[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.269 ご相談   なつ   2006年8月9日(水) 6:22   
はじめまして。先日近くのクリニックでカウンセリングを受けましたが、お話を聞けたのは衛生士の方のみで治療方針や使用器具の選択肢もありませんでした。もし他にも選択肢があるのでしたら検討したいですし、ないにしても理由等を説明して頂ける医院で始めたいと考えております。9才の女児ですが症状は写真の通りです。指しゃぶり等はなく、生まれつき口が閉じず舌を出す癖があります。きっちり閉じようとすると顎にしわが出来ます。最初は取り外し可能な器具で移動し、固定には「ワイヤー以外は透明」の器具を使い、舌の筋力を鍛えるトレーニングをしながら完了14〜15才を目標にやりましょうという事でした。大人の場合、治療期間・痛み緩和・見栄え等、優先するものによっていろいろ選択肢がある様ですが、子供の場合は当てはまらないものなのでしょうか?後、笑うとガミースマイル(上顎のみ)ですが、歯茎を切ったり鼻の下を伸ばす訓練をして目立たなくするしかないと言われましたがそうなのでしょうか?それと睡眠中の歯ぎしりがひどいのですが、矯正と関係がありますか?よろしくお願い致します。

No.270 なつ 様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月9日(水) 23:33    HP
お答えです。

これはほんとうに難しい症例です。
開咬といって、矯正ではもっとも難治症例とされています。
治療の効果が、後戻りによって簡単に失われてしまいがちです。
骨格に問題がある場合と歯に問題がある場合の二つに分かれます。
この写真から判断すると、歯が原因となっているように見えました。

ところが、口をとじると顎(オトガイ)にしわがよる、笑うとガミースマイルになる、等の問題をお書きになっています。
おそらく、長いお顔で特に口元が長く見えて、オトガイが後退したようなお顔つきではないでしょうか?
それをあわせて判断すれば、開咬が骨格を原因とするもののように思えてまいります。
矯正の診断では、専用の規格レントゲンで横顔を撮影して、
角度と距離計測で客観的に分析して判断を行います。
それによって確実に判断ができるでしょう。

もし、骨格に問題があって現症の開咬が生じているなら、
将来に外科的矯正も視野に入れておく必要があります。
それほどにこの種の症例は難しいのです。
通常の矯正のみの治療では、上下の歯を伸ばして咬むようにさせるので、
ガミーが治るどころではなくて、見た目はもっと悪くなってしまいます。

>舌の筋力を鍛えるトレーニングをしながら・・・

さて、そのようなものがどの程度効果を発揮するのか?
その程度のものに期待をかけることは良くないと思います。
ともかく、矯正歯科専門の医院でご相談下さい。
どこも、そのように楽観的なことは言わないと思います。



No.271    なつ   2006年8月10日(木) 4:56   
ご丁寧なご返答ありがとうございます。
それ程難しい症例とは思いませんでした。
先生にご相談して良かったです。
おっしゃる通り、顔が面長で
口を閉じた時は顎が後退した様な感じになります。
もう一度医院を検討し直し、早急に治療に入りたいと思います。
ありがとうございました。

No.272 悩んでます。 高1です。   なな   2006年8月14日(月) 0:34   
 はじめまして。私は、上の歯が全体的にななめに出ているので、歯の矯正をしたいと思い、検査をうけました。 その結果で、矯正の費用が73万もかかると言われ、親にはムリだと言われてしまいました。すごく高いとけど、この金額は、普通なんでしょうか?  また親は、費用が高すぎるらしく、全く矯正をつけるさせる気持ちが無くなってしまいました…。  歯は、年をおう事にこれ以上出てくるという事はありますか? お返事お願いします。   

No.273 なな様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月14日(月) 12:09    HP
おこたえです。
矯正の治療費用が高くて誠に申し訳ないことです。
当院での治療費用は、成人の場合検査から治療終了まで総額で約75万円ほどの費用のご負担をお願いしています。
お書きの内容の費用ともほぼ同額ですね。
都心の費用では安いほうに入ると思います。

この掲示板の235の相談の方をご覧下さい。
43歳の方がこれから治療をしようとされています。
あなたは、今はできなくて残念かもしれませんが、
将来これから治療のチャンスはいくらでもありますよ!
あなたがお勤めになれば、この費用は途方もない金額では決してありません。
ご両親に頼らずにご自分の意志と選択で解決しましょう。

なお、年齢が上がるにしたがって、歯並びは多少変化することもございます。
前歯が出たり、凸凹が増すこともございます。
その件については、今しばらくご辛抱いただくことになります。

No.274 ここ2.3年で前歯がだんだん出て来ている気がします。どうしてでしようか?   hatatomoko   2006年8月18日(金) 5:32   
私は歯並びはいい方です。周りからも歯並びはいいといわれています。
しかし、ここ2年くらいの間で、前歯が段々と出て来ています。
写真を見て頂くとワカルと思いますが、下の歯とかなりの差が出て来ています。どうしてでしようか?歯磨きをしていると、また少し出て来たなと分かります。親にもまた出て来たねと言われます。
どのような事が重なってこのような現象になるか教えて下さい。
やはり今後もまだ出てくる可能性はあるのでしょうか?
矯正なども考えています。お願いします。

No.275 hatatomoko さまへのおこたえ   好田先生から   2006年8月18日(金) 20:47    HP
おこたえです。

>ここ2年くらいの間で、前歯が段々と出て来ています。

そのようにおっしゃる方が時々おいでになります。
後ろの歯が前歯を押しているものと推測されます。
上顎に親知らずがあったりすると、それが原因であることもあります。
原因を取り除いても、いったん出てしまった歯は元にはもどらないですね。
ご家族の方に分かるくらいなら、相当量の変化があるのでしょう。
今後、更に出るような変化はある程度で止まるものと思います。



No.276 8歳、男の子   かこ   2006年8月18日(金) 20:50    HP
8歳、男の子の母です。受け口な上、上の永久歯が変に生え矯正が必要といわれ、他の矯正歯科で診察を受けました。
上の永久歯が犬歯を含め6本抜け、そのうち犬歯以外の4本が均等に生え、犬歯のはえる隙間がありません。
(4本の各歯の間には隙間があります)
その矯正歯科では、犬歯はまだ抜ける時期ではなく、それが生えないと矯正できないと言われました。
また、受け口も強いので、ただ歯を前に出すと角度がつきすぎるとのことで、経過観察中です。
その医師も印象が悪く、また、医院の評判も良くないので他に移りたいのですが、
同じような診察だったらと思うとなかなか踏み切れません。
まだ、治療にははやいのでしょうか?

No.277 かこ 様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月18日(金) 21:17    HP
お答えです。
8歳の方にしては乳歯の脱落がはやいなあ、と感じました。

>犬歯以外の4本が均等に生え、犬歯のはえる隙間がありません。
>4本の各歯の間には隙間があります

受け口の問題はさておき、
永久歯の前歯4本がバラバラに生えているのは、それが正常です。
永久歯の犬歯がはえるときに、前歯4本の3箇所のすき間が順次閉じてきます。
これが正常な交換スタイルです。
この交換のスタイルに手を加える場合には慎重さが要求されます。
それは永久歯の前歯の歯根が完成されていないからです。
そのような時期に強い矯正力を加えることは避けるべきことです。
その点で、いまの主治医が慎重に構えていることは納得の行く話しです。

>受け口も強いので、ただ歯を前に出すと角度がつきすぎるとのことで、経過観察中です。

確かにその説明もわかりますが、上下前歯の関係は正常にするほうが良い、と考える矯正歯科医師のほうが圧倒的に多いでしょう。

>経過観察中です。
>他に移りたいのですが

ちょっと、理解できない話なのですが・・・・。
転医は簡単なのではないでしょうか?
現状は観察のみで何もしていないのでしょう?
何もする必要がなかったのなら、検査や矯正の費用はお支払いになっていないでしょう?
簡単に転医できると思いますが・・・・。
すでに費用をお支払いになっているなら、それを捨てるのは難しいですね。


No.278 質問です。   かな   2006年8月19日(土) 4:21   
外科的矯正の場合 術前矯正が保険適用とそうでない病院があるのはなぜですか?

No.279 かなさま へのおこたえ   好田先生から   2006年8月19日(土) 23:36    HP
お答えします。
他院のことはわからないので推測でお答えすることになります。

保険で矯正歯科治療が縛られますと治療費用が低く押さえられてしまいます。
都心での一般的な矯正の費用に比較して著しく低い水準に抑えられています。
これでは普及は進まないでしょう。
私が大学で研修していた20数年以前と診療報酬がかわっていません。
むしろ、今年の4月に切り下げられています。
20年もたてばその間、新しい技術や考え方が導入されるのは当然ですが、
保険治療には何一つ新しいものは導入されていません。
これはいくらなんでもあんまりでしょう!

たとえば、現在なら前歯には審美性のあるセラミックブラケットは使用されるのは当然でしょう?
ところが、保険ではそのようなものは認められません。
保険が使用を認めるのは、低価格の金属装置か20年以前にあったプラスチック製の粗悪品のみです。
いずれも最近では専門医が使用するとは考えられないようなものばかりです。
そのような環境の中で、保険適応をしている先生はがんばっている人たちです。
おそらく、自腹を切って良質な装置を用いていると思われます。
この記事をお読みになった人たちは、”差額を支払えばいいんじゃないか?”とお思いになるでしょう。
それは保険のルールで、できないことになっています。
保険と自費の差額診療といって厚生省が厳しく取り締まっている内容だからです。

ことは、材料だけの問題ではありません。
治療内容も古い手技であるし、請求事務も煩雑で困ることが多いです。
保険は診療報酬を支払い基金に月に1回請求することになっています。
各患者一人分の請求を月にまとめて請求します。これをレセプトといっています。
私たちは請求件数が一般歯科よりうんと数が少ないので、手書きでレセプトを作っています。
ところが、数年先にはこのレセプトを電算化してインターネットで請求することに決まっています。
このシステムには数百万円の投資が必要です。
これは個人開業の矯正歯科では、年に何人の保険適応患者がいるかを考えれば到底対応のつくことではありません。
今後は外科矯正の保険はどんどん難しくなると思います。




No.280    nokko   2006年8月21日(月) 16:24   
矯正治療中なのですが、最近疑問に思うことがあります。
私の医院では歯科衛生士の方がワイヤー交換をして先生は最初と最後の確認のみ行います。どこの矯正歯科でもこのように先生は何もされないのでしょうか?それと、前歯の神経が死んでしまったのですが、矯正治療中によく起こりうる事ですか?その歯は虫歯もなく健康な歯でした。強い力をかけるとそうなりやすいのかよくわかりません。

No.281 nokko 様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月21日(月) 21:40    HP
お答えです。
この掲示板も長くやっていますが、旧掲示板では同じような疑問というか不安を多数いただいていました。
そういう患者さんの気持ちを知ってから、好田矯正歯科では99−95%は私が自ら処置することにしています。
私のもとに通院中のかたは皆納得される数字であると思います。
患者さんは高い費用をお支払いになっています、院長先生が見てくれないのには不安が残り納得がゆかないでしょう。

>どこの矯正歯科でもこのように先生は何もされないのでしょうか?

そういうやり方の先生が多いと思います。
が、私のような考え方をする先生も少なからずおいでになるでしょう。

さて、あなたは今の主治医をどのような判断でお選びになったでしょうか?
多くの歯科診療ユニットがならんでいて、ユニット以上の数の多くの衛生士が働いていて、場合によっては若いドクターもいるかもしれません。
そのような診療所はいつでも患者さんが出入りしていて、”繁盛している、いいんだ!”とお感じになることが多いと思います。
メリットは、患者さんが少々診療時間に遅れたり、約束を変更しても融通がききやすいです。しかし、責任ある先生には見てもらう時間が短くなるという欠点があります。治療レベルが下がる心配も出てまいります。

その一方、わたしのようなスタイルの診療所はユニットの数が1−2台と少ないです。
院長自ら処置するわけですから、多くのユニットと従業員があっても仕方がないのです。
患者さんの出入りも少ないので、おのずと外からみれば”はやっている”とは見えないものです。
私の所では、1時間に4人の患者さんを当てています。5時間で20人です。
せいぜいこのくらいが100%集中して仕事をする限界です。
メリットは、診療に間違いがすくなく効率的で高いレベルの治療が維持できることです。待ち時間も短いです。また、患者さんとの対話の時間が長く治療を共にするという共感が得られることです。
ところが一方では、約束の時間がとりにくいという欠点があります。融通がきかないのです。患者さんのご希望が集中すると、それを一挙にさばくことができなくなります。

さて、どちらが良いのでしょうか?
工場で自動化されたシステムで作るか、職人が手作りで細々やってるのか?
時間のない方は前者が良いでしょうし、時間のある方は後者のほうが良いという言い方もできるでしょう。
治療内容にこだわりたい方は後者が良いでしょう。
私の元への通院中の患者さんは、今ご自分がどちらの中にいるのかがよくお分かりになるでしょう。

>前歯の神経が死んでしまったのですが・・・・

さて、困ったことです。
歯髄壊死といいます。原因の特定は難しいです。
ごく低い確率ですが全員の方に生じる可能性が考えられます。
ということで、矯正のリスクとして治療開始時の説明事項の一つにしています。
力の大きさが関与しているのかどうか?
このことはいまだ解明されていません。
この歯髄壊死についてはもうしばらく何もしないで見るだけにしておいてください。
特に変色がきつくならないこともありますし、何も症状なく経過することが多いです。
また、いったん変色しかけても再び再生されることもあるようです。
虫歯による細菌感染での結果ではないので、生き返ることもあるようです。
歯髄はほんとうに不思議な組織です。


No.282    nokko   2006年8月22日(火) 9:37   
回答ありがとうございました。
先生のおっしゃる通り人数をこなす医院です。あまりにも先生が何もしないので、先生はワイヤー交換等できないのか?と思ったりします。
歯科衛生士はワイヤー交換、ブラケット装着など、法律的には禁止されてないということでしょうか?カウンセリング時に、先生にすべてしていだだけると聞いてたにもかかわらず未だ初めと最後の確認しかしてくれません。
治療途中での転院は不可能でしょうか?

No.285 nokko 様へのおこたえ2   好田先生から   2006年8月22日(火) 21:24    HP
お答えです。

>先生はワイヤー交換等できないのか?

まさか!
まさか、そんなことはありませんよ。簡単なことですよ。
そんなことができない矯正歯科医はいませんよ。

>歯科衛生士はワイヤー交換、ブラケット装着など、
>法律的には禁止されてないということでしょうか?

歯科の場合、歯科衛生士の業務は細かな所まで法律または指導により制限があります。
しかし、矯正歯科の衛生士業務は何も決め事がないと思います。
最近、業務制限ができた等の話も聞いたことがありません。
その決め事がないのを良いことに、ブラケットの装着までさせていると聞いたこともあります。

>初めと最後の確認しかしてくれません。

まだ、それがあるだけましではないですか?
院長先生がいるわけですからねえ。
先生がいないで衛生士のみでやっている、なんてことを聞いたこともあります。

>治療途中での転院は不可能でしょうか?

一般論では可能です。
しかし、今の先生にお支払いになっている費用の問題が発生しませんか?
次のところでは、新たに費用のご準備が必要になるでしょう。
好田矯正歯科では、継続治療の人にはその治療の進度に応じた割引費用をご請求しています。
ただし、状況の悪い方は初めての方と同じ扱いになることもあります。
よくお考えになってから判断しましょう。

No.286 迷っています   あかね   2006年8月23日(水) 10:18   
はじめまして。
23歳女です。

今矯正をするかどうかで迷っています。
下の歯並びも良くはないのですが、
特に気になるのは前歯2本が飛び出ていることです。

以前(小学生の時)一度いろいろな矯正歯科で診てもらったところ、
顎が小さいので上2本下2本の抜歯が必要とのことでした。

キレイな歯並びになるためなら抜歯は仕方ないのかと思うのですが、
以前知り合いが抜歯して矯正し失敗、逆に歯が隙間があいてしまったので
両親は反対のようです。

そこで質問なのですが
 @抜歯して矯正する際のリスクはありますか?
  (顔が悪く変わる、抜歯の隙間が外から目立つ、など。)
 A失敗しないための良い矯正歯科選びの基準は何かありますか?
 B前歯を引っ込める矯正でも裏側から出来るのでしょうか?
 C神経を抜いてしまった歯があっても矯正は可能ですか?

一度にたくさんの、しかもアバウトな質問ですみません。
よろしくお願いします。


No.288 あかね 様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月23日(水) 21:13    HP
お答えです。

>@抜歯して矯正する際のリスクはありますか?
  (顔が悪く変わる、抜歯の隙間が外から目立つ、など。)
 
今のお口元はどのような状態でしょうか?
上の前歯が2本とび出しているなら、お口元もその影響をうけてはいないでしょうか?
もし、そうなら抜歯をして上の前歯2本を内側に傾斜させると、
お口元は以前よりずっと審美性がよくなると考えられます。
そう、お顔はよく変わるのではないでしょうか?
また、抜歯のすき間が目立つのは、よほどの下手な矯正治療を受けた場合です。
普通はそのようにはなりません。

>A失敗しないための良い矯正歯科選びの基準は何かありますか?

それがいちばん難しそうです。
280のnokko様にお尋ねになるのが良いかもしれません。
表面的なライセンスは、日本矯正歯科学会認定医または専門医(新設)をもつ先生が良いでしょう。
歯科と併設の矯正歯科は避けたほうがよいでしょう。
あとは、ご自分の目と感覚での判断ですね。

>B前歯を引っ込める矯正でも裏側から出来るのでしょうか?

可能です。ただし費用がたかくなりますよ。
 
>C神経を抜いてしまった歯があっても矯正は可能ですか?

全く問題ございません。




No.290 質問させてくださいm(。_。)m   なな   2006年8月26日(土) 23:45   
娘が矯正している(一応完了?)のですが、納得がいかず、詳しいこともわからないため、色々検索して、ここに辿り着きました。。
こちらの医院には全く関係のないことですが、一般的な回答で構いませんので、宜しくお願い致します。

今6年生(11歳)の娘が4年生になってすぐ、ずっと気になっていた出っ歯の矯正を始めました。
たまたま情報誌で見つけた矯正専門の歯科で、まだ年齢的に早いかな?と思ったのですが、相談しに行くと、「転ぶと損傷するのが一番心配ですし、今始めるのが年齢的には一番いいですよ。永久歯に生えかわってから再度矯正が必要かもしれませんが、矯正後に永久歯がちゃんと生えてくれば費用は少なくてすみますし」とのことでしたので、すぐに矯正をお願いしました。
4年生の子には歯の痛みや歯磨きの面倒さにはこたえたようですが、5月に矯正を始めて、翌1月には装置をとることができ、その期間の短さに「子供の歯って動きやすいんだな」と思ったものでした。
その後、確か半年ほど一日中リテーナーをつけ、半年ほど睡眠時だけリテーナーをつけていました。
「もうリテーナーもつけなくていい」と診断されたのが今年1月です。「次は半年後に予約して来てください」と言われ、先月来院しました。
もうリテーナーをつけなくていい、と言われた時、出っ歯だった前歯がすっかり噛み合わさっていました。先生がおっしゃったのは「これから上の歯が少し前に出てくると思いますので、今の状態で問題ありません」ということでした。
でも、半年の間にすっかり元通り・・・くらいになっていました。(現在下の歯とは1cmくらい間があります)
学校からも「前突」という診断を受けて帰って来ましたので、そのプリントも持って行きましたが、「永久歯交換完了まで経過観察しております」と記入されました。
先生の診断はこうです。「リテーナーをとった後、八重歯が下から生えてきており(まだ姿はありません)それが押していて、前歯が出てしまっている。今はどうすることもできない」
それが本当なら、それは半年前に判断できなかったのでしょうか?
一応リテーナーもはずれましたが、まだ定期的に予約をとって通院しています。(次回は9月の予定)
その度にもちろん、診察代として3,000円支払っています。私的にはまだ「矯正は終了していない」と思っているのですが、その期間に「元通り」になってしまった歯の矯正は『どうしようもなかったこと』なのでしょうか?
子供には「転ぶと危ないから、注意してね」と言われていました・・・
だったら、何のためにあの時矯正を始めたのかわかりません。。。
例えば、美容室ならば、パーマがうまくかからなかった場合、無料でかけ直してくれますよね?(しかも「何度も足を運ばせて、時間をとらせてごめんなさい」ですよね)
矯正歯科の場合は、診断ミス、判断ミス、、、ということは問われないのでしょうか?

というようなことを、本当は主治医に話したいのですが、子供の前では争いたくない。当の子供には、主治医をずっと信用したまま治療を進めたく思っています。
私だけが先生のところに行って話してもいいのですが、客観的に見て、私の考えがおかしいのかどうかをお聞きしたくて、質問させていただきました。
重い話でごめんなさい。
不適切でしたら、削除していただいて構いません。

No.291 なな様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月27日(日) 17:53    HP
お答えします。
不適切とは思いませんので、ぜひお答えしたいとおもいます。

>客観的に見て、私の考えがおかしいのかどうか・・・・

べつにそうは思いません。
いままでの経過を聞かせていただいて、ちょっと気の毒に思いました。

>それは半年前に判断できなかったのでしょうか?

判断できたと思います。それどころか、治療前からできていたかもしれません。
すべてこの可能性をわかった上で主治医は治療開始していると思います。
それが証拠に、

>永久歯に生えかわってから再度矯正が必要かもしれませんが、
>矯正後に永久歯がちゃんと生えてくれば費用は少なくてすみますし

という説明で治療開始に至ったわけでした。
その2行の説明に”答え”が凝縮されていますね。
”再度の矯正が必要かもしれません”と予め主治医の先生は言っていたわけです。
だからその可能性も最初から考えられたわけです。
また、その一方で、
”矯正(小児矯正)後に永久歯がちゃんと生えてくれば”と説明されています。
すなわち、小児矯正のみでうまくゆく可能性もあるということを言っています。
もし、成功すれば2回目の追加的な永久歯列の治療は必要ないし、
簡単にはじめて簡単に終了し費用も安く済んだはずです。
これは、小児矯正の利点です。

ところが、小児の矯正治療とは結果を予想しにくい”あいまいな”部分がございます。
長期の成長過程にありますのでいたしかたのないことなのです。
小児のうちに治療が終了できる幸運な例もあれば、今回のご相談のような例もございます。
小児矯正ですべてを解決できることもあれば、解決できないこともあります。
(実は、解決できない症例の方が多いと思います。)

まあ、下世話な言い方をしますと”賭け”をしたようなものです。
お母様は、先の2行の説明の文章の後半に賭けられた訳です。
そして、その”賭け”に敗れたと。
(これは大変に失礼な言い方をいたしました。)
小児矯正のメリットのみをみて治療を開始されたように思われます。
説明の前半部分をしっかりと見極められなかったようです。

私は中立の立場で、真実を述べています。
この真実を述べた上で治療開始の判断をしていただくべきと思っています。
小児矯正を開始しても、次の2段回目の永久歯列の治療が必要になるであろうと予想されるときには、
小児矯正をお薦めしないことも多いです。
そのような方は、永久歯列が完成した中学生の後半あたりから治療を開始するほうが合理的な判断と思われるからです。

問題となるのは、主治医は開始に当たってどのような説明をしたかということです。
小児矯正にすごく魅力があるような言い方をしたのか?
私のように一歩ひいたような言い方をしているかどうかです。
ちなみに、私のような事実をありのままに伝える説明をしていると、
小児の患者さんはほとんどいなくなります。
好田矯正歯科では現在の所、小児の患者さんは医院全体の10%を切っていると思います。
相談に来た方のうち年に50人くらいには、”今は何もしないで永久歯列の完成を待つよう”言っています。
でも、その私の言葉を信じて戻ってきてくれる患者さんはほとんどいないですね。
これも実態でございます。

今回の治療の経緯の細かなことはご当人にしか分からないこともありますので、
多少のクレームをお付けにならないとお気がすまないことでしょう。
他院に転医されるとなると、治療費は一からお支払いにならないといけません。
しかし、今のところで治療を続けるのなら2回目の治療は追加の割引の費用になるのではないですか?
そういうメリットもお持ちであることもご留意いただいたほうが良いと思います。





No.287 No.110さんの質問をみて   masa   2006年8月23日(水) 16:51   
はじめまして。
No.110さんの質問をみて、
自分はもしかしたら「軟組織じたいに弾力性が少なく、皮膚がかたい」から
口が閉じにくいのではと思いました。
そこで質問なんですが、この症状を治すにはどうすればいいんでしょうか?
歯列矯正とあまり関係ないかもしれませんが、回答宜しくお願いいたします

No.289 masa さまえへのおこたえ   好田先生から   2006年8月23日(水) 21:24    HP
お答えします。

>軟組織じたいに弾力性が少なく、皮膚がかたい

そういう人もあるかもしれません。
皮下の脂肪組織の厚みも関係があるかもしれません。

>この症状を治すにはどうすればいいんでしょうか?

わかりません。
それを知っていればもうすでに使ってますよ(笑)。

外傷があったとして、その後の傷後が瘢痕化して硬くなってしまうことがあります。
このような場合には、手術的に減張切開といって、組織にメスで切れ目をいれるようなことがあるようです。
どのように効果があるのかわかりません。
そのことを利用して、あなたに適応することが医療として認知されているのかどうかも知らないです。


No.293 29歳の女です   さくら   2006年8月28日(月) 23:57   
前歯のみの矯正を考えておりますが、接客業ということもあり、裏側からの治療を希望しております。その場合上下とも器具をつけないといけないのでしょうか?もし可能であれば料金はいくらほどで、月々の支払いも可能かなども教えていただけるとありがたく思います。お忙しいところすみません。


No.295 さくら様へのおこたえ   好田先生から   2006年8月29日(火) 23:16    HP
お答えします。

MTMといって、一部に限局した矯正治療をご希望のようです。
MTMは適応症例が限られ、ご希望の方全員には適応でないこともあります。これが原則論です。
でも、”どうしてもそうしてほしい”という強いご希望なら別にかまいません。
例外もありということでも良いでしょう。

使用する装置は外側でも裏側でも基本的には同じですが、裏側は費用がお高くなります。
検査料とMTM料を合わして50万円あまり、これに再診料5000円
で治療期間は1年以内でしょう。
(ちなみに外側になりますと、38万円あまりと3500円となります。)
MTMは期間が長くないので、お支払いは6ヶ月以内にお願いしたく存じます。
その月数の中で分割されても結構です。





No.292 お忙しいところありがとうございましたm(__)m   なな   2006年8月28日(月) 23:08   
こんなにご丁寧に答えていただけるとは思ってもいませんでしたので、とても嬉しいです。
しつこいかと思いますが、書き方がおかしくて、誤解させてしまったようなので、
再度詳しく説明させてください。

>永久歯に生えかわってから再度矯正が必要かもしれませんが、
>矯正後に永久歯がちゃんと生えてくれば費用は少なくてすみますし

ここの部分ですが、矯正した永久歯については「元に戻る」ということは想定してませんでした。(「リテーナーで元に戻らないように固定する」と言われていましたし…)
「前歯の4本と奥歯を矯正し(これは小児の一般的な矯正ではないのでしょうか?)、その後に、間に生えてくる永久歯がカタカタに生えてくるかもしれないので、その時は再度矯正が必要」
という説明だったので、それは親としても一つの賭けでした。
「どうか永久歯がうまく生えてきますように。
もし多少カタカタに生えてきても、そんなに気にならないようなら再度矯正しなくてもいいかもしれない(何しろ「出っ歯を直したかった」のだから)。」
との気持ちはやはりありました。
しかし、一番直したかった前歯が矯正をしたにもかかわらず、元に戻ったのでは(しかもリテーナーをはずして半年の間に)何のために矯正したのかわからない、納得できないのは誰でも理解できることですよね?(ちょっと強気ですが><)
たぶん、娘の先生も元に戻っているのを見て、驚かれたのではないかと思います。
子供だけ先に診察をして、私が通された時「八重歯が・・・」と説明をされましたが、それは言い訳にしか聞こえませんでした。。
その時に、もっと前向きな方向で話をしてもらえていたら、「仕方なかった」と少しは納得できたのかもしれませんが「何もできない」と言われたら、頭は真っ白でした。怒りを抑えるのが大変でした。
今まで信頼してお任せしていたのに、「賭けに敗れた」のなら、その医院を選んだのもひとつの賭けで、医院選びから間違っていたと思うしかないのでしょうか?
(こう言うと、娘の先生もショックでしょうけれど・・・)

2回目の治療は追加の割引の費用というわけにはならないようです。
永久歯の治療は通常の料金で始めなければならないという認識でした。
それが、今回クレームをつけることによって割引される・・・ということはあるのかもしれませんが(あるのかな?)、これからも長いお付き合いになるのでしたら、私の言い方によって先生が気を悪くされないかということと、こんな経緯があったのに、正直いって大事な娘の歯をまたお任せすることもためらわれます。
そういうことも含めて、まずはお話してみようかと思っていますが・・・
冷静に考えをまとめさせてくれたこの掲示板に感謝致します。

No.294 なな様へのおこたえ2   好田先生から   2006年8月29日(火) 23:04    HP
昨晩に引き続きのおこたえです。
ほとんど書き終えた所で、落雷で文章がすべて消えてしまいました。
がっかりです。
思い出しての書き直しは、文章が短くなりがちです・・・。

>元に戻ったのでは(しかもリテーナーをはずして半年の間に)
>何のために矯正したのかわからない

それもがっかりすることですね。
当事者でもない者が口をはさむのは良くないと思うのですが、
先にお書きの内容を読ましていただいて、”えらく簡単に済ませるんだなあ”と印象を受けました。
そんな短期間ではなくもう少し装置を歯に残して様子を見ていれば、
安定が維持されて元に戻る量も少なくできたかもしれません。
それを思わせるほどの短期間の治療だったと感じました。

>医院選びから間違っていたと思うしかないのでしょうか?

結果としてそうなりました。(失礼しました。)

>2回目の治療は追加の割引の費用というわけにはならないようです。
>永久歯の治療は通常の料金で始めなければならないという認識でした。

それは解せない話ですね。
永久歯列の治療の費用を100とすると、小児矯正の費用は40−50%ぐらいで、
小児矯正で終われなかったような場合には、残りの60−50%を払えば永久歯列の治療が受けられる、これが業界の常識と私は思っていました。
だから、早く始めても後から始めても基本的な費用は大きくは変わらない、と。
お母様のお話では、140−150%の治療費をお支払いになることになります。
(医院側の対応のまずさもありそうなのに、患者側の負担が大きすぎると思います。)

>こんな経緯があったのに、正直いって大事な娘の歯をまたお任せすることもためらわれます

話は簡単です。
現時点で治療を終了すればいいのです。
見切りをつけましょう。
上記の費用のお話から、現医院で継続して治療を受けるのに費用の上での特典が何もありません。
その上、信頼関係も失われつつあるようです。
今後の治療は、永久歯列が完成した後から別の矯正歯科で受ければよいのではないでしょうか?
そのほうが気持ちが新たで良いと思われます。
お子様もいつまでも子供ではないですから、今のお母様のご判断をご理解いただける日が必ず来ると思います。
事情を話せば、費用を安くしてくれる矯正歯科も出てくるかもしれません。


No.296 ありがとうございました。   さくら   2006年8月30日(水) 15:05   
下の歯並びが、決して良いというわけではないのですが、前歯の出が自分
の中では特に気になり(周りからは気にするほどではないといわれますが・・)費用のこともあり、来年に結婚の予定もあるので、それまでに先にその部分を治したいと考えております。我侭を言い、すみません。又そのご相談に伺わさせて頂きたいと考えておりますので、その節は宜しくお願い致します。丁寧にお答え頂き感謝します。ありがとうございました。

No.297 さくら様へのおこたえ2   好田先生から   2006年8月31日(木) 22:47    HP
お答えです。

>結婚の予定もあるので・・・

おめでとうございます。
それではよくお考え下さい。