[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.420 返信ありがとうございます!   まい   2006年11月30日(木) 23:53   
こんなに丁寧にお答えいただけるなんて感激です!一人で悩んでばかりだったので…。本当にありがとうございます><

唇を静かに閉じたときの横顔を載せてみます。これで判断できるでしょうか?><
でもやはり抵抗があるのでもし先生の方で削除することができるのであれば、先生がご覧になった後写真だけでも消していただけると嬉しいです…。

インプラント矯正だからといって顔貌の変化が大きいということはないのですね…。わかりました。
では、インプラント矯正を選ぶか普通の矯正を選ぶかの違いは何なのでしょうか?前者だと歯の動く速さが速いからということだけですか??
どこかのHPで「インプラント矯正は従来では外科手術をしなければいけないような症例の方にとっては手術回避の可能性を広げられる」とあったのですが、それは出っ歯の場合だけなのでしょうか?
質問攻めになってしまってごめんなさい。

私は親知らずが全部生えてしまっているので、下の親知らずを二本抜いて下顎の歯列全体を後方に引っ張るインプラント矯正をするとのことでした。それでも下の前歯が上の前歯に届くか届かないかぎりぎりのところだと言われました。

審美性を重視しているのはそうなんですが…顔の変化というか口元の変化を望んでいます。開咬だからなのでしょうか、口元に締まりがなくてぽかんと開けてしまうことが多いので、自分で常に意識して閉じなければいけません。それがなくなればと思います。矯正すれば自然にしていても閉じるようになりますか?
顎は自分ではそこまで気にしていないのですが…むしろ中学校の頃のほうが下顎が出ていたような気がします。上顎も発達してきたのでしょうか。今は顎のことも受け口のことも指摘されたことがありません。自分から言って初めて「えー、そうなんだ。あんまりわかんないけどね」と言われるくらいです。でもやはり自分では気にしだしたら止まらなくて毎日鏡を見て悩んでいます。それに、これ以上悪くなったりしないか不安です。もう21なのでこれから骨格が成長するということはないでしょうが、下顎がもっと発達してしまったら…と怖いです。

それと、私は身体に比べて顔だけぽっちゃりしてしまっているのですが、それは噛み合わせとは関係あったりしませんか…?開咬と受け口のため奥歯だけでしか噛んでいないので、口全体で咀嚼をするということをしてないからほっぺたや口周りに筋肉がちゃんとついていないのかなあと思ったりもして…
顔横の筋肉のつき方が他の人とは違う気がするんです。もし違ったら恥ずかしいのですが(汗)
とにかく健康的な噛みあわせになって本来あるべき自分の姿になりたいです!

No.421 まい 様へのおこたえ2   好田先生から   2006年12月1日(金) 21:16    HP
お答えします。
へたくそな絵を添付しました。
(マウスで線を描くのは難しいです)

赤い線は、矯正歯科単独治療の結果を書きました。
上唇は少し前にでます、下唇は少し下がります。
でもオトガイは変化しません。
全体として、お口元は良い方向へ変化ではないですね。
お口も閉じにくいのは変わらないと思います。

緑の線は外科的矯正併用の結果を推測しました。
上顎のどこかの歯を2本抜歯します。
上唇は内側に入るはずです。
下唇はオトガイブ部と一体で後退するでしょう。
お口は閉じやすくなると考えられます。
また、下顎部分の輪郭が後退するので、”小顔”に見えるはずです。
お顔がぽっちゃり、とお書きなので、この方法以外にあなたを満足させる
方法はないと思います。

>「インプラント矯正は従来では外科手術をしなければいけないような症例の方
>にとっては手術回避の可能性を広げられる」とあったのですが

確かにそうです。
TAD(インプラント、ミニスクリュー)を併用する治療方法はお書きのとおりになります。
しかし、顔がかわること、つまり審美的改善とは別の話です。
あくまで、”手術しなくても歯列を治療できる”といっているだけで、
手術と同じ審美的結果がでる、とは言っていません。
あなたは、勘違いをなさっているのです。

相当に顔貌の改善をお望みのようですので、外科的矯正治療をお受けになれば
良いと思います。
その治療方法を提案してくれる矯正歯科で治療をお受けになるべきでしょう。

No.416 たびたびすみません;;   たなか   2006年11月30日(木) 16:42   
たびたびすみません;;久しぶりにここにきて411の症例をみたとき
まったく私の症例と一緒なんではないかと思ってしまい、
あと、1年ちょっとこの状態で我慢してて大丈夫なのかと不安になってし
まいました・・・・。
わかりずらいと思うんですが、私の今の状態はやはり“非常識”なんでしょうか?下の歯が極度にとびでてるよなと今日見てみて改めて思いました。
私は、今高校2年生なんですが若くてもこの状態をあと1年くらい続けていたらやっぱりまずいでしょうか・・・・??
ここまで、気にするのはやっぱり変なんでしょうか・・・。親に神経質すぎるといわれてばかりです。
何回も何回も申し訳ありません。
でも、やっぱり親にいってもあまり理解してもらえずかかり医もこれが「常識」として治療を続けているようなので、好田先生にきくのが一番かなと思い思わずまた書き込みしてしまいました。
写真わかりにくかったらすみません;;

No.419 たなか 様へのおこたえ3   好田先生から   2006年11月30日(木) 20:05    HP
お久しぶりです。
362,364でご質問いただいて以来ですね。
そう、問題は解決できてないままでしたね。

うーん、411の写真はあなたには衝撃的であったかもしれません。
誠に申し訳ないことです。

>私の今の状態はやはり“非常識”なんでしょうか?

あなたの考えは決して非常識ではなく、私にはよくわかります。
常識をお述べであるとおもいます。
ご希望がかなえられずに残念なことです。

歯周組織に大きな問題が生じていないなら、
今のあなたの周囲の環境が許さないらしいので、
しばらくそのままでも問題は生じないことを期待してお待ち下さい。


No.413    まい   2006年11月30日(木) 0:32   
はじめまして。現在大学二年生のまい(♀)です。
下顎前突と開咬で長年悩んでいて矯正を考えています。
私は小学校の頃から歯科検診で反対咬合を指摘されていたのですが、母がどうしても矯正をさせたくなかったようでこの年になるまでずっと放置していました。私自身は中学の頃から気にし始めて悩んでいましたが、受験などがあったためなかなか矯正歯科にも行けずにいました。
でも最近になってネットでたくさんの不正咬合の症例を見るようになって真剣に治したいと思い、つい先日思い切って矯正歯科に相談しに行きました。
二つの矯正歯科で診ていただいたのですが、最初に行った所では診てもらってすぐに、歯の移動量を考えると外科手術をするしかないと言われました。ふたつめの矯正歯科では、「なかなか難しい症例で、本来なら外科矯正をして治さなければ100%の改善は見られない。しかしやはり外科手術は大事となってしまいリスクも大きいので自分が親だったら外科矯正はさせない」と言われました。そしてインプラント矯正をすすめられ、インプラント矯正だと80%の出来になってしまうが口元は変わるでしょうと言われました。
自宅に帰ってからインプラント矯正についてネットで検索してみたのですが、症例などはほとんど載っておらず情報が集められませんでした。
そこで好田先生にお聞きしたいのですが、インプラント矯正は普通の矯正よりも顔貌の変化は大きいのでしょうか?外科矯正とは違い、あごの長さなどが変わるわけではないのは分かるのですが、どれくらい変化するものなのかとても不安で…。
機能面ももちろん改善したいのですが、私としてはやはり審美的な問題が一番大きいのです。横顔や口元、正面から見たときにどのくらいの改善が望めるのかが知りたいです。矯正をするからにはキレイになりたいんです!!口元を気にせずに笑いたい、ホントにそれが一番の望みです。
また、この画像を見て、好田先生なら外科矯正をすすめるでしょうか?インプラント矯正でも改善が見られると思われますか?
先生のアドバイスをいただけると嬉しいです。お願いします!
乱文失礼しました

No.418 まい 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月30日(木) 18:50    HP
お待たせしました。
朝から答えを考えていました。

お口の写真だけなのでお顔のことや、唇を閉じた様子が分からないので
十分正確な判断は難しいです。
しかし、歯の状況からのみ判断すれば、”開咬を伴う下顎前突症例”のように判断しました。
しかし、手術を必要とするほどの難症例にはみえません。
(むしろ、簡単そうな印象を受けてしまいました。)

インプラントを用いるかどうかは別として、矯正歯科単独で咬合の回復はできそうに見えます。
しかし、あなたは審美性のことを重要視されています。
つまり、お顔に何らかの改善を計画しないといけないのですね?

>インプラント矯正は普通の矯正よりも顔貌の変化は大きいのでしょうか?

いいえ、そのような感覚はお持ちになってはいけません。

この場合、インプラントを何の目的で使用するかが極めて重要です。
開咬症例のインプラントの使い方は、上顎の臼歯を上方へ圧下(骨にめり込ますこと)させます。
すると、はさみを閉じることをイメージしてください。
開咬は確かに改善します。 しかし、下顎が前に出てまいります。
これは下顎前突のあなたには、適応してはならないインプラント矯正です。

それでは、どのようにインプラントを使用するか?
下顎の奥歯のさらに後ろ側に植立します。
そして下顎歯列全体を後方に移動させます。
しかし、この方法は従来型のインプラントなしの治療でも可能です。
あえてインプラントを使用しなくても、さほど効果はかわりません。
審美的変化は、インプラント使用によって差はできないと思います。

>正をするからにはキレイになりたいんです!!
>を気にせずに笑いたい、ホントにそれが一番の望みです。

まったく賛成です。
そのとおりです。
治療はそのために行われなくてはなりません。

>この画像を見て、好田先生なら外科矯正をすすめるでしょうか?

誠に申し訳ございませんが、添付いただいたお写真では全くその判断ができません。
もし、お嫌ではなければ、目から下のお写真をご添付下さい。
また、お口を静かに閉じたお写真もお見せ下さい。






No.415 ありがとうございます   ぷうさん   2006年11月30日(木) 9:39   
好田先生には娘の矯正の件でメール相談にも応じていただき、大変感謝しております。

この掲示板で他の方へのご回答を読んでも真に患者とその家族のことを考えておられることがよくわかります。
しかし残念ながら私は東京在住のため先生の治療を受けられません。
お近くにお住まいの方が羨ましい限りですが、これからも困ったときには先生を頼りにさせていただきたいです。

本当にありがとうございました。
ご多忙極められていることと思いますので、先生もお身体ご自愛くださいますように。

No.417 ぷうさんへのお答え2   好田先生から   2006年11月30日(木) 18:26    HP
十分にお役に立てたでしょうか?
良い結果につながりますように、お祈り申し上げます。

No.414 画像追加です><;   まい   2006年11月30日(木) 0:44   
すいません、画像が載せられませんでした(汗)

No.410 はじめまして   ゆうゆ   2006年11月29日(水) 22:33   
非抜歯矯正をしています。
しかし、上顎を拡大してから耳の上が突っ張り、歯肉がすけてきています。
上顎、舌、下顎が分離して機能しません。
そして、唇が閉じれません。
上下ともに広がりすぎていて、下唇が普通にでる形になります。

このような場合でも治るのでしょうか?
毎日、不安で仕方がありません。
よろしくお願いいたします。

No.411 ゆうゆ様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月29日(水) 23:08    HP
お答えです。
まず、この写真をご覧下さい。

最初に申し上げておきますが、
これは私の治療ではありません。




この方は当院での治療例ではありません。
他院にて、非抜歯の治療を済まされたところでご心配になり、
相談にお越しになりました。

どうでしょうか?
お口元はわかりませんが、上下の歯の傾斜して出た感じがよくわかるでしょう?
歯根に相当する歯ぐきをご覧下さい。
色が白く抜けています。
すぐ直下の骨が失われていると推測されます。 歯ぐきの下はすぐ歯根がさわれるはずです。
悲惨なことに、一部の前歯には歯根が露出している部分があります。

上下の歯がすべて外向きに傾斜しているために、上下の歯が咬まなくなっています。
咬合機能もおかしいです。
上の歯が下の歯を覆わないといけないのです。
無理やりに非抜歯の治療を行うとこのような結果が待っています。
すぐに歯周病で歯がグラグラになる可能性も考えられます。
このような矯正治療はよくないですね。

同様のお尋ねが392にもありました。
このHPの運営は、”良心の提供”をコンセプトの一つにしています。
この種のお問い合わせが最近あまりにも多いので、この写真の公開に踏み切りました。
よくご覧いただきたいです。
あなたにはこのようなことが行われていなければいいですが・・・・・。

この症例は、抜歯をして治療を済ませるケースであったと確信しています。
非抜歯で治療が行われたことが最大のミスと言わざるを得ないでしょう。
ここからの回復は、上下の4本抜歯によって、改めて矯正治療を一からし直すしか方法はないです。
歯列は良いところまで戻せますが、退縮した歯ぐきや白く抜けている歯ぐきが
元に戻るかどうか、結果の保証までは厳しいです。

やり直すなら、早いに越したことはないと思います。
日一日と、歯肉の退縮が進むと思います。

”ゆうゆ様”
厳しいことばかり申し上げてすみません。
すごくつらい思いでお読みになったと思います。
はっきりとお答えするのが信条でございますが、泣いているかもしれないですねェ?
でもね、せめて私ができることは真実をお教えすることくらいでしょう。





繰り返しますが、上記の治療は私の治療結果ではありませんので、
お断りしておきます。







No.412 ゆうゆ様へのおこたえ2   好田先生から   2006年11月29日(水) 23:38    HP
引き続きお答えします。




ご覧下さい!
私の治療です。





抜歯による治療を行った症例です。
歯と歯列の咬合の状態は理想的です。
歯ぐきの状態も理想的です。

矯正歯科の治療ゴールは、ずばりこのようなものです。
日本人の実態は抜歯をしないとこのようにはならないのです。

このイメージを心に刻んでいただきたいです。
好田矯正歯科ではこのような治療を、日ごろから常識的に行っています。
411の結果は、私には”非常識”です。






No.407    mise   2006年11月28日(火) 2:41   
ひどい虫歯がある場合は矯正治療は不可能でしょうか。

No.409 mise 様へのおこたえ2   好田先生から   2006年11月28日(火) 20:55    HP
お答えです。

ひどい虫歯だからといって、矯正歯科治療ができないこととは
関係がありません。
カリエス治療を済ませば希望は明るいのではないでしょうか?


No.406    かおる   2006年11月28日(火) 1:01   
写真まで載せていただきましてありがとうございます。
おかげでよく理解できました。
私が矯正しようと決心したのもこのHPを見たからでした。

あいにくその時は遠方だったので他の医院で矯正することになってしまいましたが・・皮肉にも今は家の都合で関西在住です。
(もう少し早ければ先生に診てもらえたのに!!)

きっとこれからも私のように矯正を迷ってる時に背中を押してもらえる方がいると思います。
ずっと頑張って下さい。いつも丁寧なお返事感謝しております。

No.408 かおる さまへのおこたえ2   好田先生から   2006年11月28日(火) 20:53    HP
ありがとうございました。
ご縁がなくて残念でした。
残りの治療にエネルギーを注いでいただきたいです。

No.403    かおる   2006年11月26日(日) 20:28   
早々のお返事どうもありがとうございました。
歯の隙間ですがまさか歯肉の退縮でおきているとは想像もしてませんでした。これは矯正によって生じるもので仕方の無い事なんでしょうか。矯
正しなければ退縮はおきないものなのでしょうか?
今迄(矯正前)隙間を気にした事などなかったので気になります。

私は面長な方で顎が結構細めで最近少し頬もこけてるのですが(加齢の為だと思いますが)もし隙間を埋める為に歯を少しづつ削るとなると更に頬のこけは目立ちますか?何度もお手数ですがご回答お願いします。
あまり頬がこけると
老け顔になりそうで・・迷う所です。

No.405 かおる さまへのおこたえ2   好田先生から   2006年11月26日(日) 21:32    HP
お答えします。
まず、写真をご覧下さい。

左は治療前、右は治療後です。
この程度の歯ぐきの退縮がおこることがあります。


成人の方では、多少の歯肉の退縮が生じるのは避けがたいです。

原因は様々です。
この方は最初から問題の部分に歯石が溜まって黄色くなっていますね。
元々から退縮があったと思われますが、下の前歯は凸凹だったので目だたなかったのでしょう。
歯が凸凹にならんでいると、歯の歯根と歯根の距離が短くて間に歯ぐきが元から欠損している場合があります。
歯を正しく配列しても、歯ぐきが再生されず退縮しているようにみえてしまうのです。
この点、成長課程にある方ではこの退縮はほとんど生じないです。

当院では治療開始にあたって、成人の患者さんにはこの点は必ず包み隠さずに説明しています。

頬のコケをご心配になっていますが、この程度のことではそこまで影響はおよびません。
ご心配になる必要はございません。
ご安心下さい。

No.399 矯正中の疑問   かおる   2006年11月24日(金) 11:23   
矯正を初めて2年が過ぎます。
主治医にいつぐらいに治療を終えたいか聞かれあと半年ぐらいで治療可能なら終了させてほしいと伝えました。
その意向で終了できるようにするということです。

私は出っ歯で治療を始めましたが、装置が左上一番奥と右下一番奥が付けられないまま治療がはじまりこのままこの2本は装置がつかないまま治療は終わりそうです。
ですが装置のついてない左上一番奥の歯はその手前と隙間があります。

主治医に尋ねると上の歯はこれ以上奥にへこませないし隙間も埋まってると言われました。
抜歯した後も抜いた歯の隙間は両上とも歯の根元はかなり隙間がありますが下に向いて下がってる歯がとなりの歯とくっついてるので(台形のような形です)もう歯は動かせないようです。
隙間はありませんとはっきり言われました。
閉じた口元もまだ下顎にオトガイが少しあります。
Eラインに幼い時から憧れようやく矯正したのになんだか納得できない結果です。
Eラインの事も聞きましたがこれ以上は無理との事でした。
でも下の歯も少し歯がまだ出ているとおもうのですが、やはりもう隙間がないとの回答でした。どうすればよいでしょう。。

もし意見がこのまま合わなければセカンドピニオンとしていちど好田先生にみてもらう事は可能でしょうか。
ご意見聞かせて下さい。
なんとか矯正治療を心底喜んで終了したいんです。
おおげさかもしれませんが矯正は私の夢だったので・・・

No.402 かおる さまへのおこたえ   好田先生から   2006年11月24日(金) 21:37    HP
お答えです。
2年の間、ご苦労様でした。
でも、十分な結果が得られなかったようで残念なことでしたね。

問題は前歯の審美性が十分でない。すなわちまだ前歯が出ている。
それと、歯と歯にすき間が残っている。

この二つが問題点ですね。
すき間の話ですが、主治医の先生がきっぱりとおっしゃるのなら間違いがないでしょう。
あなたがご指摘の歯の根元のすき間は、歯間鼓形空隙といって歯肉が退縮したときに出現する隙間です。
歯と歯の間にあって矯正で閉鎖するすき間とは少し扱いがことなります。
それを混同されているようにみられます。

もし、その歯間鼓形空隙があまりにおおきいのならある手段によって解決できる可能性があります。
ストリッピングといって歯と歯のコンタクトする点を削ります。
削るといってもわずかです。
これを小臼歯から反対の小臼歯あたりまで上下歯列供に行います。

そうすると、歯列全体は空隙歯列になります。
次にこのすき間を通常の矯正で閉鎖します。
歯の根元の歯間鼓形空隙は目立たなくなります。
おまけに、同時に上下の歯が内側に傾斜してきます。
お口元の更なる改善ができるでしょう。
まさに一石二鳥の効果です。

>なんとか矯正治療を心底喜んで終了したいんです。
>おおげさかもしれませんが矯正は私の夢だったので・

いやいや、おおげさなことはないですよ。
皆様、よほどの決意と決断をされて治療においでになるのです。
ただの一人として、いい加減にお考えの人はないと思います。

セカンドオピニオンご希望の場合でのご相談でも結構です。
レントゲン2枚と写真撮影による簡易診断もご希望でしたら、
5000円で受けていただけます。
資料はすべてお持ち帰りをいただけます。
今秋より、セカンドオピニオン外来をシステム化しています。
もちろん無料相談だけでもかまいません。






No.394 中心位   もな   2006年11月23日(木) 17:04   
こんにちは。矯正2年目です。
最近、本屋さんで‘中心位〜’という題名の専門書を読んだのですが、
一般的に矯正医は、下顎の‘中心位’というものを考慮して
咬合を構築しているものなのでしょうか?
私の先生はあまり考えていない様子です。
自然の顎位と咬み合わる顎位が合わなくてストレスがたまっています。
(下顎を後に引かないと咬み合わせられないのです)
先生は中心位についてどのように考察されていますか?
よろしくお願いします。

No.401 もな 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月24日(金) 21:19    HP
お答えです。

>一般的に矯正医は、下顎の‘中心位’というものを考慮して
>咬合を構築しているものなのでしょうか?

私は診断の段階から中心位で模型診断を行います。
中心咬合位での診断は行いません。
えらくまあ難しいことをご存知ですね。
歯科関係の方でしょうか・・・・・?

>私の先生はあまり考えていない様子です。

どうしてそういえるのかな?

>(下顎を後に引かないと咬み合わせられないのです)

つまり、あなたの説明が正しければ、
中心位ではしっかりと咬合ができている、ということを示唆されているようです。
また、下顎を習慣性に前に出すほうがあなたには都合がよい、と言っておられるようにも推察されます。
いづれにしても、現状が書かれていないことや推測ではものが言えないのでコメントはできないです。
主治医の先生にご相談下さい。



***********************************************************************
この掲示板では、あまりに漠然としたご質問にはお答えしないことになっています。

同業者が掲示板を荒らすために漠然とした質問を繰り返し、善意の回答者を疲弊させようと試みることがあります。
この掲示板でも何度も類似のことがありました。

あなたにその意図がなかったとしても、それを疑わせるような質問の仕方はおやめ下さい。

たどたどしくても自分の言葉でお尋ね下さい。
この上下のご質問の方々がお書きの内容は、ほんとうに困っておられるのがよくわかる内容です。
そのような方々のご質問には私は真摯にお答えして、何かの助けをしたいと考えています。





No.393 矯正と補綴の連携について   パンク   2006年11月23日(木) 13:25   
こんにちは。
矯正中(2年)なのですが、いつまでたっても噛み合わせが低く
前歯の噛み込みが深い状態です。(4o強)
前歯の圧下処理をしているのですが、なかなか上手くいきません。
またこれ以上、奥歯を挺出すると歯がむき出しになるので
今で限界といわれました。
とすると、奥歯を補綴処理によって高くすればよいと思うのですが
矯正歯科は連携をとってくれるものなのでしょうか?
こちらから働きかけないと、なにも答えてくれない矯正医なので
どうすればよいのか迷っています。

No.400 パンク様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月24日(金) 21:06    HP
お待たせしました。
お答えします。
長いあいだの治療、ご苦労様です。

>前歯の圧下処理をしているのですが、なかなか上手くいきません。

歯を圧下することは、歯の移動の中で一番困難をともなう移動様式です。
時間もかかります。
上の前歯だけでなく下の前歯も圧下しないと効果が上がらないですね。
別の新しい方法では、TAD(ミニスクリュー、インプラント)といって、
小さな金属ネジを骨にねじ込んで歯を圧下させる効果的な方法があります。
このHPでも、ミニスクリューの使用の典型例として紹介しています。

>奥歯を補綴処理によって高くすればよいと思うのですが

それは必ずしも適切ではないかもしれません。
歯の歯冠部分を大きくするわけですから、それを支える歯根に大きな負担がかかることが予想されます。
大規模な補綴処理はよくないかもしれません。

>矯正歯科は連携をとってくれるものなのでしょうか?

それはその個々の事情でみな対応が違うと思います。

>こちらから働きかけないと、なにも答えてくれない矯正医なので・・・・

困った人ですね・・・。
ここで愚痴をこぼされても仕方がないですよ。
主治医にきっぱりとした態度をとる時期にきているでしょう、もう2年ですからねェ。
なぜ治らないのか、と問いただすべきでしょう。
ダメなら、転医を考えましょう。
能力のない人にいくら付き合っても治らないです。




No.392 非抜歯で良いのか不安です・・・   さや   2006年11月23日(木) 12:27   
現在北米で矯正中の33才女性です。
二箇所の歯医者で見てもらい、結果両方とも「非抜歯でよい」という回答でした。でも、片方の病院には下の歯を4本くらい削るといわれました。
ちなみに現在通院している病院は、削らない選択をした方です。

先生のホームページで「非抜歯の弊害」を知り、自分の無知さに何だか不安になってきました。

治したい症状は、出っ歯・深いかみ合わせ・下の歯の軽度のねじれです。
写真が無いのでうまく説明ができませんが、ぱっと見は歯並びが良いように見られます。でも、口を閉じると少し前歯が見えます。

口を開けた写真では、下の歯の外側の歯茎がわずかに見える程度でした。
もちろん上の歯は出っ歯ですので歯茎は見えていません。
後、治療期間は2年といわれ現在ちょうど一年を過ぎました。

今はでこぼこがほとんど取れたので、上の犬歯と奥歯から二番目の歯に
ゴムをかけています。
(食事中もめんどくさいのでそのままにしてますが、ゴムのかけすぎになりますか?)

なんだかまだ出っ歯のままなのでどうなるのか不安になりますが、
質問しても「抜かなくていいし、削って隙間を作らなくても良い」といわれてしまいます。
もしかしたらこのままゴムの力で無理やり下の歯を前に持ってきて、
下の前歯と上の前歯との隙間をうめるつもりなのでしょうか・・

取り留めのない文章になってしまいましたが、このような場合非抜歯で
行われることはありえるのかお聞きしたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

No.398 さや 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月23日(木) 23:51    HP
お答えします。
抜歯か非抜歯か、確実で明瞭な選別ラインがあるわけではありません。
ボーダーの症例はどちらを選択しても必ずしも誤りになるわけではありません。
主治医の先生がそのラインをどのあたりに置いていのか、ということが重要な問題です。

私の場合は、矯正治療のゴールの中で”審美性”ということにウエートを置いています。
つまり、”矯正治療の終わりは口元が美しい”。
これを第一に考えます。
その結果、抜歯する症例が他院より多いのではないかと思います。
ボーダーのケースの場合には、相当に最初に相談をします。
抜歯と非抜歯の両面から話をして、最後は患者さんに決めていただきます。
そうしないと、後からトラブルになるからです。

>なんだかまだ出っ歯のままなのでどうなるのか不安になりますが

患者さんがそういっているなら、かなりの傾斜度があるのではないでしょうか?
経験的にそうですね。
ご不安なら、何度でも問いただす権利がありますよ。
上の前歯が出ていて口元が閉じられないなら、それを強く訴えるべきではないでしょうか?!
今のままでは納得がゆかないため、ゴムの努力さえもできなくなるでしょう?
よけいに治りがわるくなります。
早い目にスッキリさせたほうが良いと思います。

なんといっても、あなたの納得です。 それが一番大事なことです。
患者さんが納得できなければ、先生が納得しても治療に何の意味も見出せません。

No.391 悩んでいます   ぷうさん   2006年11月23日(木) 10:52   
はじめまして。8歳の娘の矯正の件で相談させてください。
先日矯正歯科で検査診断をして、過蓋咬合を伴う上顎前突症という診断が出て、第1期の治療として上顎にヘッドギアー・アクチベーターを長時間装着するといわれました。
現在の状態は、上顎前突の状態で、噛み合わせが深く、下顎前歯は上顎前歯の内側の歯茎を噛みこんでいます。
萌出した永久歯が大きめで前歯部に凸凹がある。
大臼歯の関係は上顎が下顎より3ミリほど前方にある。
レントゲンによれば上顎右の第2乳臼歯の下には永久歯が存在しないとのこと。
骨格的には上顎は大きいが頭蓋の奥行きも深いため前後的位置には問題はないが、上下的には下方に位置している。下顎の大きさは標準的で後方に位置しており上下顎の相対的な位置関係では下顎より上顎が前方に位置している。
上顎前歯の傾斜に問題はないが下顎の後退のために口唇の突出感があるというものでした。

治療方針としては初めに書いたとおりで、ヘッドギア・アクチベーターに拡大ねじを組み込み、歯槽骨を側方に拡大するともありました。
側方歯が永久歯に交換したあとはブレースをつけて行う本格矯正に移行するが歯数のアンバランスがあるので抜歯も視野に入れているとの説明も受けました。

娘は保健所の3歳時健診から過蓋咬合と言われ下顎も小さいのでいずれ矯正の対象かなとは思っていましたが、
今は、医者が言うほど、出っ歯や笑うと歯茎が見えるのも気にならないので、これから、学校から帰った後、家で一日14時間ヘッドギアをつけて1年から1年半生活をすることの負担を考えると、
果たしてそれが必要なのか、もししないで永久歯が生えそろった段階で本格矯正をしてもいいのではないかと考えたりもするのですがいかがでしょうか?

お忙しいところ大変恐縮ですがどうぞよろしくお願いします。


No.396 ぷうさんへのお答え   好田先生から   2006年11月23日(木) 21:47    HP
お答えします。
状況を詳しくお書きいただきよくわかりました。
イメージは良くつかめます。

下顎後退を伴う上顎前突症なので、
成長の旺盛な時期にできるだけ下顎の前方成長を促して、上顎前突症の骨格の前後関係を修正しておこう、という治療計画です。
その計画自体は適切な内容と思われ、非難されべきものではありません。

ただし、私ならそこまではしないかもしれません。
なにしろ8歳ですからねェ・・・。(せめて10歳からですかねえ・・・・。)

>永久歯に交換したあとはブレースをつけて行う本格矯正に移行するが
>歯数のアンバランスがあるので抜歯も視野に入れているとの説明も受けました

そこまではっきりしているなら、今から始めると長くなりそうですね・・・。
私は長い治療はお薦めしていません。

>家で一日14時間ヘッドギアをつけて1年から1年半生活をすることの負担を考えると、

全くその通りなのです。
ヘッドギアのみでも、アクチベーターのみでも簡単ではありません。
その二つの複合ですからねえ・・・・。

>果たしてそれが必要なのか、
>もししないで永久歯が生えそろった段階で本格矯正をしてもいいのではないかと考えたりも・・・・

必要でもあえてしない、という判断も良いかと存じます。
永久歯列が完全に完成して初めて治療を受けると治らない、とうことはありません。
早くしないと治らない、ということもありません。
成人になって初めて治療を受けられる方も大へんに多いです。
それでも治ります。
何もあせることもないでしょう。



No.390 はじめまして   mise   2006年11月23日(木) 2:46   
自分は上顎前突の為やっと治療しようと思います
(悩み続けて20数年)
しかし、奥歯がほとんどありません。
有るといえば親知らずが一本。
こんなのでも苦痛なく治療できるのでしょうか

No.395 mise 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月23日(木) 21:33    HP
お待たせいたしました。
お答えします。

20年間良く辛抱されました。
でも、歯がなくなってしまったんですね。
残念なことです。
でも、あきらめることはありませんよ。
治す方法はあります。

従来の矯正治療は、前歯を動かすための力の固定源に奥歯を使用していました。
あなたの場合、奥歯がごくわずかしかないようですので、
従来の常識では、”全く治療不可能”と判断せざるを得ませんでした。
ところが、最近の新しい治療方法ではあなたにも治療が可能になってきました。

このHPの中にミニスクリュー(インプラント、TAD)についての解説のページがあります。
ご覧いただいたでしょうか?
このミニスクリューをしかるべき位置に植立すれば、そのスクリューを固定源にして前歯を移動させることができます。
ぜひともお考えを願わしく存じます。

このミニスクリューですが、さほどの苦痛はございません。
歯を抜いた経験は何度もおありですね?
抜歯に比べるとごくごく簡単です。
お痛みはほとんどありません。

このミニスクリューを用いた新しい矯正治療に希望をお持ちいただきたいです。
あきらめておられるのではないでしょうか?
新しい治療技術にご期待いただきたいです。



No.388 30歳です   悩める私   2006年11月20日(月) 19:35   
以前矯正治療をしてほぼ終わったのですが歯を抜かずに治療したため
以前より口びるが閉まりにくくなってしまいました。
それに歯が全体的にホームページに書かれているような「崖っぷち」のような感じです。
のでもう一度歯を抜いて治療したいと思ったのですが、
セカンドオピニオンという形で相談させていただいた先生からは

「一度矯正をしているので歯の根がかなり短くなっているので歯を抜いて大幅に動かせばもっと根が短くなって歯並びはよくなったが歯がぐらぐらになる可能性の方が大きい。
希望よりはあまり内側にはいかないが、少しずつ歯を削り少し内側に歯を入れる方がよいのではないか?」といわれました。

確かに前歯が特に根が短い状態です。やはり根が短いと無理やり抜歯して動かすにはリスクがたかいでしょうか?
歯がぐらぐらになるのも嫌ですし歯を削るのも抵抗があります・・見た目的には2ミリぐらい前歯が引っ込めばなあという感じです。
どうなんでしょう??

No.389 30歳の悩めるあなたへ   好田先生から   2006年11月20日(月) 22:43    HP
お答えです。
困ったことになりました。 最初の治療内容をもっと考えるべきでした。
それは言ってもしかたのないことですが・・・・。
さて、セカンドオピニオンを受けられたときにもちろんレントゲン撮影を受けられたでしょうか?
歯根吸収の程度はどの程度でしたでしょうか?

>一度矯正をしているので歯の根がかなり短くなっているので・・・・

普通はそれほど吸収されて短くなることは珍しいです。
しかも、一回目の治療が非抜歯だったので、移動距離も短いはずです。
さほど大きな歯根吸収があるほうが珍しいです。
レントゲンを見せていただいて、歯根の先が少し丸くなっている程度なら、
2回目の治療で抜歯治療をしても大丈夫だと私は思います。
レントゲン撮影なしにそのような会話になっているなら全く話になりません。

>確かに前歯が特に根が短い状態です。

”特に”とお書きなので、レントゲンの事実がそうであるようですね。
もしそうであるなら、リスクの高いことは薦めにくいです。
セカンドオピニオンが正しいように思います。
2mm程度なら歯を削る方法も受け入れないといけない選択と考えます。

繰り返しになりますが、
どうして一回目の治療のときに十分にお考えにならなかったのか、
と残念に思います。
このHP中でも、非抜歯治療の不合理さを繰り返し訴えてきているのに残念に思います。


No.386 初めまして   コジマ   2006年11月16日(木) 21:45   
好田先生初めまして、23歳の女です。
HPの充実さといつも丁寧に皆様に回答されている先生にたいへん感動し、近いうちに貴院に通わせて頂こうと思っています。

通院の前に数点質問しても宜しいでしょうか。
私は小学生の頃から前歯の周りの歯がガタガタになっていて犬歯も飛び出しています。
HPでの説明を読ませて頂いた限り比較的簡単な症例と書いてあったと思われるのですが、このくらいであれば抜歯は必要ないでしょうか。
また、期間はどのくらいになりますでしょうか。

また、支払い期間なのですが1年から2年の間に2、3回に分けて〜とありますが私は一回で20万以上支払える余裕がありません。
6回程に分割することは可能でしょうか?

お忙しいなか大変申し訳ありませんがご教示頂けます様お願いします。

No.387 コジマ 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月16日(木) 22:40    HP
お答えです。

お写真まで添付いただきありがとうございました。
分かりやすいです。
でも叢生つまり歯の凸凹ですが、これがかなり量的に多そうに見えました。
正確に測らないといけないのですが、
まあ、みたところ抜歯をしないといけないと思いますよ。
無理無理に非抜歯治療すると、口元がでてきて見苦しくなったり歯が後戻りしやすくなります。
期間は2−2.5年程度でしょう。
ミニスクリュー(TAD)を併用するともう少し早くできる可能性があります。

費用のお支払いは、1年を目安にお支払いをお願いしています。
矯正料が60万円ですので20万円づつなら3回ですね。
事務管理上、できれば回数は4回までにしていただきたく存じます。
よろしくお考えいただきたくお願い申し上げます。



No.384 矯正について   工藤歩   2006年11月13日(月) 15:08   
院長様初めまして。私は前歯上下が出っ歯で矯正を考えています。
裏側矯正にしようかなと思っているのですが、裏側は舌が常に装置に当たっていて、
舌に慢性的な刺激を与えると舌癌になるおそれがあると聞きました。
実際にそういった可能性はあるのでしょうか?宜しくお願いいたします。

No.385 工藤歩 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月13日(月) 18:37    HP
お答えです。

>裏側は舌が常に装置に当たっていて、
>舌に慢性的な刺激を与えると舌癌になるおそれがあると聞きました。

私ははじめて聞きました。
癌の可能性があるというのであれば、歯の外側の通常の治療をしたとしても、
頬の粘膜の内側に慢性的な刺激を与えることになるので、
癌の可能性があることになります。
歯の内側でも外側でも同じようなリスクがあるということになります。
荒唐無稽な話です。

そのようなことでは簡単に癌など発生しません。
奥歯の金属冠で形態が不良なものを入れていると、その機械刺激で舌癌が発生する可能性がある、と言われています。
しかし、言われているだけです。
十年も二十年も放置するならともかく、2−3年のことなら問題がないと思います。
癌発生の年齢もあなたより相当に高齢になりますので、実際には何の問題もないといってよいと思います。

そのような迷信に近い話で、大事な治療の機会を失わないようにしてください。



No.381 年長の反対こう合について   あひるね   2006年11月10日(金) 1:24   
はじめまして。
年長の息子は小さい頃から、歯科健診のたびに反対こう合といわれてきました。
そしてつい先日の就学前健診で、一度歯医者さんに行って矯正の相談をしたほうがいいと言われました。
見た目は受け口ではなくごく普通ですが、噛みあわせると前歯が2本とも下の方が前に出ています。
横から見ると頬は平らではなく、ふっくらD型です。
下の前歯2本は永久歯、その両隣は抜けている状態、そして上の歯はまだ全て乳歯です。
相談に伺うには時期が早いでしょうか?
健診でいわれてから気になってしょうがないのですが・・・(TT)

No.382 あひるね様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月10日(金) 21:11    HP
お答えします。

何もしなくて良いと思います。
骨格性の反対咬合を思わせるような記載がなかったことから、
仮性の反対咬合と思われます。
乳歯が脱落して永久前歯がでてくるまで何もしなくて良いと思います。
運が良ければ自然治癒する可能性も残されています。
小学2−3年ころに上顎前歯2−4本が出てくると、真実の不正咬合が現れてきます。
それをみてからの判断で十分間に合います。
現在のところ何もする必要は全くありません。



No.378 お忙しい中本当に有難うございました。   A   2006年11月7日(火) 14:22   
私は東京に住んでいるのですが、東京都か千葉県で先生の信頼のおける歯科はございますか?

No.380 A 様へのおこたえ2   好田先生から   2006年11月7日(火) 21:29    HP
申し訳ございませんが、遠方にて責任をもって紹介申し上げるところが
わかりません。
ご自分でお探しをいただきたく存じます。

No.379 西宮の歯医者逮捕   名無し   2006年11月7日(火) 17:14   
診療報酬不正・不当請求:西宮の歯科医、保険医登録を取り消し処分/兵庫
 ◇架空レセプト

 兵庫社会保険事務局は31日、診療報酬の不正・不当請求があったとして、健康保険法に基づき、西宮市高松町4-32の「しもやま歯科」(0798-64-7618)の下山修平(36)の保険医登録と同歯科の保険医療機関指定を8月1日付で取り消し処分にすると発表した。

 同局の監査によると、同歯科は02年6月〜05年11月、実際には来院していない患者を治療をしたとする、架空のレセプト(診療報酬明細書)を作成するなどして、241件計約111万円の診療報酬を不正・不当に請求していた。

www.mainichi-msn.co.jp/chihou/hyogo/news/20060801ddlk28040201000c.html

No.376 先生へ   みーちゃん   2006年11月3日(金) 23:07   
ありがとうございました。
上の前歯が永久歯に変わるまで、矯正は見合わせようと思います。

舌の位置の改善のため、『パタカラ』というのをしてみたいのですが、効果はあるのでしようか。

No.377 みーちゃんへのおこたえ2   好田先生から   2006年11月3日(金) 23:53    HP
お答えします。

ずばっ! とはっきりとお答えするのが信条ですので考えどおりに申し上げます。

何の効果もないと思います。 無駄になると思います。

この器具(あえて治療装置とは申し上げません)は口輪筋を鍛える道具と思われます。
HPにもそのように解説されています。
あなたのお子様の不正咬合が、口輪筋の筋力不足とどのように関係していますか?
何も関係がありません。
したがって無駄なこととなります。
論理性に欠けています。

口輪筋が弱いと推定される場合の不正咬合は、
空隙歯列で上下の歯が前に出ている、口が閉じない、開咬になっていて上下が咬まない、等の不正咬合が考えれられます。
あなたのお子様の不正咬合とは全く異なります。
前に診断をした矯正歯科医は、”低位舌”と診断している様子ですが、
仮にそれが正しかったとしても、”パダカラ”は何も効果を示さないでしょう。

前回の回答で忘れていたことがありますので追加しておきます。
小児矯正の費用をお尋ねでした。

検査料5.5万円 小児矯正料30万円 再診料3500円

いずれも消費税込み、でございます。
これで小学6年生くらいまでフォローしています。




No.374 矯正について質問です。   みーちゃん   2006年11月2日(木) 18:07   
初めまして。
小学校1年生の子供ですが、反対咬合の事で質問があります。
現在、下の歯2本が永久歯に生え変わりました。
先日矯正歯科で診てもらったら
『今から矯正をしていないと顎がどんどん前に出てきます。
上下とも矯正が必要です。
同時に舌の位置が下がっているので、舌トレーニングが必要です。』
と言われました。
家族や親戚等に受け口の人はおらず、出っ歯のほうが多いと思います。
この写真を見て、骨格性か歯性かどちらか判りますか?
このままの状態で(矯正をせず)上の歯が永久歯に生え変わった時に
正常な歯並びになりますでしょうか?
矯正が必要ならすぐしないといけないのでしょうか?
また費用はどのくらい掛かるのでしょうか?
よろしくお願いします。

No.375 みーちゃんへのおこたえ   好田先生から   2006年11月2日(木) 20:53    HP
お答えします。

ずばり結論から申し上げます。
いまのところ治療は見合わせてください。
前歯には乳歯がたくさん残ってます。
上の前歯の永久歯2本または4本が出てくるまでお待ち下さい。
自然に治る可能性も残されているからです。
あと1−2年しばらくこのままでも良いと思われます。

この写真のみでは、骨格性あるいは歯性なのかを判断するには情報が少なすぎます。

>このままの状態で(矯正をせず)上の歯が永久歯に生え変わった時に
>正常な歯並びになりますでしょうか?

何も保証はございませんが、上記の理由でお待ちになるべきかと存じます。
永久歯が萌出して、不正咬合がもっと顕性になってから始めても遅くはないでしょう。




No.370 矯正治療について   A   2006年11月2日(木) 16:04   
初めまして。私は出っ歯で10年ほど前に上前歯4本をセラミックにしました(1本抜歯)。限界まで奥に引っ込めてくれたのですが上顎自体が前に出ている(下の顎も引きすぎなのかもしれません。)為、それでも口の締まりが悪く口が前に出てしまいます。矯正を考えてるのですが差歯でも矯正は可能ですか?矯正で治りますか?神経のない歯が沢山あり上一番奥の歯、下奥から3番目の歯が抜歯の状態なのですが矯正出来ますか?あと差歯の隣の犬歯も前に出ていて長いので治したいのですが。 
分りづらい説明ですみません。教えて下さい。宜しくお願いします。


No.373 A 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月2日(木) 17:31    HP
お答えします。

セラミックの歯で歯の傾斜度を変えて無理に内側にたおして、
出っ歯を目立たせないようにする方法はよくみかけます。
HP中に同様の症例を公開したところです。
(Class 2-8 という症例をご覧下さい。)

手順は、仮歯を作って差し歯の傾斜を元にもどして矯正を行います。
その後に仮歯を差し歯に入れ替えします。
つまり、残念ですが現在の差し歯は壊さないといけない可能性が高いです。

神経のない歯、つまり歯髄処置した歯の矯正治療は何の問題もありません。
健常な歯と同様に可能です。
下の奥歯が抜けていても問題はありません。
犬歯の問題も簡単に解決できるでしょう。
ただし、あなたの場合は抜歯をしないといけない可能性が考えられます。
抜歯は痛んでいる歯を選んで行うことになるでしょう。




No.369    かなえ   2006年11月2日(木) 15:14   
すいません!!おかしなことになりまして。やはり矯正したくて書き込みしました。スマートクリップの装置に関してですが、その装置はメタルでしょうか??来年には透明のが出るかも・・・とどこかで読みましたが、今はどうでしょうか。あと、費用についてお伺いしたいのですが、分割はできますか?今社会人1年目でお金が全くなく、今の状態では矯正費用が、、、。
あ、私の同期の友達に好田先生を紹介しました♪このまえ会った時下歯に装置が付いていました♪すごくうらやましかったです!!私もきれいな歯並びになりたい・・・

No.372 かなへ 様へのここたえ2   好田先生から   2006年11月2日(木) 17:19    HP
つづき

昨年の10月に記録されていました。
相談にお越しになったのは真夏のことだったように記憶しています。
まあ、お若いときはいろんなことにご興味をお持ちになるでしょうからね。

スマートクリップを使用開始してから半年です。
装置周辺がスマートにできているので、ブラッシングにはとても利点があります。
歯の移動も抵抗が少ないように感じます。
また、チェアータイムがうんと短くなるので患者さんは楽だと思います。
この装置は金属製装置です。
メカーの日本代理店は、来年の夏ごろに開発コードが”ジェイド”とよばれる
セラミック製のスマートクリップタイプが発売される、と情報を寄せています。

日本のメーカーで、スマートクリップと同様のセルフライーゲーションブラケットを販売している会社があります。
今秋、前歯に使用できるセラミック製のセルフライゲーション装置を発表しました。
学会ではなかなか人気で、ようやく私もごく少数を手に入れまして、
使用を考えています。
まあ、いろいろと良いものが出てまいります。

矯正の費用ですが、分割なされても結構です。
治療開始から1年程度でお支払いをいただきます。

あなたのお友達が始めておられるのですか?
おいつかないといけないですね。

No.368    かなえ   2006年11月2日(木) 15:06   
お久しぶりです。この掲示板書き込み第一号のものです

No.371 かなへ 様へのここたえ   好田先生から   2006年11月2日(木) 16:56    HP
お久しぶりです。
旧掲示板より移行したばかりのことでした。

No.366 矯正器具についての質問   白井葵   2006年11月1日(水) 3:37   
はじめまして。矯正に興味があり、お金をためて治療をしたいと考えている大学生です。

今回は先生に矯正器具について質問させていただこうと思います。

それはワイヤーのことなのですが、以前どこかで知った「ゴールドワイヤー」のことです。

その名の通りワイヤーが金色なのですが、ゴールドというのは一見目立つ色だけれども、口の中では歯となじんで審美性に優れているというものでした。

好田矯正歯科ではこのゴールドワイヤーは取り扱っておられますか?

また、ゴールドワイヤーについての意見もあれば聞きたいです。

よろしくお願いします。


No.367 白井葵 様へのおこたえ   好田先生から   2006年11月1日(水) 21:02    HP
お答えします。

確かにゴールド色のワイヤーは、シルバー色よりもお顔の色調になじむように
思います。
試しにある時期、使用していたことがあります。
ゴールドというのは金メッキですので、しばらくするとメッキがはげてくることもあったように記憶しています。
患者さんの反応もいまいちで、”審美性に優れている”とはいえないように感じました。

そういう理由で、ゴールド色のワイヤーは使用していません。
おなじ特別なワイヤーを求めるなら、白いワイヤー(乳白色)があります。
はげるのはこれも同様ですが、こちらの方が目立ちにくいように思い、
白いワイヤーを準備しています。
どうしても・・・、とおっしゃるならゴールドワイヤーを取り寄せることは
可能です。

ピーチゴールドとレモンゴールドの2色があったように記憶しています。

以上、お答えします。