[Return]
2005年 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 12月
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

No.13 ホームページ綺麗ですね!   okabayashi   2005年11月7日(月) 1:56   
 貴院にて治療して頂いている者です。
写真入りでとっても見やすくなりましたね♪先生の気にいっている点は何でもはっきりおっしゃるところです。
私は現在28です。
高校の時に市立病院に母と二人で行ったときに出っ歯を治してもらおうとレントゲンをとり診断をされた際に、この歯は電動ノコギリで歯茎からきらなくては治らないといわれ、断念しました。
大人になってからもとてもこの歯が気になって何か良い方法はないかと探していたらこちらのHPにであい、
治療を始めることになりました。

 好田先生は普通の矯正で治してくださるとのことでした。
そして今序所に歯はきれいな歯並びで奥へへっこんできています。
初めて先生にお会いしたとき上下顎前突と診断されました。
初心者の私にわかりやすく「つまりおサルさんのお口」と説明してくださいました。
私はその言葉で決断し、治療を受けますと伝えました。
今まで、私はこの歯でとっても悩んできました。
そこで身近な人に相談すると「ぜんぜんきにならないよ」と優しい言葉を彼、友人、両親がかけてくれるのですが、
そのように言われると気をつかわれているのはわかっていても誰も私の気持ちをわかってくれないと寂しかったものです。
先生にスパッとそういわれて、私は信頼がおけると思いました。
先生がもし、余り気にならないよと、おっしゃられていたら私は貴院での治療に踏み切らなかったと思います。
真剣に考えてくれる方で、信じられると思います。

 現在も2年目になりますが、毎月歯医者に行く事が楽しみです。
今では笑っても歯茎が見えなくなりました。
まだまだ動きがゆっくりですが、大人になってからの治療ですし、
私の家系は代々歯茎がしっかりしているので先生に出されている宿題(ゴム)をきちっと守り治療に専念していきたいと思います。
いつか綺麗な歯をだして笑って写真をとれますように!! 

No.15 「つまりおサルさんのお口」と申しましたか?   好田先生より   2005年11月7日(月) 16:18    HP
失礼いたしました。
”おサルさるのお口”と申しましたか・・・・。
これは申し訳ないことです。

私はあいまいな表現はきらいで、
患者さんに誤解を与えないように、はっきりと明瞭に申し上げるようにしています。
言葉足らずで、少なからずの人には不快な思いをさせているかもしれません。
しかし、あいまいな言葉でごまかしながら治療を始めるよりは、と思ってます。
患者さんの希望をごまかしながら治療することは性格上できないですね。

>今では笑っても歯茎が見えなくなりました。

そうですね、なかなか美人のおサルさんになってきたと思います。
周りの人も喜んでくれたら元気がわきますね。
キレイに治れば、この掲示板に写真を載せるようにしましょうか?






No.14 こんにちは、はじめまして!   林檎   2005年11月7日(月) 15:32   
骨格性上下前突症状に上下舌側装置を付けはや1年が過ぎました。
出っ歯でEラインと鼻下のぽっこり感が大変気になり矯正をはじめました。
親知らずは、はじめる5年ぐらい前に4本抜いていて今回は4番上下抜歯で治療することになりました。
出来るだけ口元を後退させたいと思い相談したところ、半年前にインプラントを打ちました。
そして来週からのゴム掛けの為先月表側の上3番両方、下3・5番両方に透明な装置を付けました。
現在抜歯後の隙間はほとんどない状態ですがまだまだ鼻下のぽっこり感が気になります。
Eラインは前より少々良くなりました。
骨格の問題から、ゴムかけをしても抜歯後の隙間が無いためこれ以上の鼻下のぽっこり感の改善は難しいのでしょうか。
何だか以前より鼻下のぽっこり感が気になるのは気のせいでしょうか…
お忙しいこととは存じますがお返事頂けたら有り難いです。

No.16 林檎 さま お答えします!   好田先生から   2005年11月7日(月) 16:28    HP
1年でスペースがなくなったわけですね?
文章からそう読みとれました。
スピード早いでね。

>出来るだけ口元を後退させたいと思い相談したところ、半年前にインプラントを打ちました。

それも正しい良い判断と思われます。

>来週からのゴム掛けの・・・

それも正しいように思われます。
あとはお口元の問題点を今までにどれほど解決していて、
今後どの程度解決見込みがあるのか、ですね。
上顎の抜歯空隙がすでに閉鎖されてしまっている。
つまり上顎の前歯はこれ以上大きく後退しない・・・・
そいう心配もありますね。そのとおりです。
しかし、インプラントもあるので空隙がなくても少しは歯列全体が後退する期待を持ってもいいかもしれません。
では、歯列全体が後退する量とお鼻の下の”もっこり”感がどの程度改善できるか・・・。
これをはっきりと明言することは困難ですね。





No.17 こんにちは。   林檎   2005年11月11日(金) 21:56   
お忙しい中、お返事ありがとうございました。
ただ、気になったのが先生のおっしゃる『1年でスペースがなくなったわけですね?
文章からそう読みとれました。スピード早いでね。』
と、いうのは早すぎると言うことなのでしょうか?
矯正とは自分の中では時間をかけてという認識があります。
ですが、周りに矯正している方もいませんし比べることも出来ません。『個人差』というのもあると思います。
また、ゴムかけの目的といいますか、何のために行うものなのでしょうか?

No.18 林檎 さま お答えします!     好田先生より   2005年11月11日(金) 22:07   
お答えします。
1年でスペースがなくなることは時々あります。
特にそれが悪いというわけではございませんので、そう心配しないで下さい。
これも個人差というか症例の差でございます。

ゴムかけの目的は色々で一口にこれと説明は出来ませんが、
写真をご覧下さい。
一例を解説します。
上下に抜歯したすき間が残っていますね。
これを同時に閉じるようにしています。
上顎は前歯が後ろに下がってすき間が閉じるように、
下顎は前歯が下がるのと同時に奥歯が前にきてすき間が閉じるように考えて使用しています。
1回のゴムの使用で上下顎同時に効果を得られるので効率的なうまいやり方です。
これはあくまで一例なので、あなたにも適応するわけではありませんのでご注意ください。

まあ、このようにいろいろと力学を工夫して治療をすすめてまいります。
最近はミニスクリュー(矯正用インプラント)の出現で、力学はより簡素なシステムに変わりつつあります。


No.19 お恥ずかしいです   ちょこ   2005年11月13日(日) 14:28   
はじめまして。わたしは25歳の社会人です。
小学校のころ、痛くもない虫歯で左下6番の神経と右下6番の歯を抜かれ、かなりあけてしまいましたが三年後に右下を入れ歯にしました。なので歯が傾いているし、歯の中心が右に3ミリほどずれています。というか下あごと歯が右にずれてるとおもいます。ずっとコンプレックスで、歯医者にも行けず(虫歯は沢山あったけど治療済)なやんでいます。先生のところで矯正を考えていますが、矯正でなくしてしまった歯の隙間をうめることができるのでしょうか?
親知らずは左上以外普通にはえています。親知らずは3本しかありません。しかも最近歯並びのせいではないかもなんですが右上下奥歯が知覚過敏みたいです。どうぞお返事お願いします。

No.20 ちょこ さまへのお答え   好田先生より   2005年11月13日(日) 18:23    HP
歯を失われたことは残念なことでした。
もう10−15年ほど前のことですね。
かなりの時間がたっているので、右下7番が前に倒れていたり、
右下345番が後ろに移動していることが考えられます。
下の前歯4本も右に移動して中心から外れてしまうことは当然ありえる内容です。
通常、咬合が壊れていく典型的なパターンです。
ここでなんとかして食い止めないといけないです。

しかし、悪いことばかりではありません。
右下に親知らずが存在していることは福音です。
どんな手段を使っても、右下のすき間は奥の78番をうまくコントロールして閉鎖しないといけません。
問題は、現在残っているスペースの量です。
あまりに多ければ時間がかかるかもしれません。
最近では、ミニスクリュー(矯正用インプラント)といって、
新しいテクニックが考案されています。これを使用すると比較的簡単に上記の移動が出来ます。
希望をお持ちになって良いと思われます。

きっと、あなたはこの歯の問題について長らくお心を閉ざしておられるものと拝察申し上げます。
子供のときのことをクヨクヨしても仕方がないですから、長い将来を考えて早い目に決断されるべきではないでしょうか?

No.21 HP   okabayashi   2005年11月13日(日) 19:55   
好田先生お元気ですか。
美人なおサルさん?ありがとうございます・・・てれちゃうな〜じゃないか。
失礼いたしました。

昨日は夜冷えましたね。とっても寒くて残業も5時間を越えていたので
熱がでてしまいました。先生は大丈夫でしょうか。


治った際にはHPに登場できたらいいですね☆
記念にもなりますし。
それでは来週よろしくお願いいたします。

今日も冷え込みますがお体ご自愛くださいね。
いつもありがとうございます。

No.22 okabayashi さま ありがとうございました。   好田先生より   2005年11月13日(日) 23:04    HP
いよッ!

美人のおさるさんへ!

土曜日なのにそんなに遅くまでご勤務なのですね。
私も見習わないといけないか・・・。
昨日は大阪はそれほどは寒くはなかったです。
お熱ですね。
無理をしないようにしてください、そろそろインフルエンザのシーズンになります。

HPにご参加の件、確かに承りました。
しっかりと記録を残していますので、HPご登場が待ち遠しいですね。
私も治療結果の評価の時間が楽しみです。
最近の患者さんの中には、HPに載せて欲しい、と希望される例が増えてまいりました。
いつでも昔の自分の歯並びの記録の評価が残るのがいいみたいですね。

来週のご来院を楽しみにお待ち申し上げております。
臨床的にも興味のある治療内容でございます。

No.23    ちょこ   2005年11月15日(火) 17:11   
お返事どうもありがとうございました!
しかも、もしかしたら長年お世話をしてくれている入れ歯さん(きゃー恥ずかしい!!)とさよならできるかもしれないなんてすごく前向きな目標をもてました。

昔虫歯を治療していただいた歯医者さんに、矯正してブリッジをと言われ、矯正しなくては!とおもいつつ、そうでなくても歯抜けなのに大切な健康歯さんを削ってしまうのが惜しくて惜しくて・・などぐずぐずしてました。
でもやっぱり悩みのないきれいな口元にどうしてもなりたい!!と長年の悩みとお別れする決心ができました。

あと、私はおそらく受け口です。上下の歯がかみ合ったときとてもきれいにカチン☆ぶつかってしまいます。
下の方が前にでてはいないのでちょっと受け口?です。
受け口も一緒に矯正だけで治る可能性もあるのですか??
近いうちに時間を作って、お邪魔させていただきますので、よろしくおねがいいたします。

No.24 ちょこ さまへのお答え   好田先生より   2005年11月15日(火) 20:13    HP
明るくなっていただいてよかったです。
希望をお持ちください。



さて、もうひとつあなたには福音がございます。
”受け口”であるとのことですが、これは大変に都合が良いです。一石二鳥を求めて治療をすすめることができます。

2枚の写真を掲載しました。程度はあなたより強いですが、同じく受け口のケースです。
左は治療前、右は治療後です。
この治し方は、下顎の第3大臼歯を使用する前提で第2大臼歯を抜歯しました。
大臼歯まるまる1本分の抜歯スペースを閉鎖すると下顎の前歯には内側向けの力がかかります。
この力を利用して、同時に下の前歯を内側に入れました。
一石二鳥の意味はこういうわけです。 おわかりになったでしょうか?
あなたも、下顎の喪失第一大臼歯の半分のスペースを閉鎖する際に、下顎の前歯を内側に入れれば良いのです。
簡単です。
ホントに簡単。
前回ではミニスクリュー(矯正用インプラント)のお話を書きましたが、不要かもしれません。


No.27 矯正のみか外科手術か   永田   2005年11月28日(月) 20:46   
こんばんは、よろしくおねがいします。
わたしは口元がゴリラのように出ていることで悩んでいて、
以前、美容整形外科に相談にいきました。
そこでは口元を骨ごと後ろにさげる手術を勧められましたが、
その手術では、歯並びやかみ合わせは
あまり改善されないとのことだったので、断念しました。
こちらのホームページを拝見していますと、
歯を矯正したあとで、骨格をさげる手術をされた方が
いらっしゃいますね。
その場合の矯正期間、手術の費用、手術をする病院など、
教えていただけないでしょうか?
お忙しいなか、掲示板の運営ご苦労様です。
よろしくお願いします。


No.28 外科的矯正についてお答えします   永田 さま   2005年11月28日(月) 22:18    HP
お答えします。



外科的矯正治療は、
1 術前矯正
2 手術
3 顎間固定 
4 術後矯正
の順に行います。どのひとつも省略はできません。

術前矯正は期間が6−18ヶ月と幅があります。
抜歯をするかどうかで期間が大きくかわります。 これは現状の内容、程度、
で抜歯をするかが変わってまいります。

手術の入院期間は、1-2週間です。 これも手術の内容、範囲でおおきく変わります。

顎間固定は(写真)、上下の口を針金でとめて固定します。 骨折の固定と同様です。
期間は4週間程度ですが、1週間に短縮する方法もあります。
この間のお食事は流動食です。
写真は古いケースで1988年くらいのものですが、今でも同じ方法です。

最後の術後矯正は7−8ヶ月は必要です。
骨が完全に固着するためにはこの期間が必要だからです。
トータルの期間は、最短で1年の人がありましたが、通常は2年程度でしょう。

手術の費用は保険適応です。 3割のご負担で15万円程度です。

手術の病院は京都大学を指定させていただきます。
レベル高い手術結果を提供してくれています。
大阪がご希望なら、大学ではありませんが大阪市内の公的病院でも可能です。
すでに多数の実績がございますのでご安心ください。


No.25    林檎   2005年11月18日(金) 11:42   
こんにちは。
いつも質問をするとご丁寧にお答え頂き感謝しております。
今週からゴムかけが始まりました。下から上に掛けて逆Vになるような感じです。
ですが、インプラントは隙間が大分なくなったので今日はずします。と言われはずされました。
もう上顎の前歯はこれ以上大きく後退しないことになります。
しかもあと半年くらいで装置をはずせるようなことを言われました。
依然口元は正面から見ると鼻下はもっこりしています。
5年前位に親知らずも、今回上下4番も抜歯してこれ以上改善の方法は無いのでしょうか?
毎日鏡を見てはため息ばかり出てきます。時間とお金をかけて頑張ったのに残念でなりません。

No.26 元気だしてください。   好田先生より   2005年11月18日(金) 20:27    HP
まあ、そう言わずに元気だして下さい。
全員の方のすべての希望を満足させることができるわけではありません。
矯正歯科治療には限界もあります。
限界を超えたご希望をかなえることはできないですよ。

裏側からの治療は外側からの治療に比較すると能力が劣ることはご存知ですね。
そのように説明を聞かれたと思います。
歯の裏側からの治療は、上顎前歯の歯根をコントロールすることが困難に出来ています。
歯根が内側に入らないで治療がすすむと、鼻の下が盛り上がった感じが残ることもございます。
この点で問題が生じているのではないかと推測します。

しかし、これはあくまで推測でございます。
現状の写真等が何もございませんので、軽はずみな発言である可能性があります。
でも、あまりにリンゴさんが意気消沈されているのでかわいそうで、
思わず本音がでてしまいました。
掲示板の相談で、”別の先生がこういってる”なんて言わないで下さいね。
あまりにご不審なら、セカンドオピニオンを別の医院で受ける権利があると思います。
それをお薦めします。