[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.102    ☆キティ☆   2006年3月7日(火) 1:09   
以前、美容整形の番組を見たとき、美容外科で矯正した女性が出ていて、矯正する前とは別人みたいに綺麗になっていました。口元が下がるだけで雰囲気がぜんぜん違うことに驚きました。美容外科で矯正(セラミック矯正といっていたような・・・)したらかなり短期間で終了するみたいですが、普通の矯正とどう違うのでしょうか??あまり詳しいことは放送されてなかったんですが、「4番目の歯を上下抜歯して、その空いたスペース分歯を後ろに下げた」と美容外科の先生は言っていました。普通の歯科でする矯正と同じしくみですよね??かなり謎です。

No.104 キテイ さま   好田先生から   2006年3月8日(水) 0:04    HP
103でお答えしましたのでご参考にどうぞ。
4番目の歯を抜歯して・・・・の治療方法を解説しています。

セラミック矯正、というような学術的な用語はございません。
勝手にその人が言っている言葉でしょう。
その実は、差し歯での治療です。
歯を削って歯形をこしらえて入れるだけの古典的方法です。
矯正治療とは全く異なるものです。


No.101    まの   2006年3月7日(火) 0:56   
矯正で歯ぐきがでることがあるのですか??それは失敗なのでしょうか・・・??

No.105 まの さま   好田先生から   2006年3月8日(水) 0:05    HP
あまりに簡単な内容なので、何をさしておられるのか判断に困ります。

まあ、推測でお答えしますと、
ある種の不正咬合ではそのような治療結果になることも考えられます。
旧掲示板で何度か同様の相談が寄せられたこともありました。
ここであからさまに失敗と申し上げる話ではありません。

No.100    永田   2006年3月6日(月) 22:40   
HP運営ご苦労様です。質問なのですが・・・
美容外科で上下の口元を下げる手術の際に、
歯を上下2本ずつ抜いてしまうらしいのですが、
その手術の後でも歯科矯正は可能でしょうか?
手術で口元のでっぱりは治るそうですが、
歯並びもよくしたいんです。
ご回答よろしくお願いします。

No.103 永田様におこたえ   好田先生から   2006年3月7日(火) 23:39    HP
お答えします。

お尋ねの手術内容は、サブアピカルオステオトミーまたはワスモンドブンダラー法とよばれる内容の手術です。

左の絵は手術前
右は手術後です。

手術では、前歯の歯根の上のほうで骨を離断します。
手術中に第一小臼歯を抜歯します。
抜歯した部分に前の歯の塊を後方移動させます。

実線は前歯の傾斜、点線は犬歯の傾斜をあらわします。
黄色の歯は第一小臼歯で抜歯します。
上の前歯をへこめることが目的のオペですので前歯を右絵のように傾斜させます。
このことは目的にかなうのですが、点線の犬歯の傾斜がとてもおかしくなってしまいます。
そして、上のほうに上がってしまいますね。
後方の第二小臼歯とは合わなくなってしまいます。
歯列の連続性が完全に断たれてしまい問題が新たに発生します。

そこで、術後に差し歯で歯の形を変えたり、
(歯の形をかえても歯根の傾斜は何も改善できない)
あとから矯正を必要としたりしているようです。
私も20年ほど以前に経験しましたが苦労して色々した割には
結果はキレイではありませんでした。
古い方法ですね、我々の領域ではこの手術はもう使用されないですね。
美容外科で用いられるだけですね。
前は治しても後ろ治さずの治療です。

No.106 永田様におこたえ2   好田先生より   2006年3月8日(水) 9:25    HP
もう少しお答えします。

この手術方法の無理な点をもう少し解説します。

左は手術前。
右は手術を想定して写真を切り貼りしたものです。




この症例は上の前歯が出ているという症例です。
もし、小臼歯を抜歯してその部分に犬歯から犬歯の6本の歯を後退させるとしたらどうなるかを明示しています。

左右の犬歯から犬歯の幅と左右の第二小臼歯から第二小臼歯の幅が一致していないでしょう?
歯列の連続性が著しく乱れることがわかりますね。
骨の接合を無理やりに行うことになります。
もちろん生体ですので、くっつかないことはありません。
しかし、歯ぐきを一皮むけば骨の連続性は全くなく、
荒っぽい仕上げになりますね。
この時点から矯正を考えるなら、最初から矯正と手術を視野に置いた治療を計画すべきでしょう。

このような理由で矯正歯科領域の手術併用の外科的矯正治療では最近では行われなくなってきている古い手術術式です。

No.107 虫歯の治療について   ユキ   2006年3月8日(水) 21:32   
はじめまして。
近々、矯正を始めたいと考えていますが、虫歯があるため虫歯の治療もしたいと思っています。
好田矯正歯科で虫歯の治療もしていただけるのですか?
仕事等の都合上できれば6月頃から矯正治療をを始めたいと思っています。
他の歯科で虫歯治療をしたあとの矯正治療となると、何か不都合があるのではないかと心配しています。

No.108 ユキ 様へのおこたえ   好田先生から   2006年3月8日(水) 22:25    HP
お答えです。

当院は矯正歯科専門医院ですので虫歯の治療は他の歯科へ依頼しています。
当院でのカリエス治療はありません。

>他の歯科で虫歯治療をしたあとの矯正治療となると、
>何か不都合があるのではないかと・・・

ご心配はもっともです。
いままでも不都合があった例もありました。
それでは、先に相談のみにお越し下さい。
仮の矯正の治療計画を考えた上で他の歯科医院に依頼しましょう。
それならご心配は少ないのでないでしょうか?


No.109    ☆キティ☆   2006年3月13日(月) 1:02   
やっぱり美容外科での矯正は怖い・・・。でも矯正装置に抵抗があります(*_*)2年くらい歯につけるんですよね。今ハタチなんで、一番ピチピチ(?!)のときに・・・笑。好田矯正歯科では透明の装置を付けるみたいですが、このなかでいうとどれでしょうか??http://www.alphanet.ne.jp/users2/smwcs/2_orthodontics/23_braces.htm
私的には、人工ダイヤの装置か、セラミックでワイヤーも白いのが希望なのですが・・・。

No.111 ☆キティ☆ さま へのおこたえ   好田先生より   2006年3月13日(月) 10:40    HP
お答えします。

>今ハタチなんで、一番ピチピチ(?!)のときに・・・

まだ決断のつかないお年頃でしょう。
もう少しすれば、ご自分のことをもっとお悩みになることでしょう。
簡単に決断のつく方は少なく、何度も悩んで悩んで治療開始にたどりつく
方のほうが多いように思いました。

>このなかでいうとどれでしょうか??

せっかくのご記入ですが、URLはリンク切れのようです。
当院標準仕様のクラリテイは写真のとおりです。

>人工ダイヤの装置

ダイヤはございません。サァフイア製のものです。
透明感があってきれいに見えますが、弱くてもろいのが欠点です。
つけた当初はきれいですが、
接着剤が変色したときにその色が透けて見えるので審美性におとると
考えています。
一方、セラミック製装置は乳白色で半透明にできています。
これは接着剤が変色したときに、その色を透過しないので審美性が長期に
保たれる要素となります。
したがって、わたしはセラミック製装置を一押しに考えています。

その他、コンポジット製(プラスチック)のものも普及しています。
とちらは、セラミックやサフアイアにくらべると安価で半額程度ですが、
装置に耐摩耗性等の信頼性が低く、変色も大きいのが特徴(欠点)です。
安いことが利点ですか・・・。

いずれにしても、
どの装置を使用しても、あなたのご気分だけのことで、
見た目にはさほどに大きな差があるわけではありません。
矯正治療中であることは一目で他人から分かる点でみな同じことです。

ワイヤーはこれは見た目でかなりかわりますね。
使用すれば審美的効果はあがります。
当院でも、希望者のためにその白いワイヤーを準備しています。
一回あたり1500円の追加オプションでございます。
試しに経験していただいたらよいと思いますが、
追加で何度も希望になる方はありません。
それには欠点があるからです。
このワイヤーは白いコーテイングがはがれて汚くなってきます。
一度やってみればわかりますよ。

NO.10の回答もご参考にしてください。



No.110 質問です   羽田まりこ   2006年3月13日(月) 10:14   
はじめまして。
私は口が閉じにくいことで悩んでいます。
出っ歯は無く、歯並びもいいのですが、口が閉じにくいのです。
何が原因なのか教えてください。
また、上唇下唇も厚いので困っています。

No.112 羽田まりこ 様へのおこたえ   好田先生から   2006年3月13日(月) 10:50   
おこたえです。

>出っ歯は無く、歯並びもいいのですが、口が閉じにくいのです。

お書きの情報が少ないのでお返事の内容が限られます。
お口が閉じにくいのは、結局唇等の軟組織の長さがたらないか
軟組織じたいに弾力性が少なく、皮膚等がかたいことが考えられます。

>上唇下唇も厚いので困っています。

皮下の脂肪組織が厚いとそのような傾向になります。
面長さんで、お口元が長いつまり下顔面高が長い、ということはありませんか?
ひょっとしてそのようなことはありませんか?
鼻の下からおとがいの下部までが長いのです。
そうであればお口が閉じにくいことも考えられます。

詳しいことは写真を添付していただければもう少し何かいえるかもしれません。




No.113 治療期間と費用について教えてください   高校1年女子   2006年3月14日(火) 11:29   
はじめまして。
現在高校1年生ですが、上の両前歯の間に隙間があるのと少し出ているのが気になります。
特に右の前歯が出ていて右に寄っているように思います。
この場合でしたら、矯正するのにどのくらいの期間と費用がかかるか教えていただけますか?
よろしくお願いします。


No.115 高校1年女子 様へのおこたえ   好田先生より   2006年3月14日(火) 21:41    HP
お答えです。

わざわざ写真まで付けて頂きました。
上顎前突症例のようにみえます。 前歯の咬みあわせが深いですね。
下の前歯には叢生(でこぼこ)は少ないようです。
奥歯の写真がないのでわかりませんが、上のみの2本抜歯の可能性も
ありそうです。
いずれにしても、さほどに困難な症例には見えません。
まあ、簡単とみてもよいと思います。
期間は2−2.5年程度をお考え下さい。
治療期間を短縮するオプションとしては、ミニスクリュー(インプラント)を
併用する方法を提案します。 うまく使えば、0.5−1.0年の短縮が可能と考えています。
詳しくは、 http://www.kohda.jp/implant.htm をご覧下さい。

費用は、検査5.5万円 矯正料58万円 再診料3500円 です。
くわしくは、http://www5a.biglobe.ne.jp/~kohda-or/fee.htm をご覧下さい。

以上、おこたえします

No.114    羽田まりこ   2006年3月14日(火) 20:17   
ありがとうございます。もし、鼻の下から
おとがいの下部までが長いのが原因だとしたら
どうすればよいのでしょうか。(治療法とか・・)
あと、鼻の下が短いのも原因の1つですか。

No.116 羽田 様へのお答え2   好田先生から   2006年3月14日(火) 21:55    HP
お答えです。

>もし、鼻の下からおとがいの下部までが長いのが原因だとしたら
>どうすればよいのでしょうか。

何がなんでも目的を達成する覚悟なら以下の方法があります。
上下顎の骨きり手術を用います。
上顎は歯の根っこ少し上で水平に離断して上顎全体を上方にめり込ませるように
します。 この術式はとても難しく、日本では出来るところは少ないようです。
下顎も同時に手術します。 上にあわせて下を上方にあげるのです。
上下ともに上方にあがるので、下顔面高は小さく出来る可能性があります。
手術時間は4−5時間かかり、出血も多くなりそうなのであらかじめ自己血輸血のための血液の準備も必要です。
あと、それだけの手術を受け入れてくれる医療機関をさがさないといけません。
よほどのはならびの悪さがなければ、このような大規模な手術はリスクがあるので
受け入れてもらえないかもしれないということです。
あなたがいくらやる気になっても周囲が許さないこともあります。

費用ですが、手術は保険適応になっています。
手術の規模の大きさは関係がありません。
あなたの自己負担額は、20−30万円程度です。
意外と安いです。 と思います。

No.117 お答えありがとうございます。   高校1年女子   2006年3月15日(水) 20:29   
お答えありがとうございます。
わかりやすく説明して頂き、私の症例について良く知ることができました。

No.118 困っています。   あんず   2006年3月17日(金) 23:07   
はじめまして。私は今、口を閉じたときに
前歯が唇に押されているような感じがして困っています。歯並びは悪くないのですが、上の前歯と下の前歯の中心が少しずれています。これは顎の問題なのでしょうか。教えてください。お願いします。

No.119 あんず 様へのお答え   好田先生より   2006年3月18日(土) 20:42    HP
お答えします。

>口を閉じたときに前歯が唇に押されているような感じがして困っています

前歯が傾斜してとび出ているのではないでしょうか?
そのような場合には口唇圧を強く受けることもあります。

>歯並びは悪くないのですが

一見、きれいにならんでいるように見えても抜歯をする場合があります。
そのような状況なのかもしれないです。

>上の前歯と下の前歯の中心が少しずれています。
>これは顎の問題なのでしょうか。

顎の骨が左右にずれていると、その上にのっかている歯列は左右にずれてしまいます。
また、顎の骨がすれていなくても、歯列が左右にずれていることもあります。
歯列が左右にずれる理由は細かなものがたくさんあります。
歯が凸凹になることもその理由のひとつです。




No.120 かぶせについて   ゆりの   2006年3月20日(月) 0:42   
はじめまして。
ちょっとした質問で本当に申し訳ないのですが金合金の土台に銀合金のかぶせをすることは可能なのでしょうか?

No.121 ゆりの様 へのおこたえ   好田先生より   2006年3月20日(月) 11:04    HP
お答えです。

ご質問の内容は当院が責任を持って治療を行う範囲外の内容なので、
本来軽々しくお答えすべきことではないことですが、

土台の金属の種類が何であっても、
その土台の治療が十分なものでありさえすれば、
その上に乗っかるものが金属であろうと、セラミックやプラスチックであろうともなんら問題はございません。
これは原則的考え方でございます。

あとは主治医の先生とご相談ください。

No.122    ぱぴこ   2006年3月22日(水) 5:15   
はじめまして。
現在26歳で矯正を考えています。
周りにも矯正した人が何人かいるのですが、矯正中に歯が割れてしまったり、矯正後滑舌が悪くなったとか。。
やはりそういったリスクはつきものなのでしょうか?

また好田先生のところでは虫歯治療は他院でとありましたが、その病院は紹介していただけるのでしょうか?

No.123    好田先生より   2006年3月22日(水) 22:38    HP
お答えです。

>矯正中に歯が割れてしまったり、矯正後滑舌が悪くなったとか。。

いずれも私は経験したことも聞いたことありません。
これはほんとうです。
矯正中に歯が割れるなんてありえないと思います。
そのようなことをする前にすごく痛みがあって、患者さんがそうすることを許さないと思います。
また、発音が悪くなる、という訴えをうけた経験もありません。

>やはりそういったリスクはつきものなのでしょうか?

ご指摘の二つの点でクレームを受けた経験はかつて一度もありませんでした。
これは”つきもの”というレベルではなく、”ありえない”というべき問題ではないかと考えます。

>虫歯治療は他院でとありましたが

すべてこちらから紹介状を用意して他の医療機関に行っていただきます。


No.124    KJo   2006年3月23日(木) 14:55   
はじめまして。22歳の女性です。
私の長らくの悩みは、歯をしっかり噛み締めても、上下の前歯がくっつかないことです。

そこで、書籍・インターネット等で調べたところ、「オープンバイト」という症例に当てはまるのかな、と思いました。
また、親知らずをすでに4本とも抜いてしまっているので(虫歯があった、斜めに生えていた、などの理由で)、すぐにでも矯正治療が受けられるのでは?と考えていました。


しかし、貴HPの<Q&A よくあるご質問とお答え>で、

> オトガイ部の軟組織に”梅干”のある

人は前歯を4本抜いたほうが症例改善が期待できる、とあります。

できればもうこれ以上抜歯はしたくないのですが…
「オープンバイト」と「オトガイ部の“梅干”」、できればどちらも治したいです。

この2つを同時に、またこれ以上歯を抜かずに、治療することは可能でしょうか?

No.125 KJo 様へのおこたえ   好田先生より   2006年3月23日(木) 18:29    HP
お答えです。

>すぐにでも矯正治療が受けられるのでは?

それは良かったです。
ただし、・・・。

>これ以上歯を抜かずに、治療することは可能でしょうか?

私はあなたの状況を何も存じ上げておりません。
その状況で、抜歯しないで治療できるかどうかを申し上げるのはあまりにも
無理があります。
何かを判断するにそれ相応の情報が必要です。

>前歯を4本抜いたほうが症例改善が期待できる

前歯ですか?
前歯と書いていましたか?
あれ、普通は上下の小臼歯なのですが変ですね。
抜歯は症例に合わせて行います。
確かに、オトガイに梅ぼしができるケースは、
歯の前突が見られることがおおいので抜歯をしたほうがよいです。
オープンバイトは抜歯することもあるし、抜歯しないこともあります。
必ず抜歯すると決まったわけではありません。

>可能でしょうか?

申し訳ないですが今のところでは何とも申し上げられないです。

No.126 以前矯正をしてたのですが、最近前の歯の隙間が気になっています。   masamasa   2006年3月25日(土) 23:24   
現在36歳の主婦デス。21歳から23歳の頃に矯正をしていました。ここ何年かで、特に前歯の隙間が気になるようになってきました。こういった場合、どうしたらいいのでしょうか?そのまま放置していると、どんどん隙間があきそうで、不安になっています。以前の歯科医院に、その旨を伝えた方がいいのでしょうか?もし、この隙間をなくしたい場合は、どういった処置方法があるのかを教えていただきたく、メールさせて頂きました。費用、期間など、おおまかで結構ですので、お願いします。参考までに写真を送ります。

No.127 masamasa 様へのおこたえ   好田先生から   2006年3月26日(日) 16:11    HP
おこたえです。

大きな写真をつけていただいたので、わかりやすかったです。
治療終了より13年が経っているわけですね。
そのくらい長い年月がたつと、どの程度の治療結果の咬合の安定性が維持されるのか?
治療後10年も通ってくれる患者さんがごく少ないので分からない部分があります。

現状の上の前歯は”下に垂れて落ちている”という風に見えました。
つまり、上下の前歯の咬みあわせはとっても深くなってますね。
上の前歯が下の前歯を完全に隠しています。
矯正の治療後の変化としてここまで深くなることは、ほんとうにあるのでしょうか? 少し疑問です。
13年前の治療でその部分が完全に治されていたのかどうか・・・・?
実はどうだったのか? するべきことができてなかったのか・・・・。
そのようにも思えました。
少し笑うと上の歯茎がとてもよく露出するはずですが、そうではないですか?

ともかく、上の前歯の左右の歯のわずかなすき間は、
上の前歯が深く咬み過ぎていることに関係しているようです。
いまのままだと、だんだんとすき間は開いてくるのではないかと心配になります。
もし可能であれば、上の前歯を上に上げるような治療をもう一度受けていただければ理想ではないかと思います。
写真を添付しました。
青い横線を入れていますが、上の前歯の先端がこの青線に来るくらいがちょうどです。
だから、相当に前歯の咬みあわせが深くなっているますね。



No.128 アドバイス、ありがとうございます。   masamasa   2006年3月26日(日) 17:14   
お忙しい中、詳しいアドバイスをありがとうございました。

21歳の頃まで犬歯の横の歯が乳歯でした。抜けたけれど、永久歯が犬歯にぶつかって生えないということで、スペースを確保するため抜歯し(犬歯じゃない歯)、全体のバランスを考え上下4本を抜きました。歯並びが悪くて矯正したというよりも、やむを得ずといった感じで矯正をしました。

>現状の上の前歯は”下に垂れて落ちている”という風に見えました。
>つまり、上下の前歯の咬みあわせはとっても深くなってますね。
>上の前歯が下の前歯を完全に隠しています。

>少し笑うと上の歯茎がとてもよく露出するはずですが、そうではないですか?

かなり唇を薄くしながら横に広げない限り、歯茎は見えていないようです。(自分で鏡を見ながら確認しただけですが)どちらかといえば、笑っても話していても、前歯しか見えないという感じで、余計に隙間が目立つのかもしれません。

>もし可能であれば、上の前歯を上に上げるような治療をもう一度受けていた>だければ理想ではないかと思います。

もし矯正するとなると、上の歯だけなのでしょうか?費用や期間はどんな感じでしょうか?子供がまだ小さく、時間的にも金銭的にもあまり負担はかけたくないので(そんな事を言ってたら話はすすまないのですが)…。将来的に子供が矯正する事があれば、私にかけるその費用をまわしたいとも思うし…。でも自分の事も心配だし、鏡を見る度悩んでいます。




No.129    好田先生から   2006年3月26日(日) 21:25    HP
おこたえです。

>やむを得ずといった感じで矯正をしました。

これは申し訳ないことでした。

>歯茎は見えていないようです

こちらの判断がちがいました。
それでは、下の前歯も下に下げないといけない必要が生じました。

>もし矯正するとなると、上の歯だけなのでしょうか?

いやー、それは無理ではないでしょうか?
やるなら、下もつけないといけないでしょう。
重ね重ね、申し訳ないことです。

No.130    tomomo   2006年3月27日(月) 11:08   
<投稿者の希望で削除>

<管理人から>
回答する側は時間をかけて一生懸命に書いているんですけどねェ・・・。

No.131 tomomo様へのおこたえ   好田先生より   2006年3月27日(月) 12:47    HP
お答えです。

>治療途中でこのような現象は起こりうることでしょうか?

裏側矯正では、ままありがちなことです。
外側矯正では起こりにくいです。
このあたりが、私が外側矯正をお薦めする理由のひとつでもあります。

>その歯だけがさわると一番動きますし痛みも感じます。

あまり良いとはいえないですね。
でもいまのところはし方がないですね。

>高さの違いは、後で治すことは可能なんでしょうか?

もちろんです。

>今の噛み合せは一番おくの歯のみした当たらないようになっていて

裏側のやり方でそのように奥歯にプラスチックを足して、
奥歯の高さを高くして前歯に当たらないようにするやり方があります。
裏側特有のやり方ですがやや古いやり方ですね。
奥歯を高くすることで順応できない人もでてきますので、
私はここ10年ほどはそのようにしないほうが良いと思っています。

>矯正中はこのように頭痛、肩こりもつきもんなんでしょうか?

それがあなた特有のものなのか、奥歯を高くしていることによるものなのか、
その他の要素によるものか、判断は難しいですね。


No.132 歯茎が凹んでしまった。   KAZE   2006年3月30日(木) 22:47   
初めまして、どうしても知りたくてご質問させてもらいます。
矯正治療の為に下顎の第5歯を抜歯しました。
抜歯後5〜6時間たってもダラダラと出血が止まらず、このままでは寝られないと思い、ガーゼを詰めて寝ました。
そしたら、ガーゼで押さえすぎた為に、歯茎のやわらかい骨が凹んでしまっっている言われました。(T_T)
様子みると言われましたが、その凹みは治りますか?
また、今後の矯正に問題はないのでしょうか?
もし、矯正で歯を動かした時、骨がなくて、ぐらぐらするなんて事になったら、矯正した意味がなくなってしまいます。
出血しやすい体質だったので、事前に伝えていたのですが、ダラダラ血が出ても押さえすぎない様になんて言われませんでした。
でも、なったものは仕方ないし、今はちゃんと矯正できるように歯茎は元に戻るのかだけ気になってしかたないです。
どうか、ご意見聞かせて下さい。

No.134    好田先生から   2006年3月30日(木) 23:08    HP
おこたえです。

それくらいは大丈夫です。
問題になりません。
歯が動いていけば、その程度は骨の回復する力を期待してよいです。
矯正が出来なくなることや、歯がグラグラになるようなことは決してございません。

確かに、他院に抜歯依頼したときに、
乱暴に行われたように見えることもあります。
それでも問題なく治療は進みます。
もちろん、丁寧にしておくことにこしたことはありませんが、
止血で圧迫したことなんてなんら問題にはなりません。



No.133 補足です。   KAZE   2006年3月30日(木) 22:52   
歯茎は全体ではなく、一部だけが凹んでいる状態です。
内側の歯茎の高さと比べると、外側の歯茎は、横2〜3ミリ縦も2〜3ミリ凹んでいると思います。
見るたびに悲しくてしかたありません。

No.135 KAZE 様のおこたえ2   好田先生より   2006年3月30日(木) 23:12    HP
つづき

何も悲しむことはありません。
あなたには、明るい未来が開かれています。
クヨクヨする必要は何もないのです。
安心して治療にののぞんでください。


No.136    山本   2006年3月31日(金) 23:38   
はじめまして。こんにちは。
私の困っていることは、唇の上の皮膚が短いことです。
口を開けていても閉じていても長さが変わらないんです。
そのため、口を閉じていると唇の下の皮膚が長くなってしまい、
とてもアンバランスです。口も閉じにくいです。これは、上下顎前突症の症状なのでしょうか。それともほかの病気なのでしょうか。
よろしくお願いします。

No.137 山本 さまへのおこたえ   好田先生から   2006年4月1日(土) 21:35    HP
お答えです。

>唇の上の皮膚が短いことです。

そのような方もおいでになるようです。

>口を閉じていると唇の下の皮膚が長くなってしまい、
>とてもアンバランスです。

オトガイ部に梅干状のオトガイ筋の緊張がみられることもあります。
そのことについては、HP中で何度もふれています。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kohda-or/treatment.htm
お口が閉じにくいことも簡単に予想がつきます。

>これは、上下顎前突症の症状なのでしょうか。

急にそこに結論付けるのはいかがでしょうか?
骨格や歯列に問題がなくても、軟組織が短かったり弾力性を欠いていると
お書きの症状になることもあるでしょう。

>それともほかの病気なのでしょうか。

病気?
病気ですか?
その表現はあまりにご心配が過ぎるのではないでしょうか?
ともかく、歯に関する情報がありませんので判断ができかねます。