[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.694 教えて下さい。   石渡   2007年4月29日(日) 0:57   
 好田先生のこの質問のページ拝見させていただきました。
とてもはっきりストレートにお答えされるので、質問される方もすっきり解決されている様に思いました。私も是非質問させてください。

 歯列矯正が終了ということでリテーナーをしていました。
しかし、その直後から体調が酷く悪くなり酷すぎる不定愁訴で会社を辞めました。普通の歯医者に行くと噛み合わせがづれていると言われ矯正医と相談してくださいと言われました。
 そのことを矯正医に言うとそんなことは無いと言っていました。
舌の親知らず
月日が経ってから かみ合わせをきちんと診てくださいといい、歯型を取りみてもらうとまだ歯がうごかさなくてはいけない。と言われました。
再矯正が必要となりました。
 
 元々左下5番抜歯しておりました。
上顎共に親知らずが無い状況で、右下は親知らずの前の歯が虫歯で欠損でしたのでブリッジにしておりその親知らずを第一臼歯として使いました。
左下の親知らずは生えており、後々に歯がだめになったときのためにという理由で抜かずに取っておりました。 
 
 結局左下の4番の歯が充分に奥に動かせていなかったため、顎もおかしくなっていたようです。更には上顎を拡大していました。


 ここで、再矯正が必要となった今、私としては同じ医院でやりたくありません。本来ならばもう終了ということで、自分も新しい仕事をすでに矯正外した三ヶ月後からと決まっておりました。しかし体調不良によりそれをすることはできず、調子の悪いまま月日は経ちました。
何度かその医院に言いましたが問題は無いとの一点張りだったのが今になってから矯正が必要となりました。
 私としてはもうこの医院で再度矯正はしたくはありません。
なぜなら今までの話と違うこと。私の特異体質だとも言われたのにも関わらず、結果これだからです。それと、本当に治せるのかととても心配にで、まかせられないと思っています。

 こういった場合どうしたら良いでしょうか。
転院というか違うところで治してもらいたいけど、今の医院の対応にも納得がいきません。。
こういう場合どういったことが普通なのでしょうか。
教えて下さい。宜しくお願いします。

No.695 石渡さまへのおこたえ   好田先生から   2007年4月29日(日) 22:37    HP
お答えします。

困ったことになりましたね。せっかっくの治療が台無しになりました。
元々は受け口でしたか? 出っ歯でしたか? 
上顎の抜歯のことが書いてなかったように思いました。

>普通の歯医者に行くと噛み合わせがづれていると言われ・・・・

細かなこともわからないので推測でものをいうことになります。
かみ合わせのずれという限りにおいて、中心位と中心咬合位のことではないかと考えました。
中心位(CR)とは、下顎の骨が顎関節のなかで一番安定した部分にある位置を言います。
中心咬合位(CO)とは、上下の歯の接触が一番多く一番安定して咬める位置をいいます。

そのCOとCRに位置のずれが大きかったことに起因するのではないかと推測しました。
CO-CRにずれのないように矯正を終えることが一番の理想と考えれていますが、実際にそのずれを0にすることはほとんどできなくて、ずれが少ない方向に治療できればよいと考えられています。
ずれを残した状態で矯正が終わっても、問題が出てこない場合がほとんどです。
ヒトには許容力がありますので、少しのずれがあっても問題とはならないようです。

しかし、ヒトには個人差というものがあります。
他人では問題にならない量であっても、あなたにはとても大きな量になることもあります。
今回のことは、誰でもが我慢できない極めて大きなずれが残ったのか、
ごくごくわずかなずれながら、あなたが特別に許容できなかったかのどちらかなのでしょう。
歯科の先生がそれほどはっきりとおっしゃるなら、前者の方ではなかったのかなあ、と感じています。

では、そのCO-CRのずれは治療でどうなったのか?
元々あったのか?
このあたりは私が判断するのは不可能です。
しかし、上手に矯正をすればずれは少なくできるし、下手に矯正すればずれは大きくなることも考えられます。
(現主治医が何かヘマをしたのだ、と申しているわけではありませんよ。誤解なきように。)

>不定愁訴で会社を辞めました

とても困ったことですね。
体調不良とお書きでした。
咬合の不具合で体調不良を訴えておられることが時々あると聞いています。
しかし、私はそのような経験は一度もありません。
上記のことが原因での体調不良は個人差がとても大きそうですね。

さて、何かの処置をすべきなのですが、
まずはしっかりと診断をすべきでしょう。
何が悪くて今に至っているかの原因をつかんでから、治療方法をお考えになるべきでしょう。
やみくもに再度の矯正に望んでも結果がよいかどうかわかりません。

上記の私の勝手な推測が正しいという前提で話を進めます。
あなたはスプリント療法を受けるべきです。
上または下顎に入れ歯用のプレートを入れてみます。
このプレートを入れると、一瞬で歯並びが正常になったようになるわけです。
これは治療の意味もありますが、あなたの場合は全身を含めた咬合がどう代わるかを見てみるのです。
治療的診断というか、診断的治療というか、あなたの体がどのように反応するかみてみるわけです。
それで何が悪いのかがわかってくるかもしれません。

このような治療は顎関節のことがよくわかっている先生にしてもらわないといけません。
知識はあっても私なんかにはできないことですね。
大学等でご相談になってはいかがでしょうか?
そのような専門科をおいているところもありますよ。






No.693 ハーフリンガル   さちこ   2007年4月23日(月) 21:13   
先生、ありがとうございます。
また質問なのですが、先生の舌側矯正のhpの写真はどちらを使用しているのでしょうか?
細い金属線とゴムの違いは何があるのでしょうか?期間や金額その他メリットやデメリットなど??
その人の歯の状態などで変わるのですか?
また、ゴムや金属線は装置装着されるとすぐにつけるのですか?それとも後からつけるのでしょうか?

No.690 ハーフリンガル   さちこ   2007年4月22日(日) 16:32   
上の歯を裏側に下は表からの矯正を考えています。
従来のカーツタイプでの質問になりますが、
画像を見ていると裏側のブラケットにはゴムがついていないように思うのですが、
裏側の場合はつけないのでしょうか?
また、発音障害が気になるのです。
個人差はあるとは思いますが、慣れてくると以前のようにしゃべれますか?
それとも、慣れてもやはり以前よりはちょっと発音が気になる感じになるのでしょうか?
よろしくお願いします。

No.691 さちこさまへのおこたえ   好田先生から   2007年4月23日(月) 18:36    HP
お答えします。

装置とワイヤーを結びつける方法は、細い金属線を使う場合とゴムを使う場合があります。
ご指摘の写真は、ゴムがないようでも代わりに細い金属線を使っているはずです。
細いので写真には写らないだけです。
どちらかが必ず使用されているはずです。

裏側矯正の欠点は、発音がしにくくなることと舌が痛くなることです。
これは個人差が大きいです。
治療の最後までなれることのできない人もいました。
上顎のみの裏側矯正ならまだなんとかなる可能性が高いです。

治療をお考えになるなら、主治医の先生とよく相談の上でご決断ください。
装置をつけてから、”痛い”とか”しゃべれない”と言っても、
”辛抱してください”というしかありません。



No.692 さちこさまへのおこたえ   好田先生から   2007年4月23日(月) 18:37    HP
お答えします。

装置とワイヤーを結びつける方法は、細い金属線を使う場合とゴムを使う場合があります。
ご指摘の写真は、ゴムがないようでも代わりに細い金属線を使っているはずです。
細いので写真には写らないだけです。
どちらかが必ず使用されているはずです。

裏側矯正の欠点は、発音がしにくくなることと舌が痛くなることです。
これは個人差が大きいです。
治療の最後までなれることのできない人もいました。
上顎のみの裏側矯正ならまだましです。

治療をお考えになるなら、主治医の先生とよく相談の上でご決断ください。
装置をつけてから、”痛い”とか”しゃべれない”と言っても、
”辛抱してください”というしかありません。



No.689    きっこ   2007年4月20日(金) 23:12   
ありがとうございます。
よく分かりました。

以前、担当の先生に、7番目の歯も前歯と同じ、ブラケットに出来ないか聞いたことが
あります。その時は、1年以上前で、歯並びもガタガタなときだったのですが、
その時は、前歯と同じ装置では、すぐ取れてしまう(ワイヤーの力に負けてしまうみたいな事を言われたことがあります)

今と、状況はかなり違ってるので、出来るのでしょうか??
実際に見ていただいていないので、ご迷惑な質問をして申し訳ありません。

近いうち、調整に行くので、可能ならば交換してもらいます。

No.685    きっこ   2007年4月19日(木) 13:45   
有難うございます。
幸い、両下の7番目の歯には、冠は被せていないので、ダイレクトボンディングタイプの装置も可能(?)かと思います。
この装置は、バンドはやらないのですよね?今は、6番、7番の歯にバンドが付けてあるのですが、先生の言うダイレクトタイプにするとなると、6番目の歯も7番と同様に
することになるのですか?費用が新たに必要になるのは、避けたいのす。

No.687 きっこさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年4月19日(木) 19:06    HP
お答えします。

ダイレクトボンデインングタイプの装置は、
あなたの前歯についている装置と同じものです。
接着剤で歯に止めます。
7番目だけでも6番目も任意に交換すればよいことです。
10分あればできます、たいした手間ではありません。

このくらいのことで特別な費用の請求はないと思います。

No.684    りえ   2007年4月19日(木) 11:26   
お返事有難うございます。
そうなんですか…実は医者に通っていまして、医者に抜歯しても良いか聞いて
見たところ骨がずれると聞きまして相談させて頂きました。おおげさに
言っていたのでしょうか。でも安心しました。有難うございました。

No.686 りえさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年4月19日(木) 18:58    HP
お答えです。

カリエス等の理由で抜歯をしたままで数年間も放置していて、
咬合が壊れてしまったような病的な場合をさしての発言ではないかと
思われます。
矯正治療前提での抜歯とは全く異なる概念かと存じます。


No.681 歯茎の腫れ   きっこ   2007年4月18日(水) 11:07   
いつも拝見させて頂いています。分かりやすい説明で、皆さんの相談、先生の
アドバイス参考になることが多く、助かっています。
今回は、ご相談にのっていただきたくて書き込みました。

わたしは、装置をつけて2年が経ちます。
1年弱前に、両下の親知らずの抜歯をしました(歯茎に埋まっていました)
その後、今まで、抜いた親知らずの所を度々腫らします。
親知らずが、埋まっていて腫れる程、ひどくはなく、痛みもないのですが、困っています。矯正の先生には、7番目のバンドの所は、歯磨きがやりにくいから、磨き残しを指摘されます。しかし、一般歯科の先生は、親知らずは抜いてるし、普通はありえないと言われます。矯正で歯が動いてるかから、歯周ポケットに細菌が入りやすいのではないかと・・。1度腫れると、すぐ治るときはいいのですが、なかなか治らないときもあり、食事時に腫れた歯茎を噛み、苦痛です。
矯正治療時には、私のように親知らずのあったところの歯茎が腫れることは、よくあることですか?矯正治療は、あと半年ほどで終わりそうなので、それまで腫れないことを願いつつ、我慢するしかないのでしょうか?

No.683 きっこさまへのおこたえ   好田先生から   2007年4月18日(水) 20:24    HP
おこたえします。

長い間のご辛抱、お疲れ様です。
あと少しのご様子のようで、最後までがんばっていただきたいです。

さて、問題はバンドを装着されていることにありそうです。
もし、その歯が金属冠でなければ、ダイレクトボンディングタイプの装置に
変更してもらってはどうでしょうか?
バンドの装置はいろいろと問題が多いので、当院では通常使用しない内容となっています。

もし、金属冠でどうしようもない場合には、
その歯の装置を撤去できないか主治医に頼んでみましょう。
治療が終盤になっていると、その歯の装置がなくても大丈夫なこともあります。
相談なさってみてください。

No.680 抜歯について   りえ   2007年4月17日(火) 15:31   
初めまして。矯正を始めようと思い、こちらのHPで非常に参考にさせて頂いています。
抜歯についてお伺いしたいのですが、抜歯をすると一時的に顎や腰の骨がずれると聞いたことがあるのですが実際にずれることはありますか?日常生活に影響はあるのでしょうか。お忙しいところすみません、宜しくお願いいたします。

No.682 りえさまへのおこたえ   好田先生から   2007年4月18日(水) 20:19    HP
お答えします。

>抜歯をすると一時的に顎や腰の骨がずれると聞いたことがあるのですが

私は聞いたことがありません。
なんら科学的根拠がありません。
また、そのようなことを訴える患者さんに遭遇した経験もありません。


No.676 ありがとうございました★リンガル矯正の舌の痛み   るう   2007年4月12日(木) 20:52   
矯正器具をつけてまだ5日ほどしか経っていなかったのに、
心配で、ついつい初歩的な質問をしてしまいましたが、
丁寧にご回答頂きありがとうございました。

話すたびに、こすれて痛かった舌の側面も、
今は特に問題なく過ごせております。
あんなに痛かったのに、本当に不思議です。

自分で選んだリンガル(ハーフ)矯正なので、前向きに
頑張っていきたいと思います(^^)。
では、掲示板、これからも読ませていただきますね!
ありがとうございました。

No.679 るうさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年4月13日(金) 21:50    HP
がんばってください。

No.677 こんばんは!   ぴこ   2007年4月12日(木) 22:33   
こんばんは、先日はお世話になりました!
またお聞きしたい事があって、投稿させていただきました。
前回相談した抜歯の件は無事に済みました!

しかしまた問題が発生してしまったんです…。
抜歯した次の日位からなんですが、顎全体に違和感を覚えるようになりました。前はこんな癖絶対なかったのに、夜は気がついたら奥歯を思いっきり噛みこんでて朝はそのせいか奥歯が痛いです。そして顎は痛みはないのですが、常にだるいです。喉もすごく渇きますし、常に顎が緊張している気がします。

もしかしたら顎関節症かなと思っておりますが、どうなんでしょう。
ちなみに顎間接は、口をあけたとき昔から片側だけ「コキ」となります。
ですが顎関節症と診断された事はないです。口もちゃんと開きますし、痛みもありません。

矯正治療がきっかけで顎関節症…なんてこと、あるのでしょうか?
またそれは、我慢するしかないのでしょうか?

ちなみに今の状況は

一ヶ月前に、両側の親知らず(埋伏歯)の抜歯手術を受けて、親知らずを抜いた所から今まで出てこれなかった歯が出てきています。
そして二週間前に上だけブラケットを入れ、五日前に矯正のために左上四番を抜歯しました。矯正器具を入れた時から顎はだるかったですが、抜歯してから本格的に顎というか口全体の調子が悪くなりました。

お忙しい所度々申し訳ありませんが、お時間がある時にお返事願います。。

No.678 ぴこさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年4月13日(金) 21:49    HP
お答えします。

矯正治療が始まったばかりですので、いろいろな感覚に慣れないといけないですね。
奥歯は何かの理由で、違和感から夜間にかみしめているのでしょう。
朝になったら筋肉がだるくなるでしょう?
関節にも負担がかかって、いままでなかった症状がでてきています。

あまりに酷いようだったら、主治医にたのんで歯へのストレスが緩和されるような装置を工夫して作ってもらいましょう。
もう少しで慣れてきますのでしばらくは我慢も必要ではないでしょうか?


No.675 ありがとうございます   花子   2007年4月11日(水) 21:50   
ご丁寧にお答えいただき、ありがとうございます。
どうして歯根が半分になってしまったのか…考えても伸びてくれるわけでは
ありませんが、気になっちゃいますね。
ご意見を参考に、検討してみます。
また質問させていただくことがあるかと思いますが、よろしくお願いします。

No.673 迷っています・・・   花子   2007年4月10日(火) 20:12   
はじめまして。ご丁寧なHP、大変参考になります。
昔から八重歯が気になっていて、
歯列矯正をしようかと二箇所の歯科医院に相談に伺ったのですが、
意見が異なり決めかねております。
上の前歯2本(正中もずれています)の歯根が通常の半分ほどしかないらしいのですが、
一つ目の医院では「そんなに大きく動かす歯じゃないから大丈夫。動的期間は1年半〜2年」、二つ目の医院では「やはり心配。抜けることもあり得るので、途中で矯正をやめなくてはいけなる可能性もある。ゆっくり動かす必要があるので動的期間は3〜4年」とのことです。
それぞれの経験、方針等でおっしゃっていることだと思うのですが、
素人ゆえどちらがよいのか判断がつかず、とても迷っています。
やはり歯根の短い歯は矯正中に抜けてしまうこともあるのでしょうか。
歯が抜けるリスクを負ってまで矯正すべきなのかも迷い始めています。
お忙しいところ恐縮ですが、何かご意見いただけたらと思います。
宜しくお願いします。

No.674 花子様へのおこたえ   好田先生から   2007年4月11日(水) 20:44    HP
お答えします。

困ったことになりましたね。
正中からのずれがあるなら、上顎前歯2本は移動させないわけにはいきません。
歯根が半分しかないにはそれなりの理由があったのでしょう。
歯の移動には歯根に負担がかかるので、歯根吸収を加速させることはまちがいないでしょう。
どの程度まで耐えるのかどうか、やってみないないことには誰にもわかりません。
期間は短いほうがいいです。
慎重にことを進めることは大事ですが、長いほうが歯根吸収は増えるとおもいます。
おおまかに治療したら、さっさと切り上げる見切りが必要と思います。
細かなことにこだわらずに、早く仕上げるることがよいと思います。

私の経験では、歯根の短くなった歯は何度かありました。
こわごわ扱いましたが、治療中に抜けたことはありません。
矯正治療後に歯の寿命は短くなることは考えないといけませんが、
治療中に歯が抜けるリスクはないのではないかと思います。



No.670 外科手術 健康保険3割負担→全額負担?   YT   2007年4月4日(水) 19:26   
矯正を始めて3年目にしてこの6月にようやく手術を出来る運びとなりました。実は今日調整しに行ったところ4月1日から健康保険3割負担ではなく全額負担になるみたいなので今度外科手術する病院で3割負担のままで出来るのか確認をとってほしいとの事。矯正する前から3割負担で手術出来ると双方の病院から聞いているのにあんまりです。何とか3割負担でしていただける方法はないのでしょうか?

No.671 YT様へのおこたえ   好田先生から   2007年4月4日(水) 21:15    HP
お答えします。

外科的矯正治療を行う場合の矯正歯科治療には保険適応されています。
しかし、不正な使用が多数ありこれがあとをたたないために、
日本矯正歯科学会と厚労省が適応の厳正化に乗り出しました。

まず、矯正歯科の保険適応には”顎口腔機能診断”という施設基準をクリアーする必要があります。
その要件に2種類の器具を購入して準備しないといけません。
従来より、”これとこれで通過するよ”という器具(数十万円)があって、
みなそれを購入して診断に利用していました。

ところが、この3月に学会が、その器具の認定を急に厳しくすることを発表しました。
厚労省と話し合いをした上でそうなった、と発表しています。
(日本矯正歯科学会のHPをご覧ください。)
従来の器具をすべて否定して、”この種の機種でないといけない”と定めました。
この新たに定められた機種が、とてつもなく高額なもので(数百万円)、
開業医が簡単に購入できるものではないのです。

私は、昨年末に”顎口腔機能診断”の施設基準を、従来の装置で取得していました。
大阪府の行政の担当者に意見を聞くと、”まだ何もきいていない”。
しかし、”厚労省から通達があれば、施設基準の申請の出しなおしをしてもらうこともあるだろう。”と聞かされました。

すなわち、今度は新たな機種で施設基準を取り直すか、施設基準を返上するかのどちらかを選択しないといけないようです。
あなたの主治医の先生も同じようなお立場にあるのでしょう。
きっよ、すごく困っておられると思います。

私のほうは、外科矯正を保険でしている患者さんは今のところ誰もいないので、実際的には何の実害も発生していません。
しかし、現在治療中の方はどうなるのか?
学会は何の答えもしてはいません。

保険治療を途中で中止すると、今までの治療費全部を保険支払い基金に返還しないといけないことも書いてありました。
この件では、大きな混乱が生じると思います。
現在治療中の方は、大学病院等に転医することで救済されるのではないかと思います。

もし、今の主治医に通いたい場合には、治療費を保険支払い基金に返還の上、
自費の費用を矯正歯科に支払わないといけません。
おまけに、手術はすべて自費となります。
手術は50万円前後です。

急に基準を変更されるととても困ります。
今回は歯科医師会はなんら関係していませんので、歯科医側には不利な判定がなされそうです。
学会は、国立大学の教授が相対的に力を持っていますので、
公務員である以上厚労省側の見解にたってものを見ます。
あなたには不利な結果になると思います。





No.669 ありがとうございました   京極   2007年4月3日(火) 23:10   
分かりやすく一つ一つ解説していただき、とても参考になりました。
これからも多くの患者さんの笑顔を作って下さい。
本当にありがとうございました。

No.666 痛い顎での咀嚼運動   京極   2007年4月3日(火) 3:21   
ありがとうございました。大変参考になりました。
治す方法はないのですね。。
それでは治す方法がないのに、顎関節症を治すために
歯を削って咬合治療をしたり矯正したりすることは
基本的に間違っていると考えて良いでしょうか?

また、片側の顎が痛い場合、食事をするときは咬筋をバランスよく使うために
多少無理をしてでも、痛いほうの歯でも咀嚼をした方が良いのでしょうか?

度々すみません。宜しくお願いいたします。

No.668 京極殿へのおこたえ2   好田先生から   2007年4月3日(火) 20:51    HP
お答えします。

顎関節症の根本的な治療方法はありませんが、対称療法的な治療方法はあります。
歯を削るのも一時的には効果が上がることもありますので、全否定ではありません。
ただし、矯正治療によって顎関節症を治療することはほとんど不可能でしょう。
むしろ、矯正治療中に顎関節症状が出たりすることもあります。
私の場合、顎関節症の治療目的とした矯正治療はすすめていません。

関節が痛いときには、痛い側で咬んだ方がうまくゆくように思います。
普通は健康側で咬もうしますが、そのほうが痛い関節に負担が大きくなります。
痛い側で静かに咬んだ方が、痛い関節には負担はすくなくなります。


No.667 有難うございました!   ぴこ   2007年4月3日(火) 10:10   
お早い解答ありがとうございました。
安心して抜歯に望む事ができます。(怖いですが…)
最後まで頑張ります。また何かあったら質問させてください。
本当にありがとうございました^^

No.663 顎関節症?   京極   2007年4月2日(月) 18:43   
現在、28歳で某院にて矯正治療3年目(継続中)なのですが
最近、右の顎関節に違和感がでて食事をする時に少し痛むようになりました。
右の顎を手で少しだけ内側に力を加えながら、咀嚼すると痛みが軽減されるようなのですが
このような行為はしても構わないものなのでしょうか?
ものすごく痛いというわけではないのですが、この先どんどん悪くならないか心配です。
また悪化を防ぐためのセルフケアみたいなものがあればご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

No.665 京極殿へのおこたえ   好田先生から   2007年4月2日(月) 22:38    HP
お答えします。

顎関節症のようですね。
でも、そんなに心配しないでください。
なんとなく悪くなったものは、なんとなく治ってゆきます。
心配しすぎや仕事等のストレスが引きおこす要因もおおきですので、
ストレスのコントロールも別にお考えください。

さて、関節頭(下あごの関節の動いている根元の部分)を内側におすと
うまく機能する。
すなわち、その側の関節の外側にある外側靱帯がゆるんでいるのでしょう。
同時に、その側の関節円板が前下内方にずれてきていることも同時にあるでしょう。
これが現状であろうと推測されます。

MRIや関節の断層レントゲンを撮影すると、関節円板がなんらかのずれを生じていることは明らかになります。
しかし、どうして関節円板がずれてきているのか、またどのようしたら円板のずれたものが元に復位できるのか、
方法はまったくわかっていません。
治す事もできないのです。

投薬をしてもらってもいいですが、何もしないでも1か月程度で症状はおさまります。
これから何度か再発するかもしれません。
しかし、勝手に治って行きます。

これから10年程度すれば、ひどい症状はでなくなってくるでしょう。
でも、治ったわけではありません。
さきほどの関節円板のずれがさらに進んで、かえって何も悪さをしなくなるのです。
症状としては一段すすむことになりますが、逆に日常は使いやすくなります。
そのような性格のものとお考えください。
これは人類の進歩というか退化というか、説明のつかないことで治療の方法が現状ではございません。

セルフケアとしては、関節を外からおさえて動きやすくするのも方法ですし
あったかいタオルであっためるのも気持ちがいいとお思います。
姿勢を正しく、顎を前に突き出さないようにすることも必要です。
背筋力が衰えないように少しの筋トレもいりますね。
目が悪いなら、視力の矯正は積極的にしないと、PCの画面を見ると首筋が疲れて、
関節症状が出てきやすいです。
首筋のストレッチングも定時的にしたほうがいいですね。




No.662 ブラケットの素材   八重歯   2007年4月2日(月) 13:51   
裏側のSTBリンガル装置で矯正を考えていますが、金属アレルギーがあります。血液検査で反応のある金属を調べたいのですが、ブラケットはどんな金属が使われているのでしょうか?

No.664 八重歯様へのおこたえ   好田先生から   2007年4月2日(月) 22:22    HP
お答えです。

金属アレルギーとは困ったことですね。
ひどい方は矯正ができないこともありえますね。
(私の経験では、それほどの方には出会わなかったです。)
装置はステンレス製が普通です。
鉄を主成分として、18%のルロム、8%ニッケルが混合されて耐腐食性が与えられています。
これに加えてごく微量の不純物としてさまざまな金属が含まれています。

一般的にいちばんアレルギーの原因となるものはニッケルです。
しかし、上記の微量の不純物が原因となることもあります。
この微量の不純物は特定ができないです。
したがって、何がアレルギーを起こすのかは見極めが難しいです。

口の中は、ピアスのように完全に体内に入るのとはちがって、
消化管の一部なので完全な体内とは違うようです。

血液検査や皮膚のパッチテストもいいですが、
その装置そのものをためしに付けてみるのもよいと思います。
また、装置意外にも各種の金属ワイヤー製品をすべて試してみるべきと思います。
金属ワイヤーのなかでもっともポピュラーなもののうちには、ニッケルとチタンを使っているものがあります。
このような商品もチエックが必要になるでしょう。

十分に慎重にことをお運びください。
歯を抜いたりするのは、完全に安全が確認された上で行ってください。


No.660 始めまして!質問させてください。   ぴこ   2007年4月1日(日) 21:38   
こんばんは、始めまして!お忙しい所失礼します。質問させてください。
私は三日前程から矯正装置が入り、一週間後に上の四番を二本抜歯すると言われました。そこで質問なのですが、抜歯した後って、腫れたり痛んだりするのでしょうか?親知らずを抜いて腫れるのは知っていますが、他の歯はどうなのか分からないので不安です。何故かというと…抜歯予定の二日後が大学の入学式、更にその次の日から合宿なんです。腫れたり、痛んだりしたら困るのです。。抜いた場所が目立ってしまうのではないかという不安もあります…。
初歩的な質問で申し訳ないですが、お答えをいただけると嬉しいです。

No.661 ぴこさまへのおこたえ   好田先生から   2007年4月1日(日) 23:06    HP
お答えします。

治療開始おめでとうございます。
これで終わったも同然です。
最後まで希望を持ってがんばりましょう。
さて、小臼歯の抜歯ですはさほど大きな問題にはならないのが普通です。
智歯(親知らず)の抜歯は、腫れることが多いですが、小臼歯ではそのようなことにはなりません。
ご安心ください。