょうか?現在痛みやしみることも全くありません。
 
またまた質問ばかりで恐縮なのですが、お時間のある時にご回答いただけたら助かります。 m(_ _)m

No.762 プリン様へのおこたえ2   好田先生から   2007年6月26日(火) 22:26    HP
引き続きお答えします。

@について、
歯の研磨は、大学の矯正歯科のレベルよりも開業歯科のほうがレベルは高いものと思われます。
責任においては矯正歯科医師がやるべきと思います。

Aについて、
研磨をしないでそのままでもそれほど大きな問題はないと思いますが、
歯垢はつきやすい状態にあることは確かですね。

Bについて、
リンガルワイヤーの固定式とベッグタイプを二重にしておられるのですか。
それなら、昼間はベッグタイプはいらないかもしれませんね。
ベッグタイプは、下あごのものが歯列のおくまであるので相当にしゃべりにくいはずです。

Cについて、
クリアーリテーナーはいちばんしゃべりやすいものです。
しかし、HP中で書きましたように咬合がかわる可能性が高いので、
使用には細心の注意が必要です。

Dについて、
多少白くなっていても表層に欠損がなければ当面は問題がありません。
誰でも口の中を細かく探せば、一つや二つはそのようなスポットはみつかります。
それで正常です。
細かなことを気にしすぎだと思います。
フッ素入りの歯磨き粉くらいなら大丈夫でしょう。


No.758 接着剤を剥がすときの研磨   プリン   2007年6月23日(土) 14:18   
先週、矯正装置をはずし保定期間に入りました。接着剤を剥がすときに歯の表面を虫歯を削るような機械で削って接着剤を剥がしたのですが、削ったあたりの歯の表面がボコボコしています。

接着剤が残っているのかと思ったら装置が接着されていた箇所でなかった所の歯の表面の一部も剥がれ落ちているようなので接着剤でなないのではと素人ながら考えています。

細いクラックや歯の一部石灰化(?)も見受けられます。今までは気持ちよく治療をうけていただけに装置を取り外してからかなりこの一週間憂鬱です・・・

@歯医者さんにこのことを伝えて接着剤が残っていた場合またエナメル質も削られてしまうのではないか、さらに歯を傷つけてしまうのではないかと不安で再度研磨の依頼をするのも怖いです。怖がらずに研磨の依頼をするべきでしょうか?それとも違う処置を依頼すべきですか?現在妊娠8ヶ月でもあり、歯がもろくなっているのかもしれないので不安です・・・

A大学病院で矯正治療をしているのですが接着剤を剥がすとき担当の先生が研磨した後に更に残った接着剤の研磨を研修医(?)にされました。接着剤を剥がすときにはエナメル質が削れてしまうような機械は使わないと聞いたのですが技術の有無によっては接着剤以外の歯の表面も削られてしまうのでしょうか?

Bこのような場合、接着剤が残っているのか、削りすぎているのか調べる方法はありますでしょうか?

以上3点、どうかご意見をいただけますようお願い致します。

No.759 プリン様へのおこたえ   好田先生から   2007年6月24日(日) 10:06    HP
お答えします。
長らくの治療、お疲れ様でした。

ご心配ですね。
でも、たいしたことはないですよ。
エナメル質つまり歯の表層は、元々でこぼことしたものです。
成人なら歯の表層にクラックが見られるのが普通です。
それで正常です。

接着剤のみをとればよいのですが技術的にはそれはできないことで、
エナメル質は多少は削らないと仕方がありあせん。
元々エナメル質が質的に不良な部分もあるので老化した部分は薄く落として、
現れてくる若いエナメル質をしっかりと研磨して、フッ化物等で再石灰化を促進させたほうが良いという考えもあります。
そのほうが歯の表層が強化されるわけです。

>接着剤を剥がすときにはエナメル質が削れてしまうような機械は使わないと聞>いたのですが

使う接着剤の強さによると思いますが、その程度の”機械”では歯の表層はきれいにはならないです。
あなたの場合は、研磨の仕上げが十分でないことが推測されます。

@のこたえ
多少のエナメルを落としても大丈夫です。
むしろ、古く痛んだエナメルを残すより、若いエナメル質を表に出すほうが
いいです。
妊娠にはなんら悪い影響はございません。

Aのこたえ
技術の差は大きいです。
それ以上に考え方の差も大きいです。
いかに丁寧に扱うかでぜんぜん違ったものになります。

Bのこたえ
歯の表層にエアーを吹きかけて乾燥させます。
接着剤が残っていれば光沢が全くないので簡単に見分けがつきます。
ただし、エナメル質は削りすぎているかどうかは判定はつきません。

以上、お答えします。


No.750    しゃぼんだま   2007年6月5日(火) 9:44   
大変分かりやすく、早々のご回答ほんとうにありがとうございました。
私は以前からこのHPを見ていたので下の歯がほとんどへこまないと感じた時に一度、主治医に少し削って(下の前歯4本)もらえないものでしょうか、
と相談しました。
(どなたかの回答で先生が以前に答えていたのを覚えてたので)でもそれはしたくないとはっきり言われてしまったんです。
理由は「歯を削ると根元の部分に栄養がいきにくくなるので歯が弱りやすい」とのことでした。4本削っても1〜3ミリ程しか下がらないので変わらない。という答えでした。
先生方にも色々な個人的な考えがあって、削ってもらえないとわかったのでもうそれ以上無理はいえませんでした。

最後にもう一つだけ質問があります。
下の歯があまり動かせない私の場合、上の歯をあげての矯正治療ですが、その際口元は少し間伸びしますか?歯が重なるという事は素人考えでつい口元が伸びてしまうように感じてしまい、実際オトガイもあります。(治療前と同じです)
これも聞きましたが歯を上のあげても口元は伸びない。とのことでした。
結構疑問に感じた事は相談してきました。でもなんだかいつも大丈夫と言われ
治療が終ります。
好田先生に先日相談したのも、上下があたるほど重なる歯をどうにかならないものかと思い、質問させていただきました。
やはり削るしか方法はなさそうですが、それは無理そうなので(以前断られたので)あきらめます。。。
主治医にもう一度下の歯をへこます方法があれば提案しようと思っていたのですが好田先生に相談して踏ん切りがつきました。
スペースがない以上削るしかへこまない。削ってもらえない。あきらめます。
お忙しいところネットで丁寧に答えていただいて本当に有難うございました!!

No.751 しゃぼんだま さまへのおこたえ2   好田先生から   2007年6月5日(火) 21:58    HP
おこたえしまう。

>その際口元は少し間伸びしますか?

ご心配の意味がわかりかねます。
口元はそれほどかわらないはずです。
むしろ、笑ったときの歯の見える部分がすくなくなります。
上の前歯がよりへこんだ印象になるかもしれません。
逆に、上の前歯が下がればどうなるか?
笑えば歯茎がみえます、いわゆるガミースマイルです。
嫌われる口元です。
今回はその逆になるわけなので、その点では唯一好ましい結果といえるのではないでしょうか?

これで少し安心して、あきらめがつきましたか?

No.747 ありがとうございます   かな   2007年6月4日(月) 11:02   
好田先生ありがとうございます。
昨日、息子にこの掲示板を見せたところ「こんなに丁寧な答えをくれるけいじばんがあるんだ」と驚いていました。

咬合の高さについては本人はよく分からないようです。
また、中心位と中心咬合位とは私が分からないのですが、息子は「下顎は抜歯したから少し前とは違う場所だけど、うまく上下に広がって中心も取れてるんだろうけどな」と言っています。

個人差で微妙なずれが息子に影響を与えているのでしょうか?

息子は先生の回答の中で「治療中のストレスや咬合の問題がいまごろになって閾値をこえて全身症状につながっているものと推測されます。」の方に興味を持っていました。そちらの方が当てはまってるようだと言っていました。
今頃になっての全身症状であるなら、その中心咬合位のずれがあったとしても今後徐々に慣れていくものなのでしょうか?

実際に息子の歯医者さんの話が聞けたら良いのですが、本人が嫌がるので伺う事ができなく、好田先生の丁寧な回答を私なりに勉強させていただきたく思います。
つらそうなのを見てるので本人の症状とは少々違っているかもしれませんがよろしくお願いします。

No.748 かなさま へのおこたえ2   好田先生から   2007年6月4日(月) 20:10    HP
お答えします。
残念ながら、詳しいことはよくわかりません。
一般的な総論的な解説しかできないのです。

個々の差によるものなのか、とんでもない治療上のエラーが存在しているいるのか、
ここではなんとも申し上げようがございません。

今までの少しずつのストレスの積み重ねで閾値ぎりぎりにストレスを抱えていり場合、
ごくわずかなつまらない他人がみればなんでもないことが閾値を越えさせて、
症状が出てるかもしれないですね。
そうなっているなら、直接の原因はあまりにつまらないことだったら、
(たとえば雨が降って下着が湿っぽかった等)
周囲も本人もわからないことが多いかもしれません。

>その中心咬合位のずれがあったとしても今後徐々に慣れていくものなのでしょうか?

なれることができる人なら、今そんなに困ることはないと思います。
なれることのできない人だからこそ、今お困りなんだろうと思います。



No.749 かなさま へのおこたえ2   好田先生から   2007年6月4日(月) 20:14    HP
お答えします。
残念ながら、詳しいことはよくわかりません。
一般的な総論的な解説しかできないのです。

個々の差によるものなのか、とんでもない治療上のエラーが存在しているいるのか、
ここではなんとも申し上げようがございません。

今までの少しずつのストレスの積み重ねで閾値ぎりぎりにストレスを抱えていり場合、
ごくわずかなつまらない他人がみればなんでもないことが閾値を越えさせて、
症状が出てるかもしれないですね。
そうなっているなら、直接の原因はあまりにつまらないことだったら、
(たとえば雨が降って下着が湿っぽかった等)
周囲も本人もわからないことが多いかもしれません。

>その中心咬合位のずれがあったとしても今後徐々に慣れていくものなのでしょうか?

なれることができる人なら、今そんなに困ることはないと思います。
なれることのできない人だからこそ、今お困りなんだろうと思います。



No.745    しゃぼんだま   2007年6月3日(日) 10:19   
2年半の矯正治療をあと一ヶ月で終える者です。出っ歯の治療でしたが左右とも奥から2番目の歯が欠損していた為下の歯は抜歯せず、上の歯は5番を左右とも抜歯して治療が始りました。結果・・・上は抜歯していたのできちんと後退したのですが、下の歯はスペースが少なかったせいかあまり下がっていません。
なので上下の歯はほとんど重なっています。特に左の2番の上下は完全にカツカツと歯同士がぶつかり合い、その違和感が噛む度にあります。主治医に相談
してもスペースがないので下の歯は動かせない、と言われました。また、かみ合わせには上下の歯が重なってる方が良いのでなんの心配もないとも言われたのですが・・治療前には上下の歯が重なってなくてこんな感じになるとは想像もしていませんでした。。主治医が言うには下の歯のスペースがないと上の歯をあげて後退させるとの事ですが、好田先生も同感でしょうか?そのために上下の歯(1・2番)が重なる事は仕方ないことなのでしょうか?治療費のやりくりやその治療期間を頑張ってきたのは結果が楽しみだったのに矯正結果が残念です。また口元も歯が重なってるせいか治療前と同じく閉じにくいのですが、これは上の歯をあげて後退させたせいですか?口元が不自然なのが一番いやなんです。上下が重なっていても閉じた時の口元がきれいならなんの不満もないのです。主治医にはどう相談すればよいでしょうか。先生のご意見を聞かせて下さい。

No.746 しゃぼんだま さまへのおこたえ   好田先生から   2007年6月3日(日) 15:51    HP
おこたえします。
治療がもう最後という段階で、満足がゆかない結果になり残念なことになりました。
あなたの治療について何の責任をもてない立場で推測であれこれいうことをはばかられるので、一般的意見に自分の経験をまじえてお話しします。

まず、”お口が閉じにくい、お口元がきれいでない”とのことなので、
上の前歯がまだ出た状態なのかなあと推測しました。
治療の大原則として、
”上の前歯をへこめる目的が治療にあるなら、下の前歯がへこまないと上の前歯はへこまない”
という原則があります。
上の前歯をへこめる時に下の前歯に当たると、上の前歯がへかまないからです。
今回はこの原則が守られたかどうか?
最初の判断に誤りがなかったかどうか?
このあたりの検証になると思われます。

今回の何かの理由で上顎のみ2本抜歯で治療が行われました。
下あごの抜歯ができていない(欠損だったから?)ので、下あごの前歯がへこんでいなかったのではないでしょうか?
それが原因で、上の前歯を十分にへこめることができていない。
そのように感じました。
しかし、元から下あごには2本欠損だった(そうですか?)ので、主治医の判断は大きな誤りはなさそうに思います。
ただ、下の前歯1本の抜歯の追加や下の前歯の数本を少しずつ削って(ストリッピングといいます)幅をあけて、
下の前歯が少しでもへこむような計画があってもよかったと思います。
(なお、このストリッピングは現時点からでも可能です。)

>主治医が言うには下の歯のスペースがないと上の歯をあげて後退させるとの事
>ですが、好田先生も同感でしょうか?

各論的にはそのとおりです。
そういうふうにして仕上げをすることもございます。
ただしあまりにやりすぎると、歯の先同士の咬合なので先端がすりへりすぎるし、
正常咬合からはかけ離れてしまい、まるで受け口のひとみたいに見えてしまいますね。
物事には限度があるでしょう。

解決策は、上記の下あごのストリッピングにあります。
1−3mm程度は削っても大丈夫で痛み等もでません。
そうして隙間を作って、その隙間を閉じれば、下の前歯は少し内側に傾斜してきます。
前歯の咬合は簡単に改善するものと思います。

お金と時間をかけてこられましたので、ご期待もさぞや大きかったことと思います。
ほんとうに悔しいですね。

問題はその主治医になんと伝えるかですね。
相手をなんと説得するかでしょう。
主治医に許容力があればよいのですが、
インターネットで相談したら、こんな返事が返ってきた、なんて言ったらだめですよ。
あいては逆上してしまうでしょう。