[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.138 子供の矯正。   矢崎   2006年4月2日(日) 15:34     Mail
小学4年生になる子供の事なのですが去年学校の歯科検診で歯の矯正が必要と通知が来ました。そして行きつけの歯科に言ったところ「来年あたりに矯正してみては?」と言われました。その歯科医では矯正しかはやっていないので
他の歯科医の紹介状もかくと言ってくださいました。
今現在子供の歯の状態ですが普通人間口を閉じた状態で歯を見せると上の歯が
下の歯を隠すようになっているかと思います。しかし家のこの場合上の歯と下の歯が同じ位置なんです。顎が出ているわけでも無いのですが・・・
このような場合今から歯科矯正は必要になる物なのでしょうか?
ある歯科医は大人になってからでも十分と言われているのですがまた違う歯科医に言わせると今のうちにするのが良い。と言われております。
そしてとあるところで相談したらここの掲示板に相談してみては?と紹介して貰いました。

家のこの場合今すぐ居なければならないのそれとも大人になってからでも自由分なのかどうでしょうか?

No.139 矢崎 さまへのお答え   好田先生より   2006年4月3日(月) 16:59    HP
お答えです。

小学4年生なら、10才程度。
遅い人なら上の前歯4本が生えそろってない人もいます。

>しかし家のこの場合上の歯と下の歯が同じ位置なんです。

上の前歯が出てくる途中ならそのように見えることもあります。
そうであれば、心配はいらないわけで、
自然に正常に見えてくるはずです。
ところが、下顎の前歯が前に出ていて上の前歯と先端どうしであたることもあります。
この場合は一種の”受け口”というあつかいになります。
矯正の治療をお考えになっても良いかもしれません。

治療の開始時期の考え方は二つあります。
今すぐに始めるか、歯列の完成をまって13−14歳から始めるか。
あなたのお子様にはどちらが適切なのか?
掲示板の文面のみでの診断は責任を持って出来ることではないということが前提ですが、
私の基本的考えは、”矯正治療は成人になってからでも十分に可能。”ということです。
子供のうちに済ませないと治らなくなる、ということは決してないからです。
今したくない人はあえて無理することはありません。

一方、子供のうちに前歯を正しく咬むようにしておくことも悪いことではありません。
前歯のみを先に治しておく判断も誤りではないです。
そのほうが良い結果につながることもあります。
かといって、早くから始めれば早く終了できる、と言う考えは間違いです。
また、早くから始めると抜歯や手術をしなくてすむ、という考えも誤りです。
小児の矯正の出来る範囲は限定的であることご理解いただかないといけません。
早く始めても、16−17歳まで治療が終わらないこともあるのです。

矯正治療はいろんな良い面、悪い面がありますので、
複数の矯正歯科専門医で相談を受けられるのも良いでしょう。
そして、一番受け入れやすい説明をした医院で治療をすれば良いと思います。





No.140 歯茎の後退と歯のぐらつき   中村   2006年4月5日(水) 6:49   
昨年12月よりブレースを装着し始めました。矯正のための抜歯は上の左右2番(上両前歯のすぐ隣の歯)の2本と下の真ん中の歯を抜歯いたしました。私のケースはかなり異例だそうですが、右2番は20年以上前の差歯でもう寿命も長くなかったため先生は抜くことに決定されました。抜いたスペース(右2番位置)にはとなりの犬歯をもってくる予定だそうです。この犬歯はもともと差歯の2番の上に重なるように生えていました。実はこの犬歯のことですが、この歯にエラスティックゴムをかけており、歯茎が大変後退してしまいました。私の場合、歯が普通より急激の動いてしまったようです。しかも少し向きが前歯にむかって斜めになってしまいました。先日の調整日には、歯茎の後退がひどく、もしかするとこの歯を失うことになるかもしれない、と言われました。そこでインプラントかブリッジをする必要があるかもしれないとのことです。後退した歯茎をいうのは通常一度後退すると元にはもどらないものなのでしょうか?

No.141 中村 様へのおこたえ   好田先生から   2006年4月5日(水) 20:21    HP
おこたえです。

>左右2番の2本と下の真ん中の歯を抜歯いたしました。

そのような抜歯のバリエーションもございます。
確かに少ないですね。

>右2番は20年以上前の差歯でもう寿命も長くなかったため
>先生は抜くことに決定されました。

それは良い判断だったと思います。
主治医の先生のご判断を尊重したいとおもいます。

>歯茎が大変後退してしまいました。

それには色々と原因があると思います。
もともと凸凹に歯が生えていると、歯と歯が異常にくっつき過ぎていて
歯と歯の間に本来あるべき”歯ぐき”が最初から存在していないことがあります。
このような場合には、凸凹が修正されたときに歯ぐきが退縮して見えることが
あります。 これには、ちょっと仕方がない面があります。

>歯が普通より急激の動いてしまったようです。

そういうこともあるかもしれませんが、ゴムを使って歯が伸びる方向への力の
かけ方なので急速に動くこともあります。

>もしかするとこの歯を失うことになるかもしれない

推測ですが、その犬歯の周囲には十分に骨がなかったことが考えられます。
つまり、歯周病がひどく進んでいたのかもしれません。
歯が異常に早く動いたことが事実なら納得の行く説明ですね。

>後退した歯茎をいうのは通常一度後退すると元にはもどらないものなのでしょうか?

原因とその程度によっては復元も可能であるかもしれませんが、
あなたの場合は、主治医の先生のご判断もあるので難しいのではないでしょうか・・・・。

たいしたお力になれずに申し訳ないですね。


No.142    けいこ   2006年4月12日(水) 10:34   
私は口元がサルみたいでモッコリしています。外科手術が必要なのか、矯正で治るのかわかりません。歯はそんなに斜めになっているとは思いません。よく矯正の写真で見る出っ歯とは全然違います。出っ歯は矯正すると外見もかなりきれいになっているのがわかりますが、私の場合出っ歯と言う感じではないのでどうしたらいいのか?と考えていました。その時このホームページの画像をみて、これだ!と思いました。

ホームページの『上顎前突』のところの説明2の方です。
2.上顎前歯の傾斜度は正常だが、鼻の下の骨の部分全体が前に出ている場合上顎小臼歯2本を抜いて空隙を得、その空隙を閉鎖することで上顎前歯の歯軸を変化させないように後方へ平行移動させます(歯体移動という)。すると鼻の下の骨の部分も前歯の歯体移動にそって歯と同様に後退します。このような骨の改造を利用して、上顎の骨格全体を後退させることを治療目標とします。

でもほとんどの矯正でこのような方法は見たことがありません。このようなことが矯正で可能なのか?と思ったりします。もし本当ならこの矯正がしたい!と思ってます。この矯正は歯だけではなく、鼻の下のあたりも後退するのですか?骨の部分も後退するって本当ですか?

No.143 けいこ さまへのおこたえ   好田先生より   2006年4月12日(水) 22:04    HP
お答えです。

上の前歯は傾斜して前突していなくても、
上顎の骨格が前にでているので、鼻のしたあたりが出ている人があります。
これも上顎前突症のひとつです。
結構おいでになります。
ご指摘の内容は下記のURLです。
http://e-ortho.jp/nagare/jogaku.html

>でもほとんどの矯正でこのような方法は見たことがありません。

はい、まったくそのとおりです。
理由は二つです。
まず、一つ目の理由として、むつかしいからです。
よほどの技術力がばければなりません。

二つ目の理由は、そのような移動が出来ることを知らない矯正歯科医もいるということです。
”まさか”とお思いでしょうが実際そうです。
時々、失敗症例がセカンドオピニオンを求めて相談においでになります。
ほとんど、主治医は知識がないのではないか? と疑問を感じることがあります。
技術的失敗というより知識の欠如ではないか、とも感じるのです。

私は最近は、ミニスクリュー(インプラントスクリュー)を併用することが多くなってきました。
詳しくは下記をご覧いただきたいですが、
http://www.kohda.jp/implant.htm
これをうまく使えば、上記の”歯体移動”も比較的簡単になりそうです。
鼻の下の骨の部分が後退するのです。

矯正歯科の技術は進歩しています。それを感じます。

No.144    けいこ   2006年4月13日(木) 14:12   
お返事ありがとうございます。歯だけじゃなくて口元が後退するんですね!うれしいです。ミニスクリューを見たんですが、これは裏側矯正では無理なんですか?やはり裏側は効果が少なかったりするんですか?少しでも目立たないようにしたくて、上だけでも裏側にしようかなぁ…とか、裏側は効果が少なくて思い通りにいかないなら、目立たないなら表でもいいかなぁ…とか思ってたんですが、効果は同じで目立たない方法はありますか?

No.145 けいこ さまへのおこたえ2   好田先生より   2006年4月13日(木) 21:04    HP
おこたえです。

ミニスクリューは歯の外側(通常)矯正でも内側(裏側)矯正でもどちらでも使用できます。
内側矯正のほうがミニスクリューの必要度合いは大きいのではないかと思います。

>上だけでも裏側にしようかなぁ…
>裏側は効果が少なくて思い通りにいかないなら

裏側の矯正であなたのご希望を十分にかなえることが出来るのかどうかが問題です。
これが一番大事な問題です。
治療をお受けになる前に説明をよくお聞きになってからご判断されることをお薦めします。

>効果は同じで目立たない方法はありますか?

歯の裏側矯正は外側矯正とは同じ効果は得られません。
難度の高い症例に対して裏側矯正を用いると、どうしようもない失敗に終わることもございます。
そのようなことで困っておられる相談を何回も受けてきました。
慎重にご判断ください。


No.146    けいこ   2006年4月14日(金) 12:39   
返事ありがとうございました。今は事情があってまだできないので、出来るようになったら、相談にいかしてもらいます。

No.147 けいこ さまへのおこたえ3   好田先生から   2006年4月15日(土) 18:34    HP
ほんとのことを書いたから、意気消沈してしまいましたか?

No.148 こんばんは   まさみ   2006年4月18日(火) 1:52   
好田先生、こんばんは。
実は何年か前に(7年ほど前)梅田のクリニックで好田先生に治療していただいた者です。難しい症例との事でしたが、きれいな歯並びにして頂いて感謝しています。ありがとうごございました。
実は相談したい事があり、こちらの掲示板におじゃましました。小さい頃から顎の痛み(顎関節症)があり、しばらくの間は痛みは落ち着いていたのですが、3年ほどまえにまた顎の調子が悪くなり、その頃に(バイオプレート:http://biotreat.net/)という治療を始める事にしました。(ちなみに《バイトプレート》とは違います。)その治療で食事時と就寝時に上下の歯にプレートをはめて咬合を高くすることによって顎の痛みは現在は落ち着いています。ただ、歯の噛み合わが、前歯のみが当たるだけで、奥歯は全く当たっておらす、食事用のプレートなしでは、全く噛むことができなくなっています。
歯並びは全く変わっていませんが、顎の位置が変わったせいです。
バイオプレートクリニックの先生は今の顎の位置にあわせて奥歯を高く補綴するか、再度矯正をしなおすかのどちらかと言われました。ただ奥歯の補綴は虫歯のリスクが高いとの事ですし、私としてはもう一度矯正を希望しています。たまたま近所の矯正治療もやっておられる歯科医院で診てもらったところ、《外科手術をするしかない》と言われましたが、それはかなり怖いので躊躇しています。以前お世話になった好田先生にもう一度お願いしたいと思いますが、外科矯正なしでできますでしょうか?ちなみに今は食事の時はそのプレートを奥歯にはめて食事をしており、それ以外は外しています。ずっと外したりはめたり、は嫌なので、自分の歯で噛めるようになりたいのですが。

No.149 まさみ さまへのおこたえ   好田先生から   2006年4月18日(火) 20:55    HP
お久しぶりです。

まさみさま? 正美さま? ひょっとしてU様でしたでしょうか?
ちがうか・・・・? 難しい症例だったかなあ・・・?
すみません。 何分と昔の話、お顔を見ればすぐに思い出せると思います。

さて、ご事情は複雑そうです。
そのバイオプレート(バイトプレート、ナイトガード、スプリント呼び名は色々です。目的はほとんど同じものです。)によって、
咬合を高くすることに加えて、下顎を前方に整位する目的で使用されているのでしょうか?
お答えの前にこちらが質問させてください。

もし、そうなら相当に歯の上下のかみ合わせはずれてしまっているはずです。
下顎の関節頭が関節のくぼみから抜けたところで咬合させられています。
上記の各種のプレートはそのような働きがあります。
そのようにして人工的に創られた顎位にあわせて奥歯の歯の形をすべて合わせて作るわけです。
それもひとつの治療方法であると思いますが難しい方法と聞いています。

外科的手法を併用するのか、矯正のみで可能か、矯正と補綴とを組み合わせるのか、三つをすべて併用するのか、方法はいろいろです。
今現在どれほどのずれが生じているのかが手段を決定すると思われます。
ここで確定的な判断はとても困難です。

すべておいやなら、そのプレートを全く止めてしまうことができますか?
プレートなしで関節がうまく機能するなら、放置しておくと勝手に元に戻ると思いますが、もうできないですかね?



No.150 お返事ありがとうございます   まさみ   2006年4月19日(水) 0:58   
お返事ありがとうございます。(私はUさんではありません。(^^♪現在は姓はかわっていますが、旧姓はMです。)

私の治療していたバイオプレートの先生曰く、《現代人のほとんどの人が咬合が低い、低位咬合になっている》ので咬合を高くもっていくとする治療、つまりプレートをはめる事によってその人の本来の顎の位置にもっていくのがバイオプレート治療だそうです。
プレート使用の結果、私の場合かなり咬合が高くなってしまいましたが、それが本来の私の正しい顎の位置との事らしいのです。
今現在は確かに若干顎が前に出てきている様にも思います。上下の噛み合わせはずれており、自分の歯で噛みこむことはできません。
プレートは、就寝時用と食事用の2種類ですが、就寝時は今は使っていないのですが、食事の時はプレートはなしでは食べられない状況なので、やめることができません。
そのクリニックで奥歯を高くする補綴する事を薦められましたが、そうすると前歯の上下に開いてしまいます。また、近所の歯科医院で診てもらったところ、矯正だけでは、こんなに高く奥歯をひっぱりあげることは難しいらしいので外科手術を併用した矯正を薦められました。
できたら矯正だけの治療を好田先生に再度お願いできないでしょうか?
どうしても補綴の併用が必要であればそれは仕方がないと思いますが、とにかく外科手術だけはどうしても避けたいのです。

No.151 まさみ さまへのおこたえ2   好田先生より   2006年4月19日(水) 20:19    HP
これは大へん失礼しました。(どなたかわからなくなりました。)

それはともかく、おこたえです。
というかもう少しお教え下さい。

>現代人のほとんどの人が咬合が低い、低位咬合になっている

そのご意見は、多数意見ではありません。ごく少数派の意見です。
それが証拠にほとんど行われていない内容です。
確かに低位の方もおられるかもしれませんが、ほとんどの方はその環境変化に対応できる順応性をお持ちなのが普通だからです。

>プレート使用の結果、私の場合かなり咬合が高くなってしまいましたが
>本来の私の正しい顎の位置との事らしいのです。

プレートの使用の結果、症状のほうはどうなりましたか?
元々何か問題があって、そのプレート使用に至ったわけですね?
それで、治療的効果はどうでしたでしょうか?
何らか良い状態になっているわけですね。
その”本来の位置”にしてもらって、楽になりましたか?
人によっては、奥歯の高さを大きく高くすると筋肉が疲れて
順応できない人も多くいます。

さて、プレートの仕様について教えてください。
あなたは、奥歯の高さを高くするためにプレートを入れました。
その時に上下の前歯はどのようになりましたか?
何らかのカバーが前歯にかかっていましたか?

>食事の時はプレートはなしでは食べられない状況なので、
>やめることができません。

普通に咬むと、上下の前歯が最初に接触してしまって奥歯部分に上下的に空間が出来ているのではないのですか?
それで仕方なしになんらかのプレートを入れざるを得ない・・・・。
そうですか?
奥歯は1cmほど空いているのではないですか?

ちがう観点から見てみましょう!
奥歯の高さを高くして、下顎のオトガイ部分が後下方に移動したように見えませんか?
つまり、口元が長くなったように見えませんか?
もし、元々上顎前突の方なら下顎が後ろにゆくので審美的には悪くなります。
より出っ歯が強調されるようになっているはずです。
逆に、元々下顎前突の方なら下顎が後ろに行くので審美的には良くなる部分が出てきます。
ただしお顔は長くなります。

質問ばかりですみません。
お答えをする前にもう少しお教え下さい。


No.152 こんばんは   まさみ   2006年4月19日(水) 21:21   
先生、こんばんは。

私の今の症状ですが、改善されたかというと(?)という感じです。
たしかに奥歯を高くもっていくことによってちょっと顎が疲れたような感じもします。
そして、オトガイ部分の移動というのはよくわからないのですが、先生が仰るとおりプレートをしないで普通に噛むと前歯が先にあたり、奥歯は1センチくらいあいています。
食事の時は仕方なしに、奥歯にプレートをはめています。
食事用のプレートは前歯にはかかっていません。高めのプレートなので、それをはめると今度は逆に、前歯が上下に1センチほど開きます。
ですから、食事用プレートをはめると前歯で食べ物は噛み切ることはできません。
口元も確かに長くなって、顔も長くなっていると思います。ただ、身近の人に聞いてら《そんなに前と見た目は変わらない》、という程度だと思うのですが。でも、よく見たらあきらかに長くなっていると自分では思います。
ただ顎は後ろにいくというよりか、極端にいうと、少し前に突き出た感じになったと思います。受け口とまではいきませんが。

わかりづらい文章ですみません。




No.153 まさみ さまへのおこたえ3   好田先生より   2006年4月19日(水) 22:44    HP
お答えです。

>改善されたかというと(?)
>顎が疲れたような感じもします

”バイオプレート療法”だったですか(?)その治療は評価できる内容でしたか?
奥歯の高さを高くした・・・とのことでしたが、
それはプレートを入れている間のみの効果だけで、

実際はプレートを入れている間に上下の前歯が伸びてしまった!

ということではないでしょうか?
そう思いませんか?

>先生が仰るとおりプレートをしないで普通に噛むと前歯が先にあたり、
>奥歯は1センチくらいあいています。

でないと上記のあなたの説明と内容が一致しないですね??

>少し前に突き出た感じになったと思います

下顎は少し前に出たかもしれません。
奥歯に高いものを咬ませると、下顎は少し前方で咬合するようになります。
これとは逆に、高さを低くすると下顎は後ろで咬合するようになります。
顎の関節はなぜかそのように反応します。
この性質を利用して、左右で高さを微妙に変えて下顎を左右に動かせるようなテクニックもありますよ。

>わかりづらい文章ですみません。

いいえ、だんだんとよくわかってまいりました。
今後、どのように決着をつけるのか?
申し訳ございませんが、072-620−6048にご連絡いただいて相談のご予約をおとり下さい。
今後の相談はインターネット上で公開で行われるべきではありません。

直接、お話ししながら判断しましょう。
以前のクリニックから資料を取り寄せようと思います。
これには時間が必要ですので、メールでお名前等を前もってかならずお知らせ下さい。


No.155    かな   2006年4月20日(木) 1:40   
私は高1です。先日の歯科検診で歯列1と言われたのですが、これは矯正した方が良いのでしょうか?

No.157 かなさま へのおこたえ   好田先生から   2006年4月20日(木) 9:13    HP
おこたえです。

最近の歯科検診では、歯列と咬合の審査もするようになってきています。
そのレベルで、0、1、2の三段階に分けられています。
あなたは1だったので中程度ということでしょう。

このレベルはあいまいな部分がありまして、校医の主観による部分がありますので、
ご心配なら近隣の矯正歯科でご相談を受けていただきたいです。
この際には、かならず矯正歯科を専門にしている医院へ行ってください。


No.154 メールさせていただきました。   まさみ   2006年4月19日(水) 23:47   
有難うございました。今、メールにて私の名前をご連絡させて頂きましたのでご確認ください。来週くらいには予約のお電話をさせて頂きます。

No.156 まさみ さまへのおこたえ4   好田先生より   2006年4月20日(木) 9:08    HP
そのようにお願いします。

いくら匿名でも、公開上では不適切な表現も出るかもしれませんのでそのようにさせていただきました。
ご覧になっていた方々には少し残念であったかもしれませんね。



No.158 まさみ さまへのおこたえ5   好田先生から   2006年4月28日(金) 22:50    HP
以前の医院より資料が送られてまいりました。

写真を見てあなたがどなたであったのか、すぐに思い出しました。
うーん、なかなか難しそうな症例でしたね。
でも、よく治っています。
なかなか良いできばえですね。

でもそれが、現状のようになってしまったとは・・・・。
残念ですね。