[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.535 ありがとうございました   おばはん   2007年1月27日(土) 15:54   
あたたかいお言葉ありがとうございました。
一年近く、矯正を始めることを目標に、歯周病を治すことだけ考えてがんばってきたようなかんじです。でも、歯磨きをどんなにがんばっても、歯ブラシがあたりにくい奥歯は当初思い描いていたようには良くならず、時間ばかりたっていくようでした。
先生のご回答を読んでまた「がんばるぞ!」という元気がわいてきました。
ありがとうございました。是非先生に見てもらいたいのですが、実はアメリカ在住で、それはかないません。こちらでは日本語を話す歯医者は近所に数えるほどしかなく、患者が医者を選べるような状況ではありません。主治医は好田先生のように患者第一で治療に熱心なタイプではなさそうに見え、100パーセントの信用をおくことができなかったので、先生の意見を聞くことができてホッとしています。
お忙しい中このようなホームページを維持していただきありがとうございます。

No.537 おばさまへのおこたえ3   好田先生から   2007年1月27日(土) 23:49    HP
英語もがんばって!


No.534 ありがとうございます   おか   2007年1月27日(土) 10:09   
丁寧なご回答ありがとうございました!

掲示板で話題になっている非抜歯矯正ではなかったのですね。
安心しました!前向きに検討したいと思います。
その際は是非よろしくお願いいたします。

No.536 おか 様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月27日(土) 23:47    HP
まあ、ごゆっくりお考え下さい。


No.530 ご回答ありがとうございました   おばはん   2007年1月26日(金) 2:24   
もちろん矯正は専門の先生のところで行うつもりです。一般歯科と矯正を兼ねているとわざわざ書いたのは、主治医が多少なりとも矯正のことを知っている上でおっしゃっているというのをわかっていただきたかったからです。ご心配ありがとうございました。
改めてお聞きしたいのですが、先生のところに矯正相談にいらした患者さんは、虫歯や歯周病のチェックは先生のところでするのですか?それとも一般歯科に行ってもらって、虫歯はもちろんのこと、歯周病がないと分かってから矯正に進むのですか?
それともうひとつ、41歳で矯正をすることに伴うリスクにはどんなものがあるのでしょうか?

No.533 おばさまへのおこたえ2   好田先生から   2007年1月27日(土) 8:59    HP
お答えします。
41歳で”おばはん”ですか?
そんなことは全然思わないですね。
いつまでも若々しくあっていただきたいです。

41歳だからなにかリスクがあるということはありません。
年齢はさほどに気になさることはございません。
20才でも40才でも矯正治療は中身は何も変わりません。
問題は歯周病です。

当院での歯周病のチェックは、レントゲンで重度のものを調べています。
軽度のものは矯正をしながら平行ですすめます。
歯周病は歯科の主治医にお任せします。
そのほうが二重のチエックが働いてよいと思います。

あなたの場合は、全体としてポケットは深くなさそうです。
一部で深いだけなら、そこに気をつけながら矯正を始めてよいと思います。
矯正が進めば歯並びがよくなるので、歯周病のケアにもプラスの部分も出てきます。
そのように良いこともありますよ。

リスクばかり気にしていては何もできないですよ。
おそらく何年も歯並びを気にしておられたと思います。
恐れず思い切ってリスクも取ることで、良い歯並びが得られます。
さあ、がんばって矯正治療にのぞんで下さい!

No.529 治療についてのご質問   はな   2007年1月26日(金) 0:25   
 ご質問させていただきたく、メール致します。
 現在、他院で矯正治療を開始して、2年5ヶ月( 契約書記載の治療期間は2年でした。)が経過しており、来月装置をはずすと言われました。
 しかし、@奥歯から前歯まで、噛みあわせがうまくいっていないこと
     A歯が前後に位置している部分があり、このままでは歯磨きがうまくでき      なくなること

を、相談したところ、当院ではこれで治療が終わるのでとしか言っていただけなくて、何かを質問しても、いつも言葉をにごされてしまい、せっかくはじめた治療がこれで終わることに不安を感じ、困っています。噛みあわせが合わないためか、顎が痛いため、何とかしたいと思い、転院を考えています。
 最初の検査のときに、耳の中を固定し、頭蓋骨全体のレントゲンを撮ったのですが、耳の中に入れていたものがはずれたまま撮影されてしまっていたらしく、もう一度撮り直さないままになっていることと、歯磨きのときに、奥歯の位置が、歯一本分ほど前に来ていることが気になっています。
 転居等による転院の際、装置はこのままでも良いのでしょうか、また費用の追加はどのようになるのでしょうか。装置は、stbです。宜しくお願いします。 

No.532 はな 様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月27日(土) 8:44    HP
お答えします。

せっかくの治療が残念なことになりましたね。
stbというからには舌側矯正ですね。
舌側矯正は難しい部分があって、普通の外側矯正に比べると治療効果が劣るとされています。
実際、治療の技術は難しくご指摘の通りの結果になってしまうことも珍しいことではありません。
そういう事実があることを最初の段階でお聞きになっていたのでしょうか?
それを承知で治療開始に至ったということなら、あまり強くいえないですね。

治療期間が2.5年なら舌側矯正としては決して長いというわけではなく、
主治医が
もう少しがんばればよくなるのではないかと感じます。
しかし、主治医がやる気がなさそうなのでいくら言っても仕方がないかもしれません。

レントゲンのことでも最初から細かなことに気を配っている気配はなかったようですね。
そのことが最初からわかっていればねえ・・・・・。

>奥歯の位置が、歯一本分ほど前に来ていることが気になっています。

これちょっとわからないです。
左右で非対称ですか?

>転居等による転院の際・・・・・・

ご転居ですか?
転医ご希望ですか?
装置をそのままで使って継続するのか、新たに装置を作り直すのか、
このままで終了するのか。
選択はいくつかあります。
これは現状の問題点をどの程度改善するか、どのようにして改善するか。
ということで今後のことが決まりそうです。
セカンドオピニオンをお受けになりたいなら、セカンドオピニオン外来をご希望下さい。
簡易診断でその場でどうするか決定します。

舌側に限らず矯正治療がうまくゆかない場合で転医されて来られた場合、
装置を作り直すことで簡単に問題が改善されることが多いです。
これは装置の作り方、装置の位置決め等に問題の原因があるからです。

No.528 ご親切なカウンセリングありがとうございました   おか   2007年1月26日(金) 0:11   
24日16時頃に、上の前歯2本が出っ歯で、相談に伺ったものです。
自分の要求ばかりで、よく理解していない私に詳しく説明していただき、本当にありがとうございました!

非抜歯による矯正が可能とおっしゃっていただいたのですが、
歯周病、後戻り、歯列拡大による障害など、この掲示板を見ると非抜歯に対して不安になってしまいました。
(お伺いする前に掲示板を見ておらず、申し訳ございません)

もし覚えていただいているなら、
@私の出っ歯の具合で非抜歯矯正する場合のリスクを教えていただけませんでしょうか?
A上前歯だけ部分矯正して、逆に受け口になってしまわないでしょうか?

相談の時間を設けていただいたのに、こんな形で質問させていただいて本当にすみません。よろしければで結構です。よろしくお願いいたします。

No.531 おか 様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月26日(金) 22:30   
先日はお疲れ様でした。
ご満足ゆくお答えができたでしょうか?
さて、お答えします。

>非抜歯による矯正が可能と・・・・

いわゆる非抜歯治療とはちがいます。
いわゆる非抜歯治療とは、本来抜歯が適切な症例に無理やりに抜かないで
非抜歯を行う治療方法のことです。

あなたの場合は、抜歯の必要のない症例ですので、
抜く必要なく治療ができる、とお答えしました。
抜歯をしないで前歯を配列する少しだけ前歯が出るときがあります。
(これは現在の凸凹の量に関係します)
その時には、ストリッピングといって歯と歯の間を少し削ってすき間をあけて、
そのすき間を詰めることで、出た前歯を元にもどすことができます。
歯を削ることに抵抗感のある方はしないほうがいいかもしれません。
これは、あなたの自由な意思でお決めいただいて結構です。

上の前歯に凸凹が多量にあった場合には、最初から小臼歯等を2本抜歯する方法をお薦めします。
そのときは下の小臼歯2本も抜歯しないといけません。
あわせて4本となります。
あなたは抜歯をするほどではなかったと記憶しています。
だから上のみのMTM で可能と判断しています。

これだけ常より抜歯治療をすすめて来ている人間が、抜歯をしなくて良い、といっているのです。
ご安心下さい!

なお、上顎のMTMで受け口になることは決してありません。

そう、あのときはセラミックの話ばかりで大事なことがお話できていなかったかもしれませんね。



No.526 矯正と歯周病   おばはん   2007年1月25日(木) 12:07   
41歳の主婦です。去年の3月に矯正を思い立ち、一般歯科と矯正歯科を兼ねているところに診断をあおぎにまいりました。その結果、まがって生えている親不知を4本抜き、奥歯の歯茎下に歯石がたまっているようなので、ルートプレーニングをしてから矯正に入ったほうがいいと言われました。この時点で、歯周ポケットは全体的に4ミリくらいでした。歯周病という名前はだされませんでした。
4回にわけてルートプレーニングをした後、3ヶ月ごとにクリーニングに通い、そのたびに歯周ポケットは改善していきましたが、両側下奥歯の奥(以前親不知と隣り合っていた場所)のポケットだけが前より深くなっています。現在左に6ミリが一箇所と右に5ミリが一箇所ありますが、出血はしていません。他の部分はほとんど3ミリか2ミリとなり、改善をみせているので、この奥歯の部分は親不知を抜いた後で、歯茎が増殖してもりあがってきたのだろう、というのが主治医の意見で、矯正に進んでも良いと言われています。ただ、私としては、原因はどうあれ深い場所があることにはかわりなく、生理前になると腫れたようなかんじがするし、ルーとプレーニングを受けて以来ずっと続いている歯茎の不快感はなくなっていないことから、本当に矯正に進んでもいいものかどうか悩んでいます。ただ、もう年も年ですし、本音は今すぐにでもはじめたいのです。
先生はどう思われますか?歯周病はどの程度治療したら矯正にすすんでもだいじょうぶなのでしょうか?無理して矯正を始めたらどうなるのでしょうか?


No.527 おばさまへのおこたえ   好田先生から   2007年1月25日(木) 20:06    HP
お答えします。

歯周病の判断は専門外のことですので、コメントは避けさせていただきたきたいです。
現主治医のご意見を尊重されればよろしいかと存じます。
歯周ポケットも1ッ箇所のみの問題なら、さほどにご心配にはおよばないのではないかと思います。

それよりも、矯正の治療は矯正歯科専門医院でお受けにならないのですか?
そのほうが気になりました。

以上

No.524 初めまして   めぐみ   2007年1月22日(月) 0:36   
 いつも読ませて頂き参考にさせてもらっています。
私は現在矯正中です。だというのにタバコが止められません。
ヘビースモーカーではないのですが・・・念入りの歯磨きで今まで悪い症状もなく歯周病歯周病と言われていますが自分とは無関係のような気がしてなりません。

主治医には恥ずかしくて聞けず(タバコを吸っているのがばれませんように〜)と毎回思いながら診察してもらっています。ばれているのでしょうけど。そこで矯正中の喫煙についてご教授して頂けませんか?
ちなみに30代でガタガタの歯並びに加え出っ歯でした、今は歯列がそろった段階ですがブラックトライアングルだらけで・・・
これにも影響するのでしょうか?

自分の中では加齢のせいで治らないと覚悟しています。どうぞ宜しくお願い致します。

No.525 めぐみ様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月22日(月) 8:52    HP
お答えします。

たばこですか?
たばこはいけません。 百害あって一利なし。
文字通りです。
喫煙によって、抹消の血管は収縮して血行が悪くなることが知られています。
組織の細かな部分に酸素や栄養がゆかなくなります。
成長期であれば成長に重大な影響を与える可能性がありますし、
傷の治りが悪くなることにつながります。

胃潰瘍や歯周病の治療中なら、傷の治癒がうまくゆきません。
タバコを吸う人の歯ぐきの色はつやくがなく、不健康であることがわかりやすいです。
矯正歯科においても同様です。
歯の移動は、歯の周囲の骨の吸収と造成という骨の改造現象を利用して治療が行われます。
歯の移動中に喫煙があれば、歯の移動や骨の改造現象にマイナスになることはまちがいありません。
歯の移動速度は遅くなっても速くなくようなことはありません。
ブラックトライアングルが生じていることも、喫煙が加速させていることが考えられます。

>自分とは無関係のような気がしてなりません。

タバコに関することにかかわらず、若いときは皆そのように思っているのですよ。
健康なときには自分がガンで死ぬことなんて、誰も予想できないことなのでしょう。
健康を失ってみてはじめてわかることなのです。

なお、ブラックトライアングルの対処は、473の質疑応答をご参考に。






No.521 噛み合わせについて   ゆうこ   2007年1月21日(日) 18:09   
先生始めまして。お聞きしたいことがあるのですが、抜歯をする場合、抜歯後は食べ物を噛む効率は悪くなったりはしないでしょうか?
又、歯な顎を支えたり骨にかかる力を和らげる役割があると思うのですが、天然の歯を抜いて悪影響を及ぼしたりすることなはいのでしょうか?
元来ある天然を抜くと言うことで、体調面など気になります。宜しくお願いいたします。

No.523 ゆうこ様へのお答え   好田先生から   2007年1月21日(日) 18:33    HP
お答えします。

抜歯直後は咀嚼の効率はうんと悪くなるとおもいます。
しばらくはかみにくいはずです。
しばらくはご辛抱が必要です。

歯を抜く矯正は今に始まったことではありません。
もう100年以上の歴史があります。
体調が悪くなった、という経験は私にはありません。

抜歯をして放置するといろいろと悪いことがありますが、
矯正治療の中での抜歯は、その後に歯を並べなおすためのものですので、
きれいに並び直せば問題は生じません。
ご心配には及ばないです。



No.520 うーむ なるほど・・・   J2   2007年1月20日(土) 23:49   
早急でかつ、ご丁寧なお返事恐れ入ります。

良くも悪くも大体の概要は理解出来ました。
そうですか、良いシステムでありながら時代の流れとともに陳腐化してきた感じはあるんですね・・・。
どちらかと言えば、某矯正歯科ではそれを、唯一無二の最高の治療法が如く書かれてあったので
正直それらのセールストーク(と言えば失礼ですね・・・)を全部鵜呑みにして、心揺れてしまっている
自分がおりました。
各矯正歯科医ごとに様々な治療法があり、それに対する独自の見解はあってしかるべきだとは思います。
デーモンしかり、抜歯の有無しかり。
が、お金を払い治療を受けるのは自分ですから出来るだけ客観的な意見(第三者の意見)
も聞いてみたかった訳です。

質問に答えて下さって有難う御座いました。

No.522 J2様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月21日(日) 18:29    HP
それでは、良く考えて治療をご決断下さい。


No.518    J2   2007年1月20日(土) 20:01   
始めましてこんにちは。
J2と申します。

最近の矯正歯科のHPでは、様々な情報が氾濫しており、有りがたい反面、困惑する事も多々有ります。
先日、某矯正歯科のHPにて「レベルアンカレッジシステムによる治療」と言うのを見ました。
何でも「難症例とされるものでも非常にキレイに治るケースも多数報告されており、多くの矯正歯科が、このテクニックの考え方を中心に治療を行っている」と言う事でした。
貴院でも、この手法(というのでしょうか?)を取り入れているのでしょうか?
またこの治療法の効果は、専門家から見て如何なものなのでしょうか?
いかにも優秀な治療法で特別な専門医しか出来ないような書かれ方だったので、すごく気になりまして。

素人にでも分かる範囲でお答え下さったら助かります。
宜しくお願いいたします。

No.519 J2様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月20日(土) 21:35    HP
お答えします。
LAS(レベルアンカレッジシステムの略)ですか・・・・。
郷愁ですね。
私も昔は勉強して、良いシステムだなあ、と感じていました。
今でも良い点は良いと認めています。
考えのよさは今の治療にも生かしています。

しかし、いかんせん陳腐化してきたシステムです。
考案者のルート先生はお亡くなりになったし、日本の代表者の某大学の教授も定年引退となります。
もう、プロモートしてゆく優秀な人がいなくなってきます。

>「難症例とされるものでも非常にキレイに治る・・・・

それは事実です。

>多くの矯正歯科が、このテクニックの考え方を中心に治療を行っている」

それは事実ではありません。
ほとんど使用されていません。
全国レベルで言えば、名前さえ知られていない(忘れられた)と思われます。
それほどににマイナーになっています。

私がこのシステムを現在使わなくなった理由は、
治療手順が回りくどくて必要以上に治療に期間がかかりすぎます。
(3年を越えるものがざらです)
また、最近のTAD(ミニスクリュー、インプラント)の出現で、
LASのシステムそのものが”必要のないことをするシステム”に成り下がりつつあります。

>いかにも優秀な治療法で特別な専門医しか出来ないような書かれ方だったので

いやいや、そのようなことは全然ありません。
LASでもうまい先生から下手な先生までいろいろです。
他にもよい方法はいっぱいありますし、私は独自の方法を考案しています。
皆、自分のやっていることは一番と思いたいものです。

しかし、そのHPでLASがそれほどに良いというならば、
難症例とされるものでも非常にキレイに治る、というのであれば、
そのHPがそのような口先だけでなく、実際の治療例を多数示さなければなりません。

私のHPの症例をご覧になったでしょうか?
そのLASをすすめるHPの症例と”治り”の程度を比較してみてください。
難しい理論はなしです。
そのご判断で、LASが特に優れているか、そうでないか、簡単に判断がつきますよ。

もう一つ、公開上では驚くような発言をしますと、
日本矯正歯科学会のHP中に、昨年新設の”日本矯正歯科学会専門医”の合格者の名前が公開されています。
現在の日本の矯正歯科におけるプロ中のプロの名前が出ています。
この中には歴代のLASのインストラクターの名前がたったの一人しかありません。
昔なら、LASのインストラクターといえば私の周囲ではたいしたステータスでした。
一目おかれるような存在でした。

ところが、現在のインストラクターも合格できていません。
これが現状のLASの日本国内の評価、日本矯正歯科学会の評価ということになります。
LASももう終わりです・・・・。





No.514 ありがとうございます!   アン   2007年1月18日(木) 2:16   
お忙しいところ、本当にありがとうございます。
他の方の質問も大変参考になっております。

> 気になる不具合の点は、非抜歯によるもののようですね。
> 前歯も突出感が残っているのではないですか?
そうですね。角度的なものは良いのですが、
歯槽骨ごと出ているので、歯並び自体は良くても
全体的に出っ歯になってしまった感じです。
オーバージェットバイトともに(やる前よりはましですが)
わざわざ矯正をしたわりにバランスが良いとはいえませんね。

> セカンドを受けた一人目は、抜歯をして歯列を小さくしないといけない、
> とおっしゃったでしょう?
こんな大きなアーチの人はなかなかいないと言われました。

> セカンドの二人目は、非抜歯を肯定したわけです。
> 非抜歯矯正の研究会なんかを作っているようですね。
いや、否定した先生が某研究会を主催されていて、どちらかというと抜歯派です。
むしろ肯定した先生の方が、特にどちらでもない臨機応変に対応する先生のようです。
どちらも、矯正歯科学会認定医の先生です。
非抜歯を主張されるグループはいくつかありますが
そうしたとこに所属している先生のとこにセカンドにいっても
あまり意味はないと自分でも思っていたので
あえて、そういう医院にセカンドに行くのは避けました。
ちなみに矯正専門ではなく一般の歯医者さんは(わたしの経験的に)
生えてる歯は抜いちゃあかん!って言われる先生が多いように感じます。
よく床矯正とかの可轍式の矯正とかしてますよね。

> その点、日本矯正歯科学会のような巨大な組織はいいですね。
> いろんな立場の人がいます。
> そのような中で活躍し、認められるようにならないとだめですね。
セカンドに行った先生は皆、そちらの学会に所属されているようです。
どの先生も、絶対非抜歯や!っていう考えの先生ではないだけに
意見が二分したので、素人としてはどっちをとったらええのかなぁ、、
と思ってるのです。
そういう場合は、やっぱり自分が不満感じてることを
認めてくれるとこがいいですよね?

> 非抜歯矯正は少数派で、忌み嫌われていますね。
そうですか、、、なにげにショックです。
ちなみに欧米では非抜歯が主流になってきているという噂を
どこかで聞いたのですが、これはデマでしょうか?
また、一般向けの本を多数出版している先生はだいたいが非抜歯派ですよね。
そのほうが、主張としてセンセーショナルだからでしょうか?
セカンド先で、その先生は学会でも相手にされてないというような話まで聞きました。

> 抜歯をして失敗したという相談はありませんが、
> 非抜歯で失敗しているケースが多いです。
でも、抜歯矯正をして舌のスペースが狭くなって体の調子が悪くなったり
抜歯したスペースが埋められず、そのままで終えられたという患者さんの
話も実際に聞きます。恐らく、やった先生が下手なだけなのでしょうけど、、
ちなみに好田先生の場合、成人で非抜歯でやるケースは何パーセントくらいでしょうか?

>>どの先生も、再矯正にはあまり積極的な感じがしないので
> 私はそんなことないよ!
好田先生のような方が近くにいれば良かったのですが
いかんせん遠すぎて残念ながらセカンドに行けません、、はぁ。。

*********************************************************************
> ツリー型の掲示板がよかったですか?

こちらの掲示板は《読み書き別画面型掲示板》と言われるものだと思いますが
メリットとしては
・入力フォームや書き込み内容の表示がブラウザ内で広く使える。
といったことがありますが
デメリットとして
・レスを付ける場合に、書き込み内容の表示が見られない。
・各書き込み内容に対してのレスを付ける事ができないので煩雑になりがち。
といったことだと思います。

わたしの意見としては
《ツリー型》もしくは《読み書き一体レス付け型》などの方が主流だし
質問する患者さん使いやすいと思いますし、先生も分かりやすいと思いますね。
でも、どれもそれぞれメリットデメリットがあるので、
慣れちゃえばどれでも良いと言えば良いのですが、、
結局なんだかんだいって先生がいちばん使いやすいと思われる方がいいと思います。
ごちゃごちゃ言ってすみませんでした。(汗

《ツリー型掲示板》
メリット
・個別のレスが付けられる。
・発言時刻順の表示により最新表示を確認できる。
・書き込み内容ごとに分類して整理できる。
デメリット
・一括して書き込み内容を読むことができない。
・一括したレス付けができない。

《読み書き一体レス付け型掲示板》
メリット
・書き込み内容を見ながらレスが付けられる。
デメリット
・本題の書き込み日付が新しい順で表示されるタイプは、少し古い本題にレスが付いたのに気が付きづらい場合がある。
・レスの書き込み日付が新しい順で表示されるタイプは、古い本題にレスが付けられても本題ごと先頭に移動してしまい、やや鬱陶しい。

No.517 アン 様へのおこたえ3   好田先生から   2007年1月18日(木) 17:40    HP
引き続きお答えします。

>わざわざ矯正をしたわりにバランスが良いとはいえませんね。

患者さんに分かるくらいなら相当程度ですかね・・・。
でもすぐに再治療は精神的に厳しいでしょう?
困ったことです。

>生えてる歯は抜いちゃあかん!って言われる先生が多いように感じます。

私はその逆の意見ですね。

>ちなみに欧米では非抜歯が主流になってきているという噂を
>どこかで聞いたのですが、これはデマでしょうか?

非抜歯派が勝手に振りまいていることです。
学会では一顧だにされていません。
抜歯をして歯列を小さくすると睡眠時無呼吸症候群になる、奥歯で舌をかんで舌癌になる、
舌のスペースが狭くなって体の調子が悪くなった、なんて根拠のない話をばらまいています。
特にガンになるなんてことを、医者たるものが根拠なく簡単に言うべきではありません。

>一般向けの本を多数出版している先生はだいたいが非抜歯派ですよね。
>そのほうが、主張としてセンセーショナルだからでしょうか?

いままでの正常な考え方での診断では、抜歯の治療をすることが多くなります。
日本人では人種的民族的に特にそうです。
その判断基準で何十年もきたわけです。
ところが、抜歯がいやだから矯正を敬遠する人たちはかなりいるわけです。
その人たちを矯正歯科の市場に近寄せる結果にはなりました。
だから、当たり前のことを書いた本より常識をくつがえしたように見える本が目に付くわけです。
(真実があいてあるわけではありません!)

一言でいうなら、非抜歯をうたうことでの”金儲け”ですね。
患者さんに都合の良いことを言ってるほうが、売り上げがあがるということです。
もう一つついでに教えてあげます。
抜歯の治療と非抜歯の治療とどちらが手間がかかって難しいか?
それは圧倒的に抜歯治療です。
非抜歯治療にはたいした技術力は必要ありません。
だから非抜歯治療を謳っている人は若い先生に多いように思います。

いずれこのような無理な考え方は、必ず自然淘汰されるはずです。
しかし、淘汰には時間がかかります。
もう少し泣きを見る患者さんが出るものと思われます。
この掲示板でも、非抜歯治療での問題を訴える相談が増えているように思います。

>成人で非抜歯でやるケースは何パーセントくらいでしょうか?

約10%くらいではないかと思います。
私は抜歯については積極的です。
咬合は完璧を求めていること。
そして、治療後の口元が美しいこと。
それが理由です。

あなたは、インターネットに精通されているようにお見受けしました。
日本矯正歯科学会のHP中に、昨年新設の”日本矯正歯科学会専門医”の合格者の名前が公開されています。
ご覧になって主治医のお名前があるか、セカンドの先生のお名前があるか、お調べになればどうでしょうか?
今の矯正歯科における日本国内での最高の技術水準を学会が保証するプロ中のプロの矯正歯科医師の名簿になります。
認定医取得に6年、認定医取得後15年のキャリアが必要です。




No.515    り   2007年1月18日(木) 10:02   
お聞きしたい事があるんですが、矯正治療中につけるモジュールというゴムについて質問があるんですが、好田医院さんではあれを、ピンクや黄色のカラーゴムにしたりできるのでしょうか??
せっかく矯正するのだから、オシャレの一部にしたいと考えてます☆

No.516 り 様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月18日(木) 16:38    HP
お答えします。

ハイ可能でございます。
何色でもお好きなものをどうぞ!
せっかくですので、お楽しみ下さい。


No.510    りぼん   2007年1月17日(水) 16:29   
1月9日の一時半よりセカンドピニオンを受けた者です。
その節はお忙しいところありがとうございました。
あれから今後の治療について色々考えてました。

やはり一から矯正をやり直す期間と金銭面であきらめる事にしました。
今子供も産まれて間もないので共働きも無理だしこれ以上矯正にお金がかかる事を主人にも言えませんでした・・

独身で自分が働いていれば事情は変わったかもしれませんが。。
せっかくの治療で満足いかない結果になり残念ですが、これからまた色んな意味で自分を磨いていきたいと思います。

先生に相談させてもらってよかったです。
でないと治療が終ってもずっと、「もっとなんとかなったんじゃないか」という思いが離れなかったと思います。
歯列全体を下げなければどうしようもないと言われ再治療をあきらめる決意が出来ました。ありがとうございました。

矯正の先生方が皆好田先生のように治療にモチベーションが高ければいいのにな・・と願うばかりです。

No.513 りぼん様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月17日(水) 23:36    HP
お答えします。
ご期待に答える事ができなかったのですね。
本当に、残念なことでした。

でも、また機会はきっとありますよ。
望みを持っていただきたいですね。






No.509 ありがとうございます   アン   2007年1月16日(火) 23:09   
お返事ありがとうございます。

> 具体的にはどういうことでしょうか?
まず、歯列を非抜歯で無理に広げ過ぎているので
そのうち後戻りして歯周病になると言われました。
私自身も、なんとなく広過ぎる感覚があります。

>たまたま、知り合いだったら本音を言わないこともあるかもしれません。
やはり、そういうこともありえるのですね。
出身大学が同じだったり、師匠弟子の関係だったりすると
本当のことを言わない確率も高いのかもしれませんね。
でも、これでは患者本意の医療とは懸け離れているので
こういう悪習は、なんとか断って欲しいものです。

> それほど悪くなくても、悪い悪いといって
> あなたを自分の患者にしようとしているセカンドかもしれませんね。
その先生は某研究会を主催していて、特定の学会からは脱会?している
ような感じなので、あまりしがらみがないようです。
でも、再治療患者は難しいので今は受け入れないと言われました。

> あなたの仕上がりのご不満の原因を納得させてくれる
> 先生の意見に従えばよいのではないですか?
それはそうなのですが、、、
やり直したいとは思いつつ、もう矯正生活に嫌気がさしている自分もいて
おまけにお金も余計にかかるとなると、躊躇してしまうんですよね。。
これは間違ってる!オレにまかせろ!
くらいのことを言ってくださる先生であれば
それなら、もう少し頑張ってみようかなと思えるのですが、
どの先生も、再矯正にはあまり積極的な感じがしないので
なかなか踏ん切りがつかないですね。

ps
それと、余計なお世話で大変恐縮なのですが
こちらの掲示板は一問一答形式なので、返信したくても
また質問ページから書き込んで
新たにトピックを立てなくてはならないので
少々分かりにくくなってしまうような気がします。
なので、できれば他の掲示板のように
それぞれのトピックごとに返信できるようにした方が
もう少し分かりやすくて、より使いやすくなると思いますね。
すぐでなくてもいいので、ご一考下さいませ。すみません。

No.512 アン 様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月17日(水) 23:23    HP
お答えです。

>まず、歯列を非抜歯で無理に広げ過ぎているので
>そのうち後戻りして歯周病になると言われました。
>私自身も、なんとなく広過ぎる感覚があります。

気になる不具合の点は、非抜歯によるもののようですね。
前歯も突出感が残っているのではないですか?
セカンドを受けた一人目は、抜歯をして歯列を小さくしないといけない、とおっしゃったでしょう?
セカンドの二人目は、非抜歯を肯定したわけです。
非抜歯矯正の研究会なんかを作っているようですね。

自分が批判されるのがいやな人たちが、自分たちの価値観だけで作るような
研究会はいけないですね。
他流試合を好んでおこない、他人の批判にさらされてこそ、自分を磨くことができるというものです。
その点、日本矯正歯科学会のような巨大な組織はいいですね。
いろんな立場の人がいます。
そのような中で活躍し、認められるようにならないとだめですね。

さて、それはさておき、
私も抜歯を肯定する考え方です。
これは日本の矯正歯科の現状の主流をなす考え方です。
非抜歯矯正は少数派で、忌み嫌われていますね。
あなたがセカンドオピニオンを得られた先生その両方の立場であったからそうなったと思われます。
師弟や知り合い関係での話でもなさそうです。

最近の相談の中で、治療がうまくゆかなくて困って相談にお越しになる方がとても増えています。
中でも、非抜歯に関する失敗が目立ってきています。
抜歯をして失敗したという相談はありませんが、非抜歯で失敗しているケースが多いです。

>どの先生も、再矯正にはあまり積極的な感じがしないので

私はそんなことないよ!



*********************************************************************
PSについて

ツリー型の掲示板がよかったですか?

No.507 セカンドオピニオン   アン   2007年1月15日(月) 23:42   
こんにちは。
現在、某院にて歯列矯正中で、そろそろ終わりそうなのですが
仕上がり具合にどうも納得のいかない部分があって
他院へ数件、セカンドオピニオンを求めて伺ったのですが
問題ないうまくいっている、と判断される先生と、
おかしいからやり直した方がいい、と判断される先生がいて
いったい、どちらが本当のことを言っているのか
素人の私には判断しかねる状況です。

先生はそれぞれ所属している学会というかグループが異なるようなのですが、そうした特定の学会に所属しているかいないかで
全く、意見が分かれるものなのでしょうか?
また、同じ学会仲間だったりした場合、仮におかしな状態であっても、
治療をしている先生に気を使って、セカンド先の先生は
本音を言えなかったりするものなのでしょか?
どうしようか迷っています…。

また仮に、やり直した方がいいと仰る先生のとこへ転院した場合、
治療費などは、また同じように払わなければならないものなのでしょうか?
一般的に少しは安くしてくれるものなのでしょうか?
そして、今まで3年も矯正装置で歯を固定をしている上に
さらに再治療によって延長して矯正装置をつけ続けるということは、
歯にとって何か良からぬ問題がおこったりしないものでしょうか?
とにかく、不安でいっぱいです。。
よろしくお願い致します。

No.508 アン 様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月16日(火) 21:09    HP
おこたえします。

>仕上がり具合にどうも納得のいかない部分があって・・・。

具体的にはどういうことでしょうか?
セカンドオピニオンが全く意見が分かれることも困ったものです。
抜歯と非抜歯の治療方針では、左右に意見がわかれることがあるかとは思います。

>治療をしている先生に気を使って、セカンド先の先生は本音を言えなかったりするものなのでしょか?

たまたま、知り合いだったら本音を言わないこともあるかもしれません。
率直にものを言ってあとからそのことが知れたりすると恨まれるかもしれない、と思う先生は本音はいわないでしょう。
また、その逆に、
それほど悪くなくても、悪い悪いといってあなたを自分の患者にしようとしているセカンドかもしれませんね。

あなたの仕上がりのご不満の原因を納得させてくれる先生の意見に従えばよいのではないですか?

やり直しの治療の費用は、状況次第できまるでしょう。
特に取り決めはないですね。
次の先生のお考え次第できまることです。



No.506 ブラケットの付け方5   たまよ   2007年1月15日(月) 20:47   
LASですか。びっくりしました。なにも泣くことはなかったわけですね。
今後はじっくりと経過を観察しながら、主治医とも信頼関係を築いていこうと思います。気になる点も少しずつ解消していきたいです。
好田先生、お忙しい中時間をさいてアドバイスいただきありがとうございました。

No.503 ブラケットの付け方4   たまよ   2007年1月14日(日) 22:04   
ありがとうございます。画像を非公開にすることはできますか。このページを今かかっている医院のスタッフの方がご覧になっているかもしれません。私としては今の医院で最後まで治療を続けられるなら、それにこしたことはありません。

No.504 たまよ様へのおこたえ4   好田先生から   2007年1月15日(月) 8:30    HP
はい。
それではメールをお送りします。
画像を添付してご返信下さい。


No.505 たまよ様へのおこたえ5   好田先生から   2007年1月15日(月) 18:54    HP
お答えです。

お写真拝見しました。
1枚ずつ感想をお話します。
@右下6番7番の前下がりについていること。
ご指摘のとおりです。
これはこのような治療のやり方があるのです。
LAS(ラス)というやりかたです。
右下5番目はわかりませんでした。
A左下5番はご指摘の通り、後ろについています。
もう少し前でもよいかもしれません。
B上の右1番はすこし深くついているようです。
これもご指摘のとおりです。ここままだと歯が伸びて、左右で段差がつきます。
左下犬歯は下にあって、前歯が左下がりです。
ワイヤーも左下がりになっています。
矯正がすすんでワイヤーが上下平行になれば、自然と改善されるものと思われます。

全体として、確かにご指摘の問題点は少しありそうですが、
これで今の先生を袖にして、転医するのはどうでしょうか?
すこしせっかちすぎるようです。
もう少し様子を見て、治療がすすんでみて結果がでてから判断を
しなおしたほうが良いですね。
その段階で問題点を指摘してみて、納得ゆく対処が取られれば良いのでは
ないでしょうか。
あなたの言うことを何も聞いてはくれない、ということになってから転医を
お考えになれば良いと思います。


No.501 ブラケットの付け方3   たまよ   2007年1月14日(日) 16:43   
泣きたくなってきました。実際下のブラケットを付けてもらって、家でじっくり見た時には泣きました。私は転院した方がいいのかもしれませんね。
好田先生に一度見てもらうことはできますか。そうすれば私が必要以上に神経質な人間ではないことがわかると思います。ごく普通の人間がごく普通の歯並びを手にいれたいと思っているだけです。

No.502 たまよ様へのおこたえ3   好田先生から   2007年1月14日(日) 18:34    HP
こここれは・・・・。
失礼しました。
お心を傷つけるようなことを書いてしまいましたでしょうか?
泣いていたのですか?

>私は転院した方がいいのかもしれませんね。
>好田先生に一度見てもらうことはできますか。

それは別にかまいません。
そんなにおかしな所にブラケットが付いていましたか?
何かの勘違いということはありませんか?
一度、写真をとってこの掲示板に掲載してみませんか?
簡単な判断はできるかもしれません。
まあ、そんなに落胆しないでくださいね。
何とか道は開けるものです。




No.499 ブラケットの付け方2   たまよ   2007年1月14日(日) 0:29   
お答えありがとうございました。やはり主治医の先生が気を悪くされることがあるのですね。でも今後長い治療になるので率直に「左右違うように見えるのですが」という話はしてみようかと思います。それで怒るような先生なら治療を続けることは難しいと思います。
もう一つ質問させてください。ブラケットが傾いていたり、左右で歯先からの長さが違っていたりしたらどんな問題が起こってきますか。

No.500 たまよ様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月14日(日) 8:41    HP
おこたえです。

>ブラケットが傾いていたり、左右で歯先からの長さが違っていたりしたらどんな問題が起こってきますか。

すぐに問題が生じます。
歯の並びが明らかに左右差が生じます。
ブラケットの上下的位置がくるうと、歯が上下的にうまくゆかなくなります。
ブラケットの傾斜をまちがうと、歯の傾斜に問題がでてきます。

この辺は患者さんには、まず絶対にわからない部分と思います。
よほどに大きな位置異常がないとわからないですね。


No.496 ブラケットの貼り方   たまよ   2007年1月13日(土) 17:32   
矯正をはじめたばかりですが、ブラケットの貼り方が気になっています。水平垂直が微妙に合っていなかったり、左右の同じ位置の歯で、歯先からのわずかな距離が違っていたりします「微妙に」とか「わずなな」というところがミソで、「気にし過ぎ」と一笑にふされてしまうようにも思いますが気になるのです。ブラケットの付け直しを要求してもいいものでしょうか。付け直すことのリスク(歯の表面が傷むなど)についても合わせて教えてください。

No.498 たまよ様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月13日(土) 21:52    HP
おこたえします。

ブラケットの位置づけですか?
これはとても専門的なことです。
あまりに左右でことなっていて非対称なら患者さんにもわかるかもしれませんが、
普通そこまで素人にわかるものなのでしょうか?
よほど位置のつけ方がまずいのでしょうか?
そのれともあなたの考えすぎかも?

ここでは事実はわかりません。
あなたがそうしたいなら、そうお願いすればいいと思います。
主治医との関係が良いなら笑い話で済むかもしれませんが、
あまりにも専門的すぎることなので、
そのことがきっかけで主治医が気分を害さないとも限りません。
その点もご考慮されるべきでしょう。

左右の歯があまりにも違うのであれば、そろえてほしいという要求は良いと思います。
しかし、治療にまずいところがでていないのに、装置を付け替えよという要求はお控えになったほうが良いのではないでしょうか。

装置の付け替えのリスクはたいしたものではありません。




私は一度もそのような質問をうけた記憶がありません。

No.495 はじめまして★   りりこ   2007年1月13日(土) 11:02   
いつもこちらの掲示板拝見させていただいてます。
no.274の質問、回答のぺージを見てビックリしたんですが、私もここ何年かで(4〜5年前くらいからです。)、下の歯が前に出てきてるんです。
俗に言う受け口なんですが....
本当に歯だけがでてきてて、顎はまったくでてません。
あと、上の歯はまったく出てきてないです。
下の歯のみです。
ショックを隠しきれません。
あと、私がなぜno.274の質問、回答のぺージを見てビックリしたかと言うと、この前虫歯治療をしに歯医者へ行ってレントゲンを撮ってもらったとき、下の歯にだけ親知らずが眠ってたんです。
今も歯茎の下で悠々と眠っています。
非常に憎い野郎です。まったく....
しかし上の歯にはありませんでした。
まったく抜いた覚えもないので、たぶん元々なかったんだと思います。
そんなことから、多少なりともこの親知らず君にも原因があるのかなと思い、先生にご質問させていただきました。
これ以上出ささないためにも、今すぐにでもほじくって抜歯したほうがいいでしようか。
もちろん、歯が出てきた原因はスベテこの親知らずが原因だとは思ってませんが、これから少しでも前に出てくるのを未然に防げれば....と思いまして。
先生のアドバイス是非とも頂戴したいです。

追伸*今は兄のパソコンから投稿させていただいてます。なので、メールアドレスがまったくわからないので、掲示板に直接お返事いただければ幸いです。
ワガママ坊主で申し訳ありません。




No.497 りりこ様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月13日(土) 21:40    HP
お答えします。

下顎の第三大臼歯(親知らず)は抜歯することが望ましいです。
まして水平埋伏しているならなおさら悪いです。
274でのこと以外にももっと悪いことがあります。
その前方にある第二大臼歯の歯根を吸収して溶かしてしまうことがあります。
これは痛みなく進行します。
症状がでて気がついたときは、第二第三の両方を抜歯せざるを得ないことがあります。

第三大臼歯は何も症状がなければあえて抜歯しなくても良いと思われがちです。
一般歯科医師もそのように悠長に考えています。
ところが大違いです。
少々痛くても抜歯を済ませないと今後いろいろと悪いことが出てきます。


No.493 質問   なな   2007年1月10日(水) 0:07   
こんにちは☆いつも拝見させていただいております。
先生に質問なんですか、最近アメリカの方で新しい矯正方法の「インビザライン」というのがあるみたいなんですが、私は無知なので、先生からみてこの方法についてどぉ思われますか?(デメリットなど)今後この方法で先生の医院の方でも取り入れたりするんですか?
関係のないことを質問してすいません。

No.494 なな様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月11日(木) 18:15    HP
お答えします。

インビザラインは、”矯正装置を歯につけない”という新しい方法です。
全くどんな装置も使わない、ということではありません。
取り外し式で、歯列全体を覆うようなクリアーなプラスチック製の”キャップ”
のような装置を使用します。
歯に固定式の装置を使わないことがメリットとされています。

しかし、あまりちゃんと治らないようです。
インビザラインの後から従来の装置も使用しないといけないことも多いようで、
かえってコスト高になりそうです。
いまのところ導入は考えてはいません。

最近、インビザラインと類似の装置を作製できるマシンを購入しました。
リテーナーに使用しようと考えています。


No.491 ありがとうございます   アヤ   2007年1月9日(火) 0:54   
丁寧なご回答ありがとうございます。私は音と関節周囲の痛みなので@とBだと思います。顎関節症に用いるスプリントというのはどのような感じの装置なのでしょうか?そして、保険適応でいくらぐらいかかるのでしょうか?お願いします。

No.492 アヤ様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月9日(火) 21:51    HP
お答えです。
@とBなら治療をお考え下さい。
まず、近隣の歯科にてご相談下さい。
装置の作り方はいろいろです。
プラスチック製のプレートで、型取りをして歯のあわせてオーダーメイドとなります。
費用は数千円程度までとおもいます。


No.489 リテナー   みみ   2007年1月8日(月) 22:31   
リテナーは1年半くらいは続けているのですが・・・。
とりあえず新しい矯正歯科医さんをみつけて、リテナーにかえるまでは、全部とってしまったほうがいいのいでしょうか?それとも、半分つけておいたままでも大丈夫でしょうか??

No.490 みみ 様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月8日(月) 22:47    HP
その判断も矯正歯科で判断してもらってください。
ここではできないです。


No.486 リテナーがとれてしまった。   みみ   2007年1月8日(月) 21:54   
私のリテナーは歯に直接くっついているタイプなのですが、数ヶ月前に硬めのお菓子を食べていた際に、右半分が外れてしまいました。
今海外にいるため、歯医者さんにも行けず、痛みもないため放っておいたのですが、先日下の歯の真ん中の一本が少し後ろに後退しているのを発見しました。
やはりリテナーが半分だけ付いたままの状態だと、歯列に悪影響を及ぼすものなのでしょうか?
あと8ヶ月くらいは日本に戻ることができないのですが、リテナーは外しておくべきですか?
教えてください。

No.488 みみ 様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月8日(月) 22:21    HP
お答えします。
どえらいことになりました・・・・。
緊急に対処すべきです。
お痛みがなくてもです。
でないと、せっかくの今までの治療が水泡に帰すかもしれません。
近隣の矯正歯科でご相談下さい。
海外でもなんとかしてもらいましょう。
なんとかしてリテーナーは続けないといけないですよ。



No.485 目視での診断です   舞衣   2007年1月8日(月) 20:59   
先生、早急なご回答ありがとうございます。

>歯と骨が骨性癒着している、ということの説明と思われます。
>どうして相談だけで、歯の骨性癒着がわかったのでしょうか?

すみません。わたしの説明不足でした。
カウンセリング室で私の歯を見て説明されたのですが、
「普通は前歯全体が前に出てくるもの。あなたの場合は1本が他の前歯より目立って前に出ています。」
と言われました。
私の前歯は全体的に前に出ているのですが、1本が極めて突き出していて、左右の歯との隙間ができています。これが要因で骨性癒着と診断されました。
あと、ボールペンでコツコツと衝かれて、自分でも頭への響きが違うことを感じました。

>場合によっては、外科的手技が必要になるかもしれません。
 当該歯の周囲の骨に刻み目を入れて、歯と骨ごと移動させる手が考えられま す。
 技術的にはたいしたことないでしょう。
 外来です。30分あれば十分でしょう。
すごく嬉しい回答です。どのような病院に相談すれば良いでしょうか。

よろしくおねがいします。

No.487 舞衣様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月8日(月) 21:55    HP
お答えです。

>どのような病院に相談すれば良いでしょうか。

どの医療機関というよりも、
困難なことにも挑戦する意志の強い先生が良いと思います。
そのような人を探すが一番難しいですね。
開業医を回ってもよいし、大学病院でも相談されるべきでしょう。


No.483 治らないって言われました   舞衣   2007年1月8日(月) 13:14   
はじめまして。23歳女性です。
私の前歯は隙間が空いているにも関わらず前に突き出しています。
働き始めて1年が経とうとするので、意を決して近所の矯正歯科へ相談に行きました。

先生の話によると、
「何かの衝撃で口の骨と歯がくっ付いてしまっている。
前例もないし、うちでは治せない」
といわれてしまいました。つまり、他のところへ相談に行ってくれとのことでした。

予想もしなかった答えに驚いたと同時に、
手術でもしないと治らないかと思うと不安で不安で…

やはり手術しかないのでしょうか?
もしそうならその内容や期間、費用などを教えてください。
返信よろしくおねがいします。

No.484 舞衣様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月8日(月) 19:59    HP
お答えします。

>「何かの衝撃で口の骨と歯がくっ付いてしまっている。
>前例もないし、うちでは治せない」

歯と骨が骨性癒着している、ということの説明と思われます。
通常、歯と骨は歯根膜とよばれる線維状のうすい構造物でつながっています。
手で歯を動かすと少しグラグラと動く感じがします。
これは生理的動揺といって正常な状態です。
歯根膜が歯にかかる力を吸収するクッションの役割をしているのです。
この歯根膜の変化で歯の移動が達成されるのです。

どういう理由かによって、この歯根膜が骨性に変化して、
歯が骨にくっついてしまうようなことがあります。
生理的な動揺はなくなり、歯の移動もできなくなってしまいます。
そのような状態であるという説明のようです。

しかし、疑問に思うことがあります。
相談にいかれただけですね?
どうして相談だけで、歯の骨性癒着がわかったのでしょうか?
普通、術前に歯の骨性癒着を判断することはほとんど不可能です。
レントゲンでは正常に見えることが普通です。
実際に治療に入らないと、どの歯が癒着歯かどうかの判定がつきません。

私は一度だけ骨性癒着を経験したことがあります。
何をしても歯が移動しないので、
レントゲンを撮影してみましたが全く正常像に写るのです。
そのときは事情を説明して、その1本は移動させないで終了しました。
その症例はそれでことがすんだのです。

場合によっては、外科的手技が必要になるかもしれません。
当該歯の周囲の骨に刻み目を入れて、歯と骨ごと移動させる手が考えられます。
技術的にはたいしたことないでしょう。
外来です。30分あれば十分でしょう。
費用もたいしたことないと思いますけどねェ・・・。

ただし、繰り返しになりますが・・・・。
どうして骨性癒着がわかったのですか?
疑問に思いました。




No.480 顎関節症について   アヤ   2007年1月6日(土) 16:24   
私は高1なのですが、最近物を噛んだりすると顎が少し痛んだり、時々音がする時があるのです。これって顎関節症なのでしょうか?もし顎関節症なら矯正で治すことは出来ますか?
ちなみに私の歯並びは片方だけ八重歯でその隣の歯が凹んでいる感じです。そして前歯の中心が上下で少しずれているのですが、それも原因になっているのでしょうか?
ご回答よろしくお願いします。

No.482 アヤ様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月7日(日) 21:17    HP
お答えします。
(451の質問の回答から抜粋します)

顎関節症ですか?
顎関節症は以下の症状が一つ以上見られる場合をいいます。

@関節雑音
A開口障害
B関節痛

@は”クリック”とよばれます。カーン!と金属性の音から”ぐちゃ”という粘発音までいろいろです。
Aは口が開かなくなります。食事にも困ります。
Bは痛みです。関節周囲の筋肉の痛みであることがほとんどです。

さて、あなたの場合はどうでしょうか?

どうやら@のようですね。
@のみ場合には治療をしないことが多いです。
スプリントというプラスチックの入れ歯用の装置を用います。
保険適応です。
AとBがあれば治療をすることが多いですが、AとBの症状がとれれば
@の症状が残っても”治癒した”ということになることが多いです。

なぜそうなのか?
顎関節症の根本的治療方法がないからなのです。
@のみでは”たいしたことがない”という評価になってしまいます。
残念ながら、現状はこのとおりなのです。

この顎関節症状は矯正治療で完治することはありません。
せいぜい悪くならないように注意しながら、歯並びを治すくらいの程度しかできないです。
現状の歯列の悪さがどの程度顎関節に影響を与えているかは定かではありませんが、
歯列は歯列の問題として治した方がいいですが、ついでに顎関節も治るというのは困難です。



No.479 矯正の効力について   心配性な父親2   2007年1月6日(土) 12:40   
先日はありがとうございました。
先生のお返事を見て,ひとつ疑問に思うことがあります。

娘の通っている歯医者さんは,
「乳歯の時期に矯正しておけば,永久歯が生えてきたとききれいにそろっていることがあります」
というのです。

先生のお返事を拝見する限りにおいては,永久歯の生え方まで矯正できるのではないと思うのですが,その辺りはどうなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

No.481 心配性な父親様へのおこたえ2    好田先生から   2007年1月7日(日) 21:12    HP
お答えです。

>先生のお返事を拝見する限りにおいては,永久歯の生え方まで矯正できるのではないと思うのですが

文章の意味が分かりません。
ここで述べられてる”先生”とは誰のことでしょうか?
”永久歯のはえ方まで矯正できる?”
私はそのようなことは申していません。

4歳の子供に矯正を薦めることじたいが常軌を逸した行為であると思います。
4歳時の治療結果は、10−15年後には何も残らないとおもいます。
したがって、何もしなくても同じである、という回答です。

以上です。



No.476 矯正歯科の選び方   ミサコ   2007年1月5日(金) 18:46   
こんばんは、先日後戻りについて質問させていただきました。
ご回答、ありがとうございました。
あまり心配ないとのことで、勇気を出してやってみようかという風に傾いています。

好田先生のところに通えれば一番いいのですが、
地理的に遠くて無理そうです。
いくつか相談に行くつもりなのですが、
どういうことをしっかり見たり聞いたりしておくべきでしょうか?

こちらの掲示板でもお医者様との意思疎通のトラブルや
治療上の悩みなども尽きないようですし、
友人も、お医者様と会わなくて途中でやめてしまったそうです。
(急なトラブルに対応してもらえなかったり、なにかと勝手に決められて
嫌な思いをしたそうです)

こういうことって通ってみないとわからないですし、
高い治療ですから、失敗したらと思うと心配です。
よろしくお願いします。

No.478 ミサコ 様へのお答え2   好田先生から   2007年1月5日(金) 21:40    HP
お答えです。

>勇気を出してやってみようかという風に傾いています。

是非ともご決断いただきたいです。
きっといい結果につながることでしょう。

>どういうことをしっかり見たり聞いたりしておくべきでしょうか?

何か治療上の疑問はありませんか?
同じ質問をしてみて、その答えを聞いてみましょう。
この掲示板で私にお尋ねになったことと同じことを聞いてみればどうですか?
回答の仕方で、いかにあなたに近いレベルで話をしてくれる先生かどうかがわかるでしょう。

また、その診療室でだれがあなたの実際に施術するのかを見ておきましょう。
1時間もいればよくわかりますよ。

以上





No.475    心配性な父親   2007年1月5日(金) 15:46   
はじめまして。
反対咬合の4歳になった娘を持つ父親です。
実は,私もかれこれ30年ほど前に矯正を受けた者です。娘の件は,遺伝でしょう。すまないと思っています。

そこで,2つ程教えていただきたいのですが,
 ・現在通っている歯科医に進められているように,乳歯の段階から初めてきれいになるのでしょうか?
  情報を集めてみると,永久歯がはえそろうまで治療が続くとあるので,なんだか不安で…

 ・日本矯正歯科学会に入っているお医者さんの方が安心できるのでしょうか?
  てきぱきと処置もしてくれて信頼しているのですが,そこに名前がないことに少し不安を覚えております。

 自分がヘッドギアみたいなもの(?)を夜中かぶって,あごの成長をおさえて,翌日歯茎がはれてて痛い思いをした記憶等があり,できるだけ娘にかかる負担をおさえてあげることができたらと思っております。
 よろしくお願いいたします。

No.477 心配性な父親 様へのおこたえ   好田先生から   2007年1月5日(金) 21:33    HP
お答えします。

結論:何もしなくて良いと思います。

乳歯を並べても仕方がないですよ。
乳歯を治しても永久歯が正常になるとは限りません。
4歳できれいにした内容が、今後の成長で一体何歳まで維持されるでしょうか?
14歳時には矯正の治療効果が何の痕跡もとどめないほどに成長変化するのがあたりまえです。
したがって、何もしないのが正解です。
あまり早く始めても結果が失われる可能性が高いですね。
とりあえず、永久歯が上4本下4本揃うまで待ってみましょう。
自然治癒する可能性もありますよ。

>日本矯正歯科学会に入っているお医者さんの方が安心できるのでしょうか?

学会に入っているから安心ということではありませんが、
まともな矯正歯科医師なら、4歳の子供に矯正の治療はしないですね。
学会の認めた”専門医”や”認定医”ならプライドがありますから、
後ろ指をさされるようなことはしないでしょう。




No.473 ブラックトライアングルについて   みずほ   2007年1月4日(木) 15:49   
先日は 質問のお返事をいただき、ありがとうございました。(bS60)

ブラックトライアングルは先生の技術とは関係ないのですね。
良心的な先生と言っていただき、心強く思いました。

もう少し質問させてください。

隙間ができることにより、歯がぐらついたりしないのでしょうか。
見た目だけなら仕方ないと思うのですが、何か別に問題点が生じる可能性があるなら、具体的に教えていただけますでしょうか。
よろしくお願い致します。


No.474 みずほ 様へのおこたえ2   好田先生から   2007年1月4日(木) 23:19    HP
お答えします。
403と405の質問と回答と同じ写真です。
左は矯正の治療前。 右は治療後です。

治療前は、下の前歯に叢生があり、歯根と歯根が密に混み合っている状態です。
こうなると歯と歯の間には、歯ぐきが元々ないことを以前に解説しました。
この程度は、歯間鼓形空隙が開いてしまってブラックトライアングルができてしまうのです。
しかし、ご心配の歯がグラグラするほどの問題はおこりません。
ご心配にはおよびません。

この空隙ですがなんとかする方法があります。
治療の後半に、歯と歯が接触しているポイントを少し削らせていただきます。
下の写真の緑(上顎)と紺(下顎)の色の部分です。
歯の幅が少し狭くなり、新たに歯と歯のすき間ができます。
このすき間を矯正で詰めてゆきます。
すると、歯間鼓形空隙が狭くなってブラックトライアングルの面積が小さくなって、
めだたなくなります。
主治医の先生とご相談してみてください。


No.472    あい   2007年1月3日(水) 21:23   
私は矯正してる人が嫌いです
なぜなら矯正してる人は見た目がキモィし
見てると笑っちゃいます
だから矯正してる人は嫌いだしキモィです
だから早く死ね

No.470    ただ   2007年1月3日(水) 14:18   
以前No.454、顎間ゴムのことで質問させていただいた、ただです。
その節はご回答の程、ありがとうございました。

ゴムをかける時間は平均して1日18時間以上はかけていますが、
やはり全然歯は動きません。
主治医から“もし本当に動かないのだとしたら矯正を終了するしかない”と言われているのでとても心配です。一生懸命ここまで頑張ってきたのに。。

このままゴムをかけても歯が動かなかったら、本当に矯正治療を終了するしかないのでしょうか?

考えたくはないのですが、とても不安でなりません。。

No.471 ただ 様へのお答え2   好田先生から   2007年1月3日(水) 21:11    HP
お答えです。
以前にご質問いただいたのは先月の18日でした。
あれから2週間程ですが、ゴムを2本にしていかがでしたか?
18時間以上というのは少し少なくないですか?
6時間は外しているわけです。
その間に戻っていることもあります。

22時間以上にしてみませんか?
つらいですか?
ゴムの位置を変える話にならなかったですか?

詳しいご事情はわかりませんが、ゴムがなかなか効果を発揮しないこともあります。
もう少しなんらかの工夫をするか、ゴムの密度を高くしないといけないようですね。
治療を終了する判断の正否をここで申し上げられないですが、
主治医の先生とよくご相談していただく他はないですね。




No.468 続けてすみません   リエ   2007年1月1日(月) 11:50   
年をまたがってありがとうございます!!
まさに今年もよろしくお願いします、という感じです。
お休みのところありがとうございました。

骨にめり込ませることなんて可能なんですね…。
考えてもみませんでした。
歯茎、見えます、確かに。
あまり歯茎の色が鮮やかじゃないからか、自分ではさほど気にしてませんでした。
これが抜歯の判断基準になるとは知りませんでした。

上の歯の傾斜ですが、結構ひどいと思います。
たまたま写真の写し方が悪かったみたいです。
悪かったというか、真横から見ると傾斜はひどいです。
それがちょっと角度がずれると、そうでもなく見えたりします
(自分で自分を写すのは難しいですねーノバウサギまでバッチリ写りました)。
くちを閉じるのはムリが行く感じです。
完全に閉じれないというほどではないですが、口を閉じると不自然で、
この「口の不自然感(閉じたときの)」が矯正をしたいと思ってる
一番の動機です。

抜歯で聞きたいのですが、仮に5番を抜くことになった場合、
前の四本の歯を並んだ状態で寄せてくるという感じの
動きになるのでしょうか。
それとも、一本ずつ順番に手繰り寄せるような感じになって、
段々と歯の隙間が前方に移っていくような形になるのでしょうか。
文章力がなく、分かりにくくてすみません!!

矯正は始めるまでが大変なのですね…。
でも先生のお蔭でこれからのイメージがわいてきました。
楽しみになってきました!ありがとうございました。

No.469 リエ様へのお答え2   好田先生から   2007年1月2日(火) 9:44    HP
お答えします。
今年最初のお答えとなります。

>口を閉じると不自然で、
>この「口の不自然感(閉じたときの)」が矯正をしたいと思ってる一番の動機・・・

抜歯の治療のほうがよさそうな感じですね。

>抜歯で聞きたいのですが・・・・

抜歯空隙の閉鎖ですが、前歯は”塊”の状態で後方移動になります。
1本づつのやり方もありますが、私は採用していません。

>矯正は始めるまでが大変なのですね…。

皆様そのようです。
今のうちにしっかりと悩んでおいて下さい。

以上