[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.963    ゆり   2007年12月23日(日) 1:16   
すごくわかりやすい説明をありがとうございました。
抜歯をするならば、親知らずが生えてくることを願いたいです…。

担当の先生と話してみます。
ありがとうございました。

No.964 ゆり さまへのお答え3   好田先生から    2007年12月23日(日) 23:21    HP
お疲れさまでした。

No.961    ゆり   2007年12月21日(金) 8:15   
お返事ありがとうございます。

歯を抜いたほうが効果的なんですね。
主治医の方にも、「第一臼歯を抜くのは親知らずが生えていることが前提だ」と言われました。ただ、私は親知らずが左側は生えていますが、右側がまだ生えてきていない状況です。もし抜歯をするとすれば、このような状態でも抜いてしまって大丈夫なのでしょうか?
きれいな歯並びにしたいのですが、6本も抜いてしまって、将来体に何か影響がないか・・・だけがなんだか心配です。
歯を削るのか抜くのか・・・かなり迷います。。。
あとは期間も問題ですよね。
もう少し、考えてみようと思います。

No.962 ゆり さまへのお答え2   好田先生から    2007年12月22日(土) 23:34    HP
お答えします。

>第一臼歯を抜くのは親知らずが生えていることが前提だ」と言われました。

確かにその通りです。そのほうが診断の正確性が高まります。
親知らずが骨の中にあって、レントゲンでのみ大きさや形を判断するのは完全な診断にならないです。
あなたの場合、右側はその判断が難しくなります。
レントゲンでのみ判断して、第二大臼歯や第一大臼歯を抜歯する場合もあります。
すこし”賭け”をすることになってしまいます。

別の方法として、親知らずを抜いて第一第二大臼歯を後ろに動かす方法もあります。
これが一番難しい移動様式となります。
いまから1年以上2年程度を覚悟するなら、その診断もありえると思います。

抜歯を本数は多くはなりますが、きっちりと治療すれば問題はありません。

まあ、主治医とよくご相談してくださいね。

No.959 はじめまして。   ゆり   2007年12月19日(水) 10:15   
はじめまして。
インターネット検索でこのHPを見つけ、拝見させていただきました。
少し悩んでいるので聞いてください。
わたしは、今矯正治療1年8か月目です。
歯並びががたがたで少し歯が前に出ていたのを治したいと思い、矯正を開始しました。
私の場合、顎が小さいのに歯が大きいので、上は前から4番目、下は前から5番目の歯を計4本を抜歯しました。
そして、矯正1年6か月前後の時に、「ミニスクリューを歯茎に埋め込み、歯を削ってもう少し歯を奥に並べない?」と、担当の先生から提案があったのですが、歯を削るのはとても怖く、その治療計画はお断りしました。
先月、装置がとれるここととなり、装置を外したのですが、歯並びはきれいになっても、前歯4本の噛み合わせが深く、横から見ると歯はまっすぐで出っ歯ではないのですが、笑うと正面は唇から歯が少し出ているような印象を受け、翌日にもう一度矯正歯科に行きました。
そこで、歯を削る覚悟を決めて、「噛み合わせが深いのを治したいから治療を続けたい。」と伝えました。
そして、上の歯の左右4番目と5番目の間にミニスクリューを1本ずつ埋め込み、正面の左右1番目の歯の間に1本ミニスクリューを埋め込みました。先生は、「前から左右3番目の歯から2番目、1番目と様子を見ながら歯を削り、全体的に歯並びを下げていく。また、噛み合わせが深いのを治すために、正面に埋めたミニスクリューを使って歯を上に移動させる。」という計画を立ててくれました。
しかし、私は今大学3回生で、春からは就職活動が待っています。できれば、今年の3月末までに矯正治療を終わらせたいということも伝えました。「多少期間が短い(約4か月)が、今まで4週間に1度の通院を3週間に1度にして、できるところまで治療をしましょう。間に合わなければ、この取り外しできる装置(と言って、歯型が透明なリテーナー?アクア…なんとか?)をつけて治療をすることが可能です。」と提案してくれました。
私は、その計画で治療を続けようと思ったのですが、昨日ミニスクリューをつけてから初めて治療に行った際、「第一臼歯を抜けば、削るよりもっと歯はたくさん後ろに下がるよ(つまり計6本歯を抜く)」と言われました。先生は、審美目的で6本抜く人もいる。と言っていましたが、あくまでも健康な歯を抜くわけで・・・それは大丈夫なのかな?と思いました。
ただ、歯を抜くと治療は3月末までには終わりません。しかし、高額なお金を払っている分、きれいな歯並び、口元にしたいです。
・上の歯左右3〜1番目を削ったとすれば、平均何mmくらい後ろに歯が下がるのでしょうか?歯を抜くのとは下がり具合がどの程度違うのでしょうか?
・歯は計6本も抜いても、大丈夫なのでしょうか?(あまりこの治療法はしたくありません・・・)
・また、前歯を上に上げるだけでは噛み合わせは浅くならないのでしょうか?
長々と書いてしまい、質問も多く申し訳ありません。

矯正担当の先生を信じて治療を続けていますが、同じような悩みで矯正治療をしている友人もおらず、相談させていただきました。
よろしければ、お返事お願いします。

No.960 ゆり さまへのお答え   好田先生から   2007年12月20日(木) 17:16    HP
お答えします。

せっかく装置がとれたのに、治療結果にご満足がゆかず
残念なことになりましたね。
主治医はこれで終了です、と言っているわけではなく、
なんとかしようと言ってくれているので、それが救いでしょうか・・・。

さて、

>歯を抜くのとは下がり具合がどの程度違うのでしょうか?

全然違いますね。追加の抜歯をした方が効果的です。
ただし、これから装置を作り直すわけなので、1年以上の時間をみておかないといけないでしょう。

>歯は計6本も抜いても、大丈夫なのでしょうか?

そのような奥の手があります。
ただし、大臼歯を抜歯する場合は第三大臼歯(親知らず)が使えることが前提です。
第三大臼歯のない人にはできないオプシォンです。
私も時々使う方法です。

>前歯を上に上げるだけでは噛み合わせは浅くならないのでしょうか?

前歯を上にあげると、噛みあわせは浅くなります。
ただし、前歯の先端は前に出てしまう傾向があります。
つまり、前歯が傾斜して出てくるということです。

以上、お答えします。
がんばってくださいね。



No.956 ありがとうございました   なな   2007年12月10日(月) 1:28   
好田先生

詳しい説明、ありがとうございました。

訂正です
>3件目か4件目の安さと速さに飛びつくところでした。
  →2件目か3件目の間違いでした。

私は歯を真ん中に寄せるもんだとばかり考えていたので、
大変参考になりました。
矯正って、綿密な計画でやっていくものなのですね。
ものの1分で診断できるはずがありませんね。
2件目の先生はものの1分でした。
ワイヤーのワの字も出ず、素手でお口を見てました。
後戻りは・・・?の質問には
「戻りそうな時に完成形のマウスピースつければ大丈夫」と・・・。
さすがに知識のない私でもどうかと思いました。

2件目、3件目はなかったものとして、もう一件矯正専門医院に行って考えてみます。
お忙しい中、お時間とっていただきありがとうございました。

P.S. 画像削除は大変、との過去のコメント見逃していました。申し訳ありませんでした。

No.957 なな様へのおこたえ3   好田先生から    2007年12月10日(月) 19:09    HP
お疲れさまでした。

アクアシステムについて解説しておきます。
よくにたものにインビザラインというものもあります。
従来型の矯正装置を歯につけないで、硬質のゴムの歯を外から覆うような
いわゆる”マウスピース”型の装置になります。
取りはずし式装置です。

歯の模型で任意に手で歯を少し動かせて模型を仕上げます。
その模型に合わせて硬質ゴムを圧接して装置を作ります。
口に装置を入れます。
歯は模型の上で作ったように移動します。
2−3カ月して、同じ操作を繰り返してゆきます。

適応できる症例はごく簡単な症例に限られます。
従来型の装置を付けることができない人にのみ使える方法です。
決して、第一選択として用いる装置ではありません。

以上でございます。
よりよい矯正歯科専門医の先生に巡り合われて、
ご納得ゆく治療をお受けください。

 

No.954 MTM矯正について   なな   2007年12月8日(土) 1:45   
好田先生

とてもわかりやすく、丁寧な回答、ありがとうございました。
よく調べたら、4件目の先生は、最近設定された「専門医」のひとりである事がわかりました。4件目に行かなかったら、好田先生の回答がなかったら、
3件目か4件目の安さと速さに飛びつくところでした。
本当にありがとうございます。

画像を添付してみましたが、できれば写真の掲載は消していただけるとありがたいです。
うまく写真を撮れず、少し顎が上向き加減になっています。

治療例の写真と比べると、やっぱりかみ合わせが深い気がします・・。
MTMは無理そうでしょうか。

そこでまた質問させてください。

@治療例の方はどのくらいで治療後の状態になりましたか?

Aもし、MTMができるとしたら、矯正部と矯正していない部分の境目に、新たに隙間ができる事はありますか?
 隙間ができた場合、処置はどうなるのでしょうか?(3案ではその分被せ物とのことでしたが)

それにしても、一般歯科と矯正歯科の診断・カウンセリング内容が、
余りにも差がありすぎて驚いています。

No.955 なな様へのおこたえ2   好田先生から    2007年12月9日(日) 11:28    HP
お答えします。

前歯の上下的噛みあわせは、”やや深い”という程度なので、
上のみのMTMでも可能性があります。
しかし、先の回答でも書きましたように、
上の前歯を上にあげてかみ合わせを浅くしないと、間違いなく後戻りしてしまいます。
奥歯の上下的、前後的な噛みあわせは、さほどに悪いようには見えないです。
その点でもMTMは考慮の対象になると思われます。

治療の装置ですが、上の前歯の犬歯から犬歯の6本と左右第一大臼歯に装置をつけるべきでしょう。
装置を付けた歯とつけなかった歯の境目には、段差は付きにくい装置構成です。
前歯を4本にすると、犬歯との間に段差が付きやすいです。
また、前歯を上にあげることを何度も申しあげていますが、
その点でも前歯6本の方がコントロールしやすいですね。
(この辺は主治医の腕の問題です。)
(私の場合なら、隙間が生じるなんてアホらしことはあり得ないですね。)

治療の期間ですが、こちらの治療例は3−6か月程度だったと思います。
動かすのはその程度の期間ですが、装置をそのまま残して3カ月程度様子を見ていたと思います。
動かす期間が短いと、後戻りがしやすい傾向があるので慎重にかまえてそのようにしています。
(これは、装置を外したあとの保定の期間とは違います。)

治療期間は短い方が良いのに決まっていますが、わずか数カ月のことで後戻りしてしまっては治療の意味がありません。
治療を終えても何年もその治療結果がしっかりと維持されることが一番大事なことです。
矯正歯科の専門医が、一番考えるのはそのことです。
4番目の矯正専門医は、さすがに”日本矯正歯科学会専門医”だけのことはあります。
まっとうなことを言っていると思います。
ただ、もう少しあなたよりに物事を考えてくれるかどうか、その点だけですね。

>それにしても、一般歯科と矯正歯科の診断・カウンセリング内容が、
>余りにも差がありすぎて驚いています。

全くその通りです。
私が受けた大学卒業後教育に中では、”矯正は請負仕事である”という精神が貫かれていました。
つまり、”しっかり治して、しっかり維持させて、仕事が完了、お金がいただける”ということです。
ところが、法律的には医療というものは請負契約ではなく準委任契約となっていて、
つまり、”努力しましたが治りませんでした”ということでも責任が問われずに、許されてしまうのです。
たとえばがんの治療を考えてください。
請負契約なら、だれも引き受ける先生はなくなります。
100%確実に治るわけではないからです。

がんは仕方がないかもしれません。
しかし、矯正の治療にこのことを当てはめると、
”装置を付けましたが治りませんでした”または、
”動かしましたが後戻りしました”が許されてしまうのです。
この考えを医師が悪用しているようにも思えます。
それでよいのでしょうか?
2件目、3件目はその疑いが濃いのではないでしょうか?
もう少し、請負契約の精神できっちりと仕事をするという考えが必要と思います。

保険診療は出来高払いになっています。
ある処置をすれば、保険請求で何点でいくらかの売り上げが確定します。
たとえ治らなくても、上記の準委任契約の考え方で、処置した内容に結果が悪いからと言って返金はありえません。

その環境と考え方に慣れきった歯科医師(普通の歯科医師)が、矯正をするとどう考えるか?
”この装置をつけるといくかお金がもらえるか?”
そのことを一番に考えることになってしまいます。
治療結果のレベルや安定性には考慮をされない可能性が高くなるのはあたりまえです。

これが日本の矯正の現状です。
そこで、日本矯正歯科学会は、医師を差別しようとしています。
腕をもった医師とそうでないものをはっきりと差別化して、
患者さんが困ったことにならないようにするためです。
(当然、日本歯科医師会は反対しています。)
あなたが、学会の専門医制度に気がつかれたことはとても良かったと思います。





No.952 前歯の隙間の矯正   なな   2007年12月6日(木) 21:37   
はじめまして。検索でここの掲示板にたどり着きました。
矯正を考え始めてからネットで情報を集めていますが
情報が多すぎて、何が正しいのかわからなくなっています。

私の場合、気になるところは前歯の隙間のみです。
食べたり話したりに不自由はなく、見た目だけを気にしてます。
矯正相談に行きましたが、かみ合わせ、歯並び全体はほぼ問題なし。
隙間があるのは正中に3mm位、右2番と3番の間に少しです。
4件矯正に行った結果、

1件目:一般歯科にて、矯正医による相談
    多少かみ合わせが深い、精密検査後、上下ワイヤーが必要か判断す     る。とのこと。舌癖などの説明もありました。期間は1年〜1年半

2件目:おそらく一般歯科医による相談
    上唇小帯を切って、アクアシステムを上顎にのみ装着で、3〜4ヵ     月。とだけ説明があり、かみ合わせの話はなし

3件目:一般歯科にて、一般歯科医による相談
    アクアシステムも可能だが、奥歯のかみ合わせは問題がなさそうなの    で、前4〜6本のみワイヤーをかけて、それに伴い5本目位(外から見    えにくい位置)にできる隙間のところに何か被せる?ような提案

4件目:矯正歯科にて、矯正歯科医による相談。
    1件目とほぼ同じような診断でした。
    アクアシステムはかなりお勧めできない、2件目、3件目の話を聞い    て絶句していたようです。上唇小帯も切っても切らなくても一緒・・と    のこと。やるならば、上下ワイヤーをお勧めする感じでした。

そこで質問です。
3件目の部分矯正的な話を聞いて、MTMというのを知りました。
すきっ歯にはよく用いられる方法なのでしょうか?
私が気になるのは前歯のみなので、せっかく今かみ合っている奥歯を、前歯のために動かすのはもったいないのではないか?と思います。(費用もかかりますし・・)
そう考えるとMTMに魅かれるのですが。。。被せ物っていうのが気にかかる点です。MTMのデメリットなどあれば教えていただきたいです。

それと、かみ合わせが深いとなにか問題があるのでしょうか?出っ歯ではないようです。

精密検査も高額なので、どこで検査を受けたらよいものか迷っています。



No.953 ななさまへのおこたえ   好田先生から   2007年12月6日(木) 23:10    HP
お答えします。







順を追って解説してまいります。最後までお読みください。
上の前歯のみにある空隙が問題の主題ですね。

2と3案は全くの問題外です。
検討に値しません、おそらく数年後に後戻りすると思われます。
後悔されることになるでしょう。

1と4案は現実的でまともでオーソドックスな治療のやり方ですね。
結果もオーソドックスな結果が得られて、教科書的な内容になるでしょう。
後戻りも少なくて後悔がないと思います。
治療の条件は、4案がベストと思われます。

ご指摘のMTMですが、これも条件が適応すればとても良い選択になります。
奥歯にほんとうに問題がないのなら、MTMのメリットはご指摘のとおりです。

MTMの治療例を掲載します。
上の前歯に2mm程度の隙間があります。
(右が治療前 左が治療後)
治療後と比較してみてください。
かみ合わせを浅くしてあるのがご理解いただけますか?
前歯の噛みあわせが深いままで治療を終えると、後戻りをして隙間があいてくる可能性が高いのです。
上顎のみのMTMで、前歯のかみ合わせの深いという問題をすべて解決するのは難しいことがあります。
そのような場合は、下顎にも奥歯にも装置をつけないといけません。
奥歯のかみ合わせに全く問題がなくても、深い前歯のかみ合わせの解決には
歯列全体に装置が必要になります。
ここで手を抜くと、問題が全く解決されないこともあります。

その点で、4案は慎重な意見でとても信頼感が持てました。
1案も4案と同じですが、矯正専門医院ではないのでドクターの技術や経験に
不安が残ります。
この掲示板でも、同じような条件でのトラブルが寄せられています。
4案の専門医でMTMはできないかどうかをお尋ねになればよろしいかと存じます。
この掲示板にお写真をお送りになっても結構です。


No.950 ご回答どうもありがとうございました   MONMON   2007年12月3日(月) 13:16   
好田先生、

お忙しい中、早急にご回答くださりどうもありがとうございました。
矯正を始めたばかりで、分からないことばかりで不安でしたが、もうすこし様子を見てみよう、という気持ちになれました。
丁寧に親身に相談に乗ってくださり、本当にありがとうございました。

1日目から奥歯のワイヤーが外れてしまったりして、先行きが不安ですが、月曜日、直してもらいに行ってきます。

歯を高くする理由ですが、八重歯が入るスペースがないため、そのスペースを作るためにかみ合わせできないようにするとか、そんな説明があったそうです。
高くしないで直す方法があるのならそちらがいいなぁ、と思うのですが、だんなさんが今の方法で納得しているようなので、彼の判断に任せようと思います。


No.951 MONMONさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年12月3日(月) 19:04    HP
最初はいろいろとあるとは思いますが、がんばってください。

No.948 奥歯を高くする   MONMON   2007年12月1日(土) 10:33   
はじめまして。
だんなさん(28歳)が2日ほど前から、Demon Systemというワイヤーのブレースをつけての矯正をはじめました。

そこで質問なのですが、
かみ合わせを調節するため、という理由で詰め物のようなものを足し下の奥歯左右それぞれ2本の高さを高くしています。奥歯しかかみ合わず、あとは浮いた感じになっています。
かみ合わせを直すために、この奥歯を上げる方法は普通なのでしょうか?
それともこんなことをしなくてもかみ合わせを直すことはできるのでしょうか?

あと、ひとつ心配していることが、奥歯の高さをあげるためにつけているこの詰め物のようなものは、歯を傷つけることなく取れるのでしょうか?

だんなさんの歯はとても健康で、八重歯が1本ある以外は、本当にきれいです。ですので、八重歯ひとつで、他の歯をいためてしまうのではないか?と不安ですし、またきちんとご飯をよく噛んで食べられないため、健康を害してしまわないか、また、体力がおちてしまうんじゃないか?と心配しています。

奥の歯の高さを上げるという不便な方法に不安を感じるので、他の方法に代えたほうがよいのか?と考えています。
アドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

No.949 MONMONさまへのおこたえ   好田先生から   2007年12月2日(日) 9:47    HP
お答えします。

治療開始おめでとうございます。
最初はご不自由があるかもしれませんが、がんばってください。

>かみ合わせを直すために、この奥歯を上げる方法は普通なのでしょうか?

そのような方法があることは事実でございます。
使用の目的は明らかではありませんが、あるにはあります。
装置を付けたばかりのところで、臼歯をあげるのは少し苦しいかもしれません。
装置に慣れてから、期間をおいてからだったらもっと慣れやすかったかもしれません。

>それともこんなことをしなくてもかみ合わせを直すことはできるのでしょうか?

私は一切使用しない方法です。
どのような目的で使用されているのかは、主治医のみが知る内容です。
主治医にご質問されるべきですね。

>歯を傷つけることなく取れるのでしょうか?

まあ、丁寧に行えばそれほど大きな問題はないと思います。
その点でのご心配はいらないでしょう。

>奥の歯の高さを上げるという不便な方法に不安を感じるので、
>他の方法に代えたほうがよいのか?

当該の奥歯のみを高くして、その他の歯が全く咬合しないようにするわけなので、
食事はすごく困ると思います。
それはよく理解できます。
しかし、主治医のお考えもあることですので、1か月ほど様子を見られてはどうでしょうか?
慣れれば問題なくお食事もできるようになるかもしれません。